店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日も桜見てきました

IMG_3259.jpg
今日も桜を見てきました
以前お話した東浦和~東川口の見沼、史跡「通船掘り」周辺です。

そうですね、五分咲きって感じかな。
やっぱり住宅街より1~2℃気温が違う感じしました
戸田周辺よりワンテンポ遅れるようです。
考えようによっては、「ここで」「この後」「まだ楽しめる」です。
どうでしょう?お天気次第かとは思いますが明日・明後日あたりが満開かな。
IMG_3232.jpg


普段の「行い」なんでしょうね、朝はちょっと曇り空
なかなかいい色見つけられませんでした。
やはり桜は晴れで見るのと、曇りで見るのとではかなり違うんです。
曇り空の下の桜も水墨画みたいでいいのですが、それはやっぱりやせ我慢。
なんといってもいいお天気の青空の下が綺麗、本音です。

あまりにもドンヨリ曇り空だったので、
何点か内蔵ストロボを使用してみました。
色はいいのですが、ちょっと調子が硬くなったのでボツ。
自然のライティングに勝るものはないんですよね。

明日は天気悪いみたいです
ホント桜の頃って天気崩れるんだよな・・・、なんだか悔しいですね。
皆さん、ステキな桜撮ってきてください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
スポンサーサイト
  1. 2007/03/31(土) 09:31:07|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜見ごろですね

どうして桜の見ごろになると、雨降ったり・風が強かったりするのでしょう?
「春に三日の晴れ間なし」なんて言われるのですけど。
今朝の埼玉南部はかなりまとまった雨が降りました。
でも西の空から青空が見えてきています、
午後から絶好のお花見日和になりそうです。

どこの桜見に行きますか?
ちょっと前に書いた店主お奨めの桜、もう一箇所推薦しましょう。
戸田ボートコース横の桜、距離にしてどれくらいあるんだろう?
1km以上あるんじゃないでしょうか?見事ですDSCF0696.jpg
国道17号戸田橋のすぐ近く、一見の価値はあります。


実際の桜の撮り方もちょっとお話しましょう。
でもこの花って本当に難しいんですよね
先日書いた「記憶色」のこと、ギャップの大きさはトップクラスだと思います。
そして何人ものプロ写真家さんが全身全霊をかけて追い求める被写体でもあります。

でも我々アマチュアでも綺麗に撮りたいと思うもの。
自分が感じ・気が付いた事だけ書いてみます。

やっぱり手ブレですよね
あれだけもっこり見える花々なのでなかなか手ブレに気づかない時多いのですが
あの立体感や質感が失われちゃうんですよ、ちょっとした手ブレで。

風に揺れた「動態ブレ」、これはどうするか?
味方につけるか?それとも排除すべく収まるのを待つか?
表現の一部と考えてもいいと思います。
IMG_3148.jpg




そして・なにより、あの淡いピンクをどう写真として残すか?
これはなるべく花びらが重なり合った位置を探してください。
一本の木でも、並木でも、必ずあります、一番花びらが重なっている所が。
ココを探すのもテクニック、重なり合って見えるとピンク濃く見えるんです。

ほら並木なんかを遠くから見るとピンク一色に見えるんだけど
近づいて見上げると意外にも白かったりすること多いじゃないですか。

いい桜と出会ったら、立って・しゃがんで・右に一歩・左に一歩・前に一歩・後ろに一歩。
ジタバタ・ドタバタして、一番綺麗に見える角度を探してください。

私のお友達、凄くステキな写真を撮る方で・・・地面に寝転がり撮っています。

http://ichinosephoto.com/  店主いち
  1. 2007/03/30(金) 10:05:22|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜を見てきました。

IMG_3096.jpg
▲EOS-30D/マクロタクマー50mmF4


今朝は5時起きして桜を見てきました。
今・日本で一番早く桜が開花する都心、
中央線・市ヶ谷~飯田橋間の外堀の桜です。

印象としては一分咲き~五分咲きといたっところでしょうか。
8時くらいまでビルの影になるもので咲き始め、
日の出と共に太陽に当たる木で五分咲き。
かなりバラツキがありました、日当たりのいいところを選んで撮ってきました。

IMG_3069.jpg
▲EOS-30D/PORST Super Weitwinkel 28mm F2.8

今週の土・日曜あたりが見ごろなのかな?
金曜~土曜の天気で大きく左右されるかもしれません
いや!今日の午後の気温でもしかしたら一気にいくかもしれません。

IMG_3108.jpg
▲EOS-30D/タイール133mmF2.8

今回はジックリ撮れそうなので魅惑のレンズたちを連れて行きました。
画像下にレンズ名入れてみました。
これアダプターを使って装着してるんです。
みなM42プラクチカマウントのレンズたち、
あのペンタックスなんかに使われていたスクリューマウントレンズです。
当然、ピントも露出も手動。
これが楽しいんですよ、近代レンズにはないような描写。
まぁ・・かなりの悪趣味です
エラーも多いんですが、ちょっと当たった時は凄い描写します。

ココらへんの事もまたココで書いてみますね
最新デジタル一眼レフで楽しむ、「古(いにしえ)」のレンズ遊びの事を。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/29(木) 10:53:39|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

魅惑のネガカラー

今朝は1時間早く起床して近所の桜を偵察してきました。
埼玉県戸田市・川口市・蕨市では日当たりのいいところで3分咲き、
今日はかなり暖かいので午後には一気に見ごろまで行きそうです。


昨日お見せした柳さんの写真なんですが、原版はネガカラーフィルムでした。
彼も「写真は手に持って見たい」というポリシーの元
ネガカラーをメインに、ポジを折混ぜつつフィルムカメラを愛用しています。

ネガフィルムのプリントは私の担当なのですが、これがいいんですよ。
やっぱり写真はネガフィルムなんじゃないか?そう思えるぐらいです
なにがいいってトーンがすばらしい、滑らかな・自然は諧調は特筆すべきことです。
bulg-3.jpg


最近ネガフィルム使いましたか?
新聞報道でも・業界紙でもよく言われていますが、だんだん縮小方向へ向かっています。
デジタルカメラの普及です、「しょうがない」時代の流れなんでしょう。

でも思います、このシステムを・この描写力を知りながら手放すのはもったいないと。
こんな完成されたシステムはないですよ、
デジカメで得るにはそれ相応の技術・時間・機材が必要です。
かなり神経を使い・時間をかけて画像処理をしてもデジカメでは得れない描写があると思っています。
何度も書きますが、ネガフィルムという完成されたシステムを手放す必要はない、もったいない。


だからといってデジタルがダメというわけではないんです。
この新しいシステムはまだ一人で立って歩けるようになり、走れるようになったばかり
これから運動能力・許容範囲が広がっていくシステムだと思います。
ただ、写真を撮るという時に「フィルムか?」「デジタルか?」という選択肢があっていいと思うのです。

自分もフィルム写真を再認識したのが昨年の10月でした。
蒸気機関車を撮りに行ったんですよ。
なんとなく「SLはネガで撮りたいな」なんて気まぐれを思い立ち、実行。
そしたら・・これがいいんですよ。
デジタルでも撮ってあったのですが、SL独特の黒のトーン・質感がネガの方が一枚上
デジタルがダメだったのではなくて、ネガがもっとよかった。


騙されたと思ってネガフィルム使ってみてください
デジタルカメラで何度も言ってきた「手ブレ」を徹底的に意識して
そうですね、順光も意識しましょう、撮ってみてください。
そしてお気に入りは2Lサイズ(カビネ判)にして見ましょう
本当にいいですから!
ネガからのプリントめちゃくちゃ綺麗です。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

  1. 2007/03/28(水) 09:49:08|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柳さんの作品

昨日は写真教室がありました。
生徒さんは柳さん、写真教室の第一号の生徒さんと言っていい方。
中学1年の頃から当店に出入りしています、現在25歳。
今年の秋には2人目のお子様が生まれます。
かれこれ12年の付き合い、趣味の鉄道写真で知り合いました。

坊主頭で初代EOS-KISSに75~300mmを付けて一生懸命とっていた彼。
やはり基礎・基本を知らずとにかくシャッター切っていた男の子でした。
カメラの構え方・各種撮影モードの使い方・ピントの置き方・シャッター速度とピントの関係・・・などなど、始めの一歩から始まり、
彼が高校生になってからは一緒に学んだと言った方が、自分自身違和感ありません。


鉄道写真趣味だとやはり電車・車両の走ってる姿をいかにキッチリ撮るか?
これが基本線なんですね。
これ簡単そうで難しいんですよ、100km/hで走ってくるものを止めるって
速いシャッターを切ればいい・・ていうものでもないんです。
店主も趣味で撮っていますが、やはり何年撮り続けていても失敗をしちゃうもの。
だからいい歳して、まだ線路端ウロウロしちゃうんですよ。


彼の基本もそんな鉄道の姿写真、乗り物絵本の世界
絵本と聞いて「え?」ってお思いでしょう、でもこれ大変レベルが高いんです
なかなかあんなキッチリ撮れないものなんですよ。

今回撮ってきたのは今月で廃止される、茨城県霞ヶ浦の畔を走る鹿島鉄道でした。
廃止まで1週間の時点で撮ってきたものは、やはり終焉間近の車両の写真が中心。
鉄道ファン側の心境としては一枚でも多く車両の姿を撮りたいと思うもの
そんな中で撮ってきた一枚がコレです。
yanagi500pix-1.jpg

どうです?このゆとり。いいじゃないですか!
廃止間際ってやはりファンが集まり、ギスギス・ピリピリしちゃうもの。
ましてローカル私鉄だと1時間に1本ぐらいしか走りませんから
いざ列車が来るとその度合いはさらに増すもの。
そんな待ち時間にこんな景色を見つける余裕さがすばらしい。

タンポポの花の向き、太陽の方を向きますよね、そして線路の反射。
太陽の姿は見えなくてもその位置がわかる
そしてこの降り注ぐ光線のやさしさがこの季節らしい。

なによりも線路のこんな側でタンポポ咲いてるということで
ここがどんな路線なのかよくわかります。
山手線や新幹線の走る線路じゃタンポポなんて根付きませんよね。
このタンポポだってすごい生命力じゃないですか!
線路の敷石の隙間に根をつけた、生命力の象徴みたいでステキです。
またこの黄色がいいんだよなぁ~、茶色い色調の中の唯一の色、黄色・緑。
春のステキな一瞬な色、これぞカラー写真だと思います。


生徒さんからいただく刺激って凄いんですよ、ジェラシー抱くくらい。
自分も写真撮りに行きたい!って思っちゃうんです。

写真教室は教えるのが目的じゃなくて、自分が刺激もらうためなのかな?なんて思えます。
ですからスタンスは変わってないんです、「一緒に学びましょう」


http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/27(火) 09:39:30|
  2. 写真教室・生徒さんの作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「記録」の色と「記憶」の色

今年の桜は開花宣言後の寒の戻りで足並みはゆっくりのようです。
先輩が静岡県・大井川鐵道に写真教室の講師でこの週末に行かれたのですが
まだ一分咲きにも満たない、一本だけ見ごろだった なんて教えてくれました。
今日は朝から暖かなのでポツポツ花開くのでは?なんて思っています。


桜の写真をお客様に納品する時、毎年2~3件言われる事があります。
「あれ?こんな白っぽかった?」
極端なお客様だと・・
「おたくのプリント、色地味だね、色のってないじゃん」
なんて怒り半分でおっしゃるお客様もいらっしゃったり。

こんな時こっちもドキってしちゃうもの
慌てて・なおかつ冷静にその該当写真を拝見させてもらいます。
見るところは一点、ニュートラルグレー近くの色のものを写真の中で探します。
コンクリート・アスファルトの道路や電信柱。
これ比較的ニュートラルグレーに近くて、色の曲がりを見るのに最適なんです。
ここが青かったり・グリーンだったりしていれば大問題。
フィルムの場合はお客様がカメラの中で入れっぱなしになっていたかお聞きします
痛みで色がかぶってる場合もありますからね。
そうでもないときは、プリンターを疑います。
それでも・・・プリンターの色が曲がってるってあまりないものなのです。
朝の始業点検でかならず光源・処理液の変動補正はやりますから。

DSCF0645.jpg

色の曲がりが出てないことを確認取れれば、あとはひとつなんです。

「記憶色」

そうなんです、人間の目と脳というのは物凄く性能がいいんです。
夕方の黄色やオレンジ・赤に色づいた光線の中で、
その色に染まったモノをみても夕陽の分を補正して認識できるんです。
オレンジ色の光線の中で白いTシャツ着ていても、見てるときは白と認識している。

結婚式でスポットライトやビデオ光源の黄色い光当てられても
白いウエディングドレスって見ているときは認識できる
でも写真で見るとまっ黄色、そんな経験だれしもおありかと。

桜の花もそうなんですね、ピンクっていうイメージがあるんです。
桜並木なんて遠くから見ると花びらが重なり合うからピンクが濃く見える
でも写真でみると実際の色だけ写る
まして部分でカットしてフレーミングすると真っ白な花びらだったり。


「記録色」と「記憶色」の違い、ある意味永遠のテーマかもしれません。


一度、お客様のご希望で桜の写真をピンク色を過剰補正したことあります。
幹や地面も真ピンク・・・
それでもお客様は大満足。
「そう!これぐらいピンクだった」
写真って難しいなぁ・・と思えた瞬間でもあります。

http://ichinosephoto.com/

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/26(月) 10:08:10|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日も一枚。 ~店主 撮って出し~

我が家は2人の男の子がいます、この春から長男中学2年・次男小学2年。
二人とも野球に夢中です、どちらも硬球野球を愛しています。
今日は二人とも開会式だったんですね。
集合時間が早く、次男の方を車で送っていきました。

今日は朝から無情の雨・・・、日の出も遅く感じられました。
IMG_3019.jpg

こんなちょっとしたプライベートな時でもついついカメラを持っていってしまうのはお約束なのです。

集合場所はさいたま市の荒川沿いの公園でした
中止・延期が決定しなくて、しばし待機。
次男はチームメイトとバスの中で遊んで待っていたので
自分はちょっとスケッチ・・・

煙るような雨、公園の木々もまだ息吹く準備中といったところ
まんまモノクロームな色調に、そのままモノクロモードで一枚。

IMG_3023.jpg


久々のプライベートな趣味的写真でした。
やはり写真好きなオトコはシャッター切ってると楽しいものなのです。

今回もデジカメのモノクロモードで撮りました。
ちょっとフィルターを外すの忘れててイエローフィルター・モードで撮っちゃいました。
ここはオレンジの方がよかったかな?

今度、この公園には新緑の頃来たいですね。
その時はきっちり総天然色でとりたいものです。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/25(日) 09:26:37|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「写真」と「カメラ」

「写真ってカメラのスペックじゃないんですよね」
今をときめく若手写真家さんからいただいた言葉です。

ご縁があって交流させていただいているんです。
撮る写真も凄くステキ、そして機材関係のレポートも数多くてがけていらっしゃる方。
いずれこの方をここでご紹介できたらな・・と思っています。
DSCF1485.jpg

冒頭の言葉はこの写真をネット上でなんとなく見ていたいた時にいただいたんです。

これを撮ったカメラはF社のA345という400万画素のカメラ、
現在も愛用しています、もう2年落ちになるのかな 2万円切る価格で買いました。
L~2Lが出力できればいいという割り切った考えで買ったカメラです。

新宿に機材の買出しに行ったときの道すがら目に付いた光景。
プラットホームが金色に輝き、
先急ぐ人々のシルエットが浮かび上がった瞬間が綺麗でスケッチしたのもです。
2枚とって、バランスのいい方を発表したんです。


作品としての写真。
1枚の写真としてみた時、カメラの機種・スペックってほとんど関係ないんですよ。
大事なのは・・・もうクドクド書かなくてもおわかりですよね
写真の内容なんです、なにを撮って・何を見せたいのか・表現したいのか。
その写真に「カメラ○○」なんて出てきませんしね。

店頭にサイズ見本として店主の撮った愚作が並んでいます。
「やっぱりいいカメラで撮ると違うわね」なんておっしゃってもらえるんですが
う~ん・・それだけじゃないと思っています
確かにレンズの口径が大きいもので撮れば解像度も当然違うわけで
カメラ・レンズのスペックが大きく左右される事も多いです。

ただ「作品」としての「写真」としてみた時、そうでもないんじゃないかと。
安いコンパクト機で撮った上の写真、一眼レフタイプだったらどうなっていでしょう?
もっとキッチリ光の滲みが出たと思います
でもこの写真の(自分で言うのも恥ずかしいですが)面白みは
アバウトなこの光の滲みだと思うんです。
一眼レフでは撮れない、安いコンパクト機だけの描写かもしれない。

どんなシーンがコンパクト機がよくて一眼じゃダメなのか?
これは今でもわかりません、たぶん一生わからないままでしょう。
でも「いいシーンだな」って感じる気持ちがあって一枚撮る気持ちがあればそれでいいんじゃないかと思っています。

とにかく撮る事、デジタルカメラならフィルムコスト考えなくていいし、
どんどん撮る事でそのカメラの性格がだんだんわかってくると思います。
でもこれだけは・・・やっぱり手ブレだけは抑えないといけません。
かくいう店主も何度も何度もいいシーンを手ブレの餌食にしてしまいました。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/24(土) 09:39:49|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年度末の工事写真。

年度末の忙しさ、ピーク過ぎたところもあれば・今まだ大忙しのところもあるでしょう。

そうですね、数年前までは写真屋は工事写真の年度末仕事で
ご飯を食べさせてもたっていたと言っても間違いはありません。

2月くらいから連日「スピード仕上げ」の連続、
お客様もピリピリ、こっちもピリピリ。
あるお得意様は宅配便の集配担当をお店にまで連れて来て、
出来上がったばかりの熱々の写真をふんだくるように受け取り
その場で書類に差込み、当店店頭から宅配便出した事もあります。

「数年前までは・・」と書いたのは、今はそうでもないんです。
これも激減しています、工事提出書類写真の電子化・デジタル化が進みました。
市町村役所・県庁レベルも大手企業もほとんどCD-R等のデジタル提出が定着。
これにともない現場でもデジタルカメラの導入が進み、
写真提出のところでもホームプリンター出力も定着したようです。
DSCF1396.jpg

それでもまだ昔ながらの写真提出のところが残っています。
「ネガ」「カラーベタ焼き」「写真」の3点セット。
デジカメとフィルムカメラを使い分けなければならないようです。
でも実際現場ではそんなことやってられないのが現状のようです。
とにかくデジカメで撮ってしまう・・・しかし、提出はネガが必要。
デジカメで撮った写真をどうやってフィルムに起こすか?
そこで我々の出番です、方法はただ一つ、複写です。昔ながらの方法。
「デジタル画像のアナログ化」とでもいいましょうか。

この複写仕事で使ってるカメラがペンタックスSPという
時代を風靡した銘機、昭和49年ぐらい製造だと思います。
今なお現役、複写仕事というイコールコンディションの中ですがバリバリ仕事してくれてます。
レンズはこれまた銘レンズと誉れ高い「マクロタクマー 50mm」
全然壊れないんですよ、シャッターもスローちゃんと出てるし。
ファインダーも広くて、マットスクリーンもピントの山掴みやすくて。

お年の頃なら40~55歳くらいの方ならこのカメラ懐かしいのではないでしょうか?
生まれて初めて使った一眼レフっていう方圧倒的に多いんじゃないかな?
いいカメラですよね、自分も最初に使った一眼レフはこのカメラ。大好きです。


http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/23(金) 09:35:56|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛んだ写真の復元のこと。

今から2年前の2月に趣味で撮りためてきた鉄道写真で流行のブログを始めました。
HPの方のどこかにそのブログへのリンクが隠してありますので
ご興味おありでしたら探してみてください。
昔の鉄道シーンを振りかえり楽しもうというもの、
当然古いネガをスキャンして画像を用意したのです。

ところがこの古いネガの復元は思ったより困難でした
白黒はなんとかなったのですが、カラーネガは大難儀の連発。
フィルムベースの色からして今とまったく違うのです。
そりゃそうですね、32年前のものとかなんですから・・・
それでもコツコツ続けると修正のしどころ・塩梅が得れました。

そしてこのブログを毎日見てくれている友人が
「自分の古いネガもデジタル化してくれ」
と依頼してきてくれたのです。
快くお受けしたのですが、これが物凄いダメージを受けていたのです、
収納中結露したんでしょう、そしてその水滴がそのままネガシートの中で滲みとなった・・・
今までの困難さとはまた違う大難儀の作業の連続でした。
このお仕事、400コマ以上あったと思います
やり遂げたおかげで、自分に画像修復という技術がちょっとだけ習得できたのです。
DSCF0694.jpg


この時得た技術を利用して「痛んだ写真の復元」というメニューを店頭で展開しました。

ある90歳になられるお客様の依頼でした
お嫁入り前の家族の写真、当然ネガは残っていません、手元の写真1枚だけのもの
よく見るとドロが付いているのです、9枚お持ちになられて7枚がドロだらけ
「九州にいる時、鉄砲水にあって・・・
 泥に埋まった実家の中から写真だけ持ってきたんです。」
重たかったですよ、内蔵に鳥肌立つ感じ。

正直これの復元はムリかな?そう思いました
でも言葉としてお客様には言えなかった、飲み込むしかありません。
「出来る限りやってみますね」

作業時間はどれくらいかかったでしょうか?1枚で5時間はかかったような記憶です。
ようやっとパッと見の印象的には目立たないところまで出来ました。
運命の納品です、正直謝ろうと思ったんです「これまでしか出来ませんでした」って
そうしたらこのおばあちゃん泣いちゃったんです
「こんなに綺麗に戻してくれてありがとう」って
こっちも涙の堤防決壊寸前。。。。

こんなに喜んでもらえるなんて思いもよらなかった。
この商品(嫌な言い方ですが)をもっとやってみようと思った瞬間です。

そしてこのHPを立ち上げる時、これを全面に持って来たのは
この時のお客様から分けていただいた喜びがあったからなんです。

言い訳がましいですが、「どんな写真でも復元できる」訳ではありません
ウソ偽りない正直な部分です、限界はやっぱりある
でも可能な限りやりたいと思っています

自分自身ももっとあのお渡しした時の喜んでいただける表情が見たいっていうのもあるんですけどね。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/22(木) 09:51:17|
  2. カラーのいちのせ お勧め商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出来そうで出来ない「明るさ」調整

「顔が真っ黒なんだけど明るくできる?」
デジカメプリントご注文のお客様によく言われる事です。

「デジタルは後から何でもできるでしょ」
これもよく言われることです


何でもで来るか?と問われれば、答えは「・・・・」
そうなんです、できそうでできないんですよ。
デジカメプリントに関しては、特に明るさ調整はかなり難しいんです。
もちろんやって出来ないことはないんですが、仕上がりが物凄く不自然になります。
なんていうんでしょうね、質感がなくなる・肌の色が不気味になる。
最初の・撮った時のデータが物凄く重要なんです。

撮った時のデータがしっかり適正露出であれば、ある程度動かせるのも事実。
露出不足(暗く写った)ものの補正は「意気地がないほど」できないのです。

ただ、一眼レフタイプや高画質コンパクトタイプなどに搭載されてる
「RAW」モードで撮ったものに関してはこの限りではないです。
でもねぇ・・RAW現像を他人・お店に頼む方は皆無でしょう。

DSC_2938.jpg


「何でもできるデジタル」と言われる部分はなんでしょうか?
それは加工なんです、消したり・合成したり・部分的にぼかしたり・色を変えたり・・・
つまり「画像ソフト」での仕事ということなんですね。

そんな中でどうしても・こればっかりは・・というのが露出エラーの修正なんですよ
特にプリントというのは解像度が飛び向けて高いものなのです。
これもよく言われるのですが
「TVに接続やパソコンで見るのとプリントが違う」というもの。
特にTVモニターだとTV側の色調が曲がってるご家庭って案外多いもの
毎日見てるから黄色っぽかったり、赤っぽくても気が付かない。
ほら・・違う家に行ってTVの色が我が家と違うって思う事結構ありません?
でも5分も見てれば慣れてきちゃうじゃないですか。
パソコンのモニターもそうです、知らない間・気が付かないうちにニュートラルじゃなくなってる

でもプリントはキッチリニュートラル出しているもの
お店ごとに個性というか色合いの表現は多少違うのですが、
ほぼデータどおりに出す努力をしてるもの、
そしてTV・パソコンモニターのいい意味でも悪い意味でもアバウトさもありますしね。


一番正しいのがデジカメの液晶モニターって言われたりしています。
これにTVやモニターを合わせるのが一番いい気がします。
自分のデジカメのモニターを信じる、これ結構重要です
そしてモニターでの写り具合をしっかり把握すること。
そうなんです、モニターをしっかり見れることも重要な技術なのです。

「顔黒く(暗く)なっちゃった」を防ぐにはデジカメモニターを把握する事
つまり撮ってモニターを見て顔が暗かったら即撮り直し!
ストロボ焚いたり・露出補正をしたり・AE/AFロック(シャッター半押し)する場所を変えたり。

なんたってデジカメは結果がすぐ見れるのが最大の利点、そして消去できるのも利点。
モニターの把握して、「あれ?」=即撮り直し。これが一番だと思っています。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/21(水) 09:46:55|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エコー(超音波)写真の保存

「この子の初めての写真なんです・・・」
お腹の大きな新米ママさんお客様の言葉でした。
お聞きしてドキってしました、すごくいい言葉だなって心から思えました。


産院で定期健診の時撮ってもらえるエコー(超音波)写真
これ感熱紙なんですよね、時間が経つと消えちゃうんです。
お腹の中での姿を唯一撮れるものでもあり、
この時しか見れない・写せない貴重な「写真」です。
「この子の始めての写真なんです」っておっしゃったお客様の言葉は重く・ステキなものでした。

やっぱり我が家でも母子手帳と共に保存してあるんですが
案の定消えていました、かろうじて黒い部分が残ってる程度。
ちゃんとしたアルバムに入れておかなかった落ち度はこちらにあるんですが、やはり残念です

そこでこんな思いをしてもらいたくない、
「この子の初めての写真」はエコーとはいえ写真は写真
こんなサービスを始めましたhttp://ichinosephoto.com/old_photographs.html
アルバム保存前提ではありますが、長期保存できるように写真にいたします。
やはりネガのない写真の焼増しと同じやや特殊な作業になりますので
ちょっと割高になるのはご勘弁ください。
感熱紙からの作業になるので、黒い部分に赤みが乗ってしまいますが
白抜きになっている赤ちゃんの姿、文字データはしっかり残ります。
お気軽にご連絡ください。
http://ichinosephoto.com/

yutaasi-1.jpg

この写真は長男生後15日目のもの、オヤバカ全開写真です。
あ!もちろんネガカラーからのスキャンです

あれなんですよ、オヤバカ写真って写真が上達します。
これ本当です、やっぱり親心として綺麗に撮ってあげたいじゃないですか。
自分も「子供のために」を大義名分にしてレンズやらストロボなんかを増備したものでした。
もっとかわいく・きれいに撮ってあげたいというモチベーションが上達させるようです。

これ、彼氏・彼女のスナップ・記念写真にも言えるかもしれない・・・。
被写体への「愛」「愛情」って写真に露骨に出るものなのかもしれません。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/20(火) 11:09:33|
  2. カラーのいちのせ お勧め商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侮れない手ブレ補正機能

仕事柄多種のデジタルカメラに接します。
そしてその仕上がり具合、主に色合いですねも拝見させていただきます。
あ!写真屋には守秘義務がありますねで、
お客様の写真の内容ってまったく詮索しないものです。
でも検品はします、こちら側がミスしていないか?色はちゃんと出てるか?その程度です。
ブログなどでや赤の他人に写真の内容を漏らすことは絶対にありません。

先日、外国の方のお写真をプリントしました。
ちょっとお急ぎのご様子、しかもA4サイズご希望
外注大伸ばしは間に合いそうもないので、当店で出力しました。
カメラごとお持込いただいたのでその機種も知ることが出来ました
P社の手ブレ補正内蔵コンパクト機
出来上がったプリントを見てビックリ、
ちょっと明るさ(露出)的に厳しい条件だったのですが、見事に手ブレを押さえ込んでる
侮れないな・・・と痛感しました。

機械的な手ブレ補正って画質になんらかしらの影響が出るって思ってるんです。
細かく・ピクセル等倍で見ていけば影響出てるのでしょう、劣化とか。
でも今回A4サイズで見るとそこら辺のこと超越してる感じしました。

専門的にみれば線の描写が太くなっていたり、
シャープネスがややキツメにしてムリから絵を整えてる部分も見えるのですが
記念写真として見る分にはなんら問題はないのです。
本当に侮れないなぁと痛感した事でした。

この春の新型カメラも出揃ったようです
どの会社の製品も手ブレに積極的のようです。
光学的ジャイロを使うもの、ISO高感度で対応するもの
デジタルカメラでの手ブレ、画素数が飛躍的に大きくなったことでより真剣に対応してくれてるようです。
ますます気軽に撮影というものを楽しめるようになってきたことは喜ばしいことだと思います。

DSC_2923.jpg


いよいよ開花の一報が入ってきましたね、桜。
なんでも靖国神社の東京標準木近くの桜が開花したとのこと
「今年の桜は早い」なんていう開花予想も、まさかの訂正がありましたね。
さぁ今年はどちらの桜を撮りましょうか?
店主のお奨めは見沼の桜。
武蔵野線・東浦和~東川口に広がる田んぼ
用水路周辺や通船堀周辺は桜の古木並木があります、本当にキレイです。
お近くでしたら自転車がいいですよ、もちろんピクニックがてらの徒歩も最高
ちょっと行かれてみてください、そしていっぱい写真撮って下さいね。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/19(月) 12:47:41|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ピンボケ?手ブレ?

「やっぱり安いカメラだからダメなのね、ピンボケばっかり」
デジカメプリントをお渡した時お客様がよく言う言葉です。
デジカメだけではありません、フィルムカメラでもレンズ付きフィルムでも、
本当によく聞かされる嘆きの声かもしれません。

実はこれ90%と言っていいかもしれません、ほとんどが手ブレなんです。
今のオートフォーカスのカメラでしたら
そうそうめったな事じゃピンボケって出ないって断言していいかもしれません。


この事をお客様にお話させていただくと、こんなお返事いただけることもしばしば
「デジカメになって急に手ブレが増えたんだよね」
男性の方、写真の経験のある方に多いかもしれません
DSCF1778.jpg

実はフィルム時代も同じような手ブレって出ていたんです。
ただ・・それが発見しづらかっただけの事なんですね。
いい意味でのフィルム写真の「アバウトさ」だったのかもしれません。
そうデジタルってここらへんの些細なブレって許してくれないんです
物凄くシビアな部分、
「0~1」というフィルム描写と「0と1」というデジタルデータとでも言いましょうか。
なおかつ画素数が日進月歩で大きくなっている昨今、
600万画素を越えると徹底的にここら辺は目に見えてくるんです。
それは一眼タイプでもコンパクト機タイプでも同じ、容赦ありません。


難しい事ばかり読んでいてもしょうがないですよね、具体的にどうするか?
何を使ってもいいからブレない工夫をするんです。
近くにベンチや柵があればそこにカメラを置いても・押し付けてもいいです、その状態でシャッター切る
ずいぶん違いますよ、なにか探してみてください。

何もない時はどうするか?こっちの方が多いでしょうね。
ストラップ(ヒモ・バンドですね)を利用しましょう。

首からぶる提げるタイプ(ネックストラップ)だったら
首から提げてピーンと手で前に出してください、「前にならえ」のポーズ
ポイントはピンと張ること、カメラを持った右手・左手・首の三点で支えるイメージです。

最近はハンドストラップタイプも多いですよね短いやつ、これの場合はどうするか?
口に咥えて前歯でニっって噛んでください、ストラップを。
コッチも同じです、ポイントはピーンっと張ること。
DSCF1761.jpg

ちょっと騙されたと思ってやってみてください、効果抜群でしたよ。

特にお料理や草花の接写・マクロモードの時、
ここの距離だと手ブレってシビアになるんです、お試しください。

2枚目の画像、先日食したクジラ料理です。
某チェーン居酒屋で発見、注文してみました
世代的にクジラって意識して食べた事ないんです。
最後に食べたのが小学3年生の時の給食、「竜田揚げ」でした。
ほとんど初めてに近い「クジラベーコン」、う~んちょっと苦手かも
「さらしクジラ」は美味しかったです、あの食感はいいかもしれない。
また食べてみたい一品です。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/18(日) 15:49:59|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらこさんの作品。

今日は写真教室がありました、
いらしてくれたのはHN(ハンドルネーム)さくらこさん。
写真教室の生徒さんというよりお友達といった方がいいと思います。
彼女は旅好き・しかも鉄道利用の旅が好きというアクティブな方。
旅先での記録を充実したいということから、デジタル一眼レフを購入したという方なんです。

「とりあえず買っちゃった」で始まった写真ライフ。
いわゆる「写真の基礎」という部分なく手探りでやられてこられた方なんです。
ちょっとした縁でお知り合いになり、自分の知ってる「基本中の基本」だけアドバイスさせてもらいました。
教えたっていってもカメラの構え方とか、撮影モードの事とかそれぐらい。

20070317182601.jpg


今回彼女はネガフィルムのデジタル化ご注文も兼ねていらしたんです。
彼女の展開している人気ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/sakurako11031103に載せる作品です。
なんとブローニー判、しかもモノクロ6×6サイズ
渋いですよね、デジタル一眼からこの趣味に入ってなんとブローニーにまで進展。
買ったカメラがこれまた傑作、「HOLGA(ホルガ)」というカメラ。
ご存知ですか?「ホルガ」、ブローニー使用のトイカメラ。
なんたってこのカメラメーカーのHPにはこんな一文が載ってるんですよ
「もっともダメなカメラと呼ばれながら、 世界中のア-チストを虜にする伝説的トイカメラHolga」


このカメラで撮った写真をスキャンしたら・・・まぁ凄い!!
レンズの描写は傑作です。
この四隅の流れ方はたまりません。
彼女の凄いところはこのユルイ部分を重要な味方にしちゃう事、
6×6というスクエアフォーマットでこの奥行きの見せ方、最高です。
しかも今この時代に白黒フィルムを選択したセンスも脱帽ですね。


つくづく思います、「写真」ってカメラのスペックじゃないんですね。
ある写真家さんに言われた言葉を改めて痛感しました。
伝説のダメカメラって世界中で言われてるですよ。
それでもこんなステキなシーンを撮ってきてしまう、最高です。
彼女のブログも是非ご覧になってください
とてもステキな写真がたくさん並んでいます。
そう・・彼女はホンモノの電気機関車運転してるんですよ。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/17(土) 18:45:59|
  2. 写真教室・生徒さんの作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

卒業シーズン

今日は幼稚園卒園式の出張撮影でした。
「おめんじょう(卒園証書)」を受け取るシーンを一人ずつ撮るというものです。
その数103人。
一人2カットずつ撮るんです、「目つぶり」が怖いから。
103人×2カット=206カット、約40分の間で・・です。

今年からデジカメになりました。去年まではフィルム使用。
父と交代で撮ってたんですね、36枚は18人分。
18人撮って、フィルムチェンジで交代。
今回はこの作業がないので103人一気です。
これがしんどかった・・・集中力もギリギリっていう感じです。

やっぱりいい表情で撮ってあげたいじゃないですか、
自分は利き目が右、
予測不可能な生徒さんもいらっしゃるんです、だから左目で動き追って
右目で表情・水平を確認して・・・。現在放心状態です。


もうこのお仕事、14歳の頃から手伝っています。
最初は父がメイン、自分はフィルムの交換がお仕事。
24歳の時からシャッターを押すようになっています。
今、店主は42歳ですから28年間携わっているんですね。
この10年は自分がメイン、そして年に1度の父とのタッグ仕事でもあります。
IMG_2412.jpg



先ほども書きましたが、今年からカメラがデジタル、デジタル化第一回目。
使用したカメラはCCDがAPS-Cセンサーのもの。
今まで50mmちょい広角側で撮っていたのですが、
ご存知このCCDサイズだと周りが切れちゃうんですよ
いわゆる1.5倍の見え方。
これ本当に厄介ですね~、望遠系だとそれほど気にならないのですが
広角~標準ぐらいの焦点距離だと違和感ありありです。

135フルサイズCCDのものを使えばいいのでしょうけど、
やはりコスト(償却)の問題、レンズサークルの問題等
まだ踏み出しきれない面があるものです。
まだまだデジタルカメラ、特に一眼レフタイプは研究・工夫しなければならないこと山積みだと思っています。


http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/16(金) 11:52:55|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジタルカメラは いと楽し。

今日は地元中学の卒業式、定休日ですがお店を開けています。
「卒業・入学式の日は写真屋は店を開けておくものだ」
父からの教えでもあります。


店主のデジタルカメラデビューは99年でした。
F社のコンパクト機でした、150万画素
それでも当時は高画質モデルだったんですよ、32万画素とかまだありましたから。
最近は1000万画素オーバーも当たり前になってきましたね。
最初にコンパクト機に搭載されるから凄いものです。

その後必要に迫られ500万画素のレンズ一体型一眼レフ、
本格的デジタル一眼と好むと好まざるとに関わらず購入してきました。
そして今はC社の一眼レフタイプを愛用中です。
こうして文章として書いてみると、結構な数使ってるのですね。

現在愛用中のC社のカメラ、30Dというカメラなんですがこれが面白いんですよ。
「ピクチャースタイル」という画像の好みが選べるモードがあるんですね。
なんとこの中に「白黒」モードがあるんです。
ある写真家さんに教えてもらったのですが、モノクロ用フィルターまで完備。
昔・・白黒写真やった方なら覚えてるでしょう、イエロー・オレンジなんかの色つき
コントラストをコントロールするやつです。


IMG_1593.jpg
これが面白い!「ハマった」ってやつです。
デジタルカメラ独特の遊び方ですよね。
フィルムの時はカメラ2台持つか、フィルム変えないとならなかったのが
一台のカメラでカラーと白黒が隣のコマにあるんですから。

しかしですね・・・今この時代の白黒写真ってすごく難しい。
色がないから誤魔化しきかないんですよね、しっかり作画しないとダメなんです。
でも楽しいですよ、凄く新鮮です
写真独特の楽しみ方だと思うんです、白黒って。
墨絵のようともいえるかな。


お手元のデジタルカメラ、取り扱い説明書ちょっと見てみませんか?
もし「モノクロ」モードがあったらお試し下さい。
そう!店主の経験から言って、普通のカラーモードも一緒に撮っておいたほうがいいです。
あるんですよ・・「あれ?やっぱりカラーの方がいいや」っていうのが。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/03/15(木) 12:32:46|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

写真の最終形

この業界を席巻したデジタルカメラ
もう写真機の主流はデジタルになったといっていいのかもしれません。
長く・・でもないかな、22年間この商売をやっていますが
この4年間での業界内の大変革はすさまじいものでした。
パソコンの周辺機器だったデジタルカメラが一気にごく普通の身近な存在に。
やはり我々業界サイドは戸惑うばかり、
こんな速度で変わるのはちょっと予想外だったのも正直な所です。


さてみなさんはデジタルカメラで撮ったものプリントしていますか?
モニターで見てるだけ、TVに接続してスライドショーで見てるだけという方も多いでしょう。
だからこの業界苦しいんです(笑)、
冗談はともかく・・・これ是非プリントしてみてください
やっぱり写真って手に持って見ると凄くいいんですよ。
フィルムだろうがデジタルだろうが、
やっぱり写真の最終形は紙媒体だと思うんです。

本音を言えば家庭用インクジェットプリンターの実力は侮れない。
もしかしたら写真屋という存在を超越してるかもしれない、そう思います。
やはり写真屋のHPでのブログですから「お店プリントで!」ってなるんですが、
もうそればっかり言っていてもしょうがないところまで実力・簡単さはきていると思いますもん。 DSCF1712.jpg
ですからお店でも家庭用でもとにかくプリントしてみてください。絶対に重みが違います。
モニターやブラウン管(古い?)とは違う感激を味わえます。

もし「こんな色じゃなかった」「どうも色が出ない」なんてありましたら写真屋にご相談ください。


かく言う店主もインクジェットプリンターを研究しています。
お店プリントもありますが、もしかしたら・・という危機感があるんです。
凄い速度で進歩してる分野なんです。
まだまだ試行錯誤の段階かもしれませんが、これが当たり前の時代がきそう。
そんな時、やはり「写真屋」としてみなさんのお役に立ちたいと思うんですよ
デジタルだろうがフィルムだろうが、写真は写真ですからね。

http://ichinosephoto.com/  管理人・店主いち
  1. 2007/03/14(水) 10:17:04|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真大好きです

始めましてHP http://ichinosephoto.com/管理人の店主いちです。

HP立ち上げをきっかけに、写真の事・デジカメの事・プリントの事・店主の独り言・撮影記録などを綴って生きたいと思います。
ゆっくり・ちょっとヌルメに展開していければな、そんな思いでおります。
お暇でしたらお付き合いの程を。


こんな仕事をしつつ趣味は写真を撮ること、本当に大好きなんですよ。
休みの日はカメラを持ってウロウロするのが生きがいだったりしています。
先週木曜日は関東平野の端っこ、東北線・蒲須坂なんていうところに行ってきました。
ちょど梅が見ごろ・・・
IMG_2639.jpg
ふだん店にヒキコモっているので、季節の移ろいに鈍くて。
いい香り放っていましたよ。

なんて書いていたら中野あたりの中央線車窓からは桜が咲き始めたなんて一報
なんだか季節の進み方の早さに戸惑っています。

子供の頃、桜といえば入学式。
今は卒業式が桜の頃、そんなイメージになりつつあるのかな。
今年はそれさえも一歩早いようです。

今年の桜、撮れるかな?
みなさんはどちらの桜を撮りますか?
  1. 2007/03/13(火) 11:54:27|
  2. 店主の独り言。

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。