店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

構図のポイント ~水平注意!~

「初めての写真趣味」を続けたいと思います。

少しずつ、そしてどこまで出来るかわかりませんが
実践的な事もこのブログで展開してみようと思っています。

まずはこの写真を見てください。
DSC_8115.jpg
なんだか変じゃありません?落ち着かない・目が回りそう。原因わかります?
水平が出ていないんです。画面が傾いてる・右下がりなのです。
この右下がり、自分の癖。
とっさの時や気が抜けてる時に出ちゃう癖です。

写真はモニターで見るものも・紙として手に持って見るものでも
四角四面の中で表現されるもの、4つの直角に囲まれているものなのです。

この四角四面の世界では画面の傾きって物凄く目立つもの。
構図を決めたら、水平を意識して再度構図を確認、
シャッターを押す直前に絶対やって欲しいことなのです。
もっと極端に言えば水平が出てるだけで写真は上手に見えます。
DSC_8115-2.jpg

こちらの写真は1枚目の写真を画像ソフトでトリミングして水平を直したもの
落ち着きましたよね、目で見てる電車の姿どおりになりました。

記念写真なんかでもこの水平が大事です。
水平が出ていないだけで写真の絵ズラ・内容さえ変わってしまうことあるぐらいです。
ほんのちょっとの気配りでガラリと変わるのが写真です。
ちょっと意識してみてください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
スポンサーサイト

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/30(月) 09:20:16|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真の整理

いよいよGW突入、前半戦・後半戦に分かれてる方、ど~んと9連休の方
羨ましい限りです、写真屋はほぼ平常営業ですごします。
何度も書いていますが、このお休み期間中たくさん・楽しい写真を撮ってきて欲しいと思ってやみません。

たくさん撮ってきた写真、その後にやってくるが整理。
プリント・データ、楽しい時間に比例して増えていくものと思います。

さて、写真の整理整頓できていますか?

プリントが束になって引き出しの中・・・とか
デジカメデータがそのまま「マイピクチャー・HDの中」・・とか
1GBのメディアに去年のクリスマスから溜まりっぱなし・・とか

よくお客様にも友人にも聞かれる事
「あんなたくさん撮っていて、どうやって整理しているの?」ということDSCF0798.jpg
私の場合、撮ってきて最初にやる事が素のデータコピーです。
1つの項目・行程・行事に対して1枚のCD-Rというのを頑なに守っています。
一眼レフの場合、RAWデータですのでこの時未現像のままコピーしています。
そして現像がすんだものをjpgに変換してもう一枚のCD-Rに保存、
この時にコンパクト機で撮ったものも一緒にして完成させます。

プリントは基本が2Lサイズ、お気に入りをA4サイズにしています。
それぞれ専用アルバムを用意、でもA4は「100円均一」で買ったクリアファイル(笑)
これお奨めですよ、アルバムは安っぽいけどA4プリントがギッシリ入ってると楽しい
何度も何度も見て振り返ってしまいす。


私の場合半分仕事みたいな部分もあるから出来ますが、
一般の方ではなかなかそうもいかないと思います。
特に「過去のものが未整理のまま」なんて方には、始めるだけでも相当のモチベーションが必要じゃないかとお察しするところです。

溜まりに溜まっちゃって・・よくありますよね、写真だけじゃなく領収書や書類も。
切羽詰らないと動けないものだと思います、自分も写真以外はそうです。
こんな時は「記憶の残っている新しいものから」始めるといいそうです。
記憶の扉が順々に開いていくんだ・・そうです。

それでもダメな場合、これ時系列でやろうとするからメゲちゃう、
こんな時は時系列は諦めちゃう(笑)
「自分」「家族」「お友達」「旅行」「散歩」・・・etc
なんでもいいからファイルを作っちゃうんです。
で!時系列無視して「この写真は『お友達』」みたいな区分しちゃう。
ルールは自分で作っちゃうんです。
そうすれば写真が必要になったとき「あ!あれは『自分』フォルダだ」みたいになれます。

デジカメデータの場合、このファイルをCD-RWでやられるといいかもしれません
CD-RWも追記できる性質上、消去・読み取り不能等の事故もありえますが
パソコンの中でフォルダ分けしてあるより、いくぶん安全かと思っています。
少なくとも全ての画像がいっせいに消えた・・は分けてある分ないかと。


お客様のデジカメプリントのご注文の時、よくあるトラブルが拡張子を変えてしまうこと。
デジカメデータに「DCS100012.jpg」なんて番号ふってありますよね、
これをパソコンで「旅行1.jpg」なんてしちゃう方案外多いのです。
これダメなんですよ、ご自分のパソコンでは見れて・出力できても
お店プリントなんかだと「通行手形」である拡張子が「異常」と判断されちゃうんです
アルファベットも全角は不可、下手にいじくらない方が無難です。
フォルダで分けて、拡張子(コマ番号)は変えない。


それでも一番いいのは撮ってきたらすぐ整理。
これにかなうものはないようです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/29(日) 09:19:28|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あれ?顔真っ暗。 ~露出の補正~

初めての写真趣味の方にいつも最初に言う事があります。

「記念写真の達人になってください」

彼・彼女に記念写真をまかせておけば大丈夫!と周りの人に言われるようになって欲しい
お店で展開している写真教室もココを最初の目標地点としてスタートしています。
これが出来るようになれば、あとは自分の好む被写体と接していけばいい。
そこでまた行き詰ったら、また何でも聞いてください・・と言っています。

「記念写真?」かもしれませんね。でもこれも難しいのですよ。
ピント・ブレ・露出のエラーなく必要な情報を入れ込み、なおかつ人物がちゃんと写っていないとならない、チェックすべき要素がたくさんあるものです。

ピント・ブレは昨日・そしてその中のリンクで書きましたので、今日はこれ
DSCF2015.jpg

顔真っ暗・真っ黒です。
よくありません?記念写真でバックの風景いいんだけど顔が見えないって。
カメラのオートで撮るとよく起きるものだと思います。

カメラの露出計って明るい所に引っ張られる傾向が強いのです。
カメラは頭よさそうで・判断力がないものなんですね。
被写体の事はお構いなしなんですよ、明るさだけしが考えてくれない。

特にこのカットのように空の部分多いと如実に現れます。
曇りの日に多い、逆光の時の描写を思い出だせばもっとわかりやすいかもしれません。

ではどうするか?補正してあげないといけません
まずは以前お話したストロボを使ってみましょうhttp://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-30.html
DSCF2016.jpg

だいぶよくなったでしょう、リサイズしちゃってあるので見づらいのですが
キャッチライト(目の中の星、光です)も入っています。

好みもあると思います、もうちょっと明るい方が一般的かもしれません。
カメラのモードを「マニュアル」にして露出補正を+1.5にしたのがこれ
DSCF2017.jpg


一応データを
カメラはフジ・ファインピックスA345(410万画素)/4M・Fineモード/オートホワイトバランス
このカメラはISO感度・シャッタースピード・露出値は設定できません。


最後の「マニュアルモードで露出補正」という部分に最初は恐れをなすかもしれませんね。
これもそれほど難しい設定ではありません。
カメラ撮影モードのメニューに絵文字で「風景・夜景・スポーツ・・・」なんて書いてあるところありますよね?
ここで「マニュアル」に変えて、露出補正という「+数値」と「-数値」の書いてある設定を「+数値」にして撮るだけです。

「十分難しいよ~」そんな声が聞こえてきそうですが、
これ一回やればすぐに覚えられます。
コツはちょっと暗いかなぐらいでおさえておく事
どうしても過剰補正したくなるんですよ、利き目を直感的に得たいから。
「うちわ」で収めておく方がいいようです。


本当に難しい事はありません。
ストロボの強制発光の操作とマニュアル撮影と露出補正の組み合わせ。
文字で書く方がこの操作の何倍も難しいです。

そう!カメラのことを覚える時絶対言ってはならない禁句があります。
「私、機械もの弱いんです」
これを言っちゃうと、本当に弱くなります。言霊ってやつですね。
大丈夫です、簡単ですから。取説の最初だけです、なんだかやっかいなのは。

GW突入しましたね、ステキな記念写真を残してください。
http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/28(土) 09:49:52|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めての写真趣味#2 ~さぁ撮りましょう~

昨日に引き続き「初めての写真趣味」です。

待望のカメラを手に入れたのなら、とにかく撮りたいと思うのが普通でしょう。
でも現在のカメラの場合、買って箱から出してすぐ撮れないのが多いのです

そう、ここで何度も話しているバッテリー。
乾電池使用のものならセットしてすぐに使えますが、充電式はそうもいきません。
この充電式、最初のチャージはしっかりやりたいもの。
そしてこの後2回目からのチャージは気を使いたいところです、
ご存知「プール現象」のこと。
しっかり使い切ってから充電しないと、フルチャージでもすぐなくなっちゃう現象です。
携帯電話のバッテリーで経験ある方多いのではないでしょうか。
カメラの充電式バッテリーは結構高価なものが多いです、
ちょっと頭の中にメモしておいてください。


準備万端でしたら、とにかく撮りましょう。
なんだっていいんです、目に付いた楽しいもの・家族友人、バンバン撮る!
撮っていくうちに、上手くいかない事出てくると思います。
そんな時にもう一度取り扱い説明書を読みましょう。

順序逆じゃない?かもしれませんね。
でもあの取説というやつ、切羽詰って読まないと覚えないんですよね。
最初に熟読してもなかなか動けない・動かせないものだと思います。
切羽詰って・取説見ながら操作したものは、すぐに指が・身体が覚えてくれるものでもあります。
DH000034.jpg

実際の撮影です。
写真はなんといってもピントとブレ。
まずはピントがしっかり合っていて、ブレていないもの。これが基本。
十分注意して撮影してください。
ピントとブレの事はこちらをhttp://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-8.html読んでいただけたらと思います。

ピントを合わす、今のカメラはほとんどがオートフォーカスです。
フォーカスセンサーに撮りたいものを合わせればピントが合うわけですが
センサーの位置が中央一点のものだと、どうしても上の写真のようになります。
「日の丸写真」と呼ばれるもの、初心者構図なんて言われたりもします。
でも・・・いいと思うんですよね、最初は。
日の丸だろうがしっかりピントが合っていて、
見せたいものが真ん中にある
単純明快でいいじゃないですか。
自分の表現がこれじゃ物足りない・・って思うまではこれでいいと思います。

「これじゃ物足りない」って書きましたが、
これすぐにきます(笑)脱・日の丸写真の瞬間。
DSC_3418.jpg

そこで覚えなければならない操作が「フォーカスロック」というもの。
もう一度取り扱い説明書の出番です、切羽詰ってから見ればすぐ覚えますって(笑)
難しい操作じゃありません。ほとんどのカメラではシャッター半押しです。
シャッター半押しでピントを合わせて固定、
そして構図しなおしてそのままシャッター押し込む。

厳密に言えば「コサイン誤差」と呼ばれる、円軌道のピントの誤差が出ているのですが
コンパクト機の場合、被写界深度の範囲内に収まりますのであまり気にしないでいいと思います。


このフォーカスロックと言う操作をマスターすれば写真表現はグ~っと広がります。
逆に言えば絶対覚えなければならない操作のひとつです。

最初はバンバン撮りましょう。
記念写真でも「独りよがり」の作品チックでもなんでも。
楽しいです。

最後にもうひとつだけ。
撮った写真で失敗したかな?みたいなものはその場で消去しない方がいいです。
屋内のしっかりモニターが見れるところで、ちゃんとジャッジすべきです
液晶モニターは晴れた日見づらいですよね?これでNGに見えちゃうこと多いのですよ。
明らかな失敗以外はお家で判断した方がいい、
これ実は経験者談です、このお話もいずれまた。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/27(金) 09:47:27|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めての写真趣味

お店のHPのひとつのコンテンツとしてこのブログを展開しています。
写真趣味の楽しさを伝える事ができれば・・という思いがメイン。
ホンの小さなことでも楽しい部分をお教え・表現できればいいと思っています。

先日、ちょっとしたご縁があって、
写真を「撮られるのもお仕事のうち」という方とお知り合いになれました。
いろいろお話をしていくうちに「写真を撮られるのが苦手」とのこと。

写真屋の端くれとしては由々しき問題、
「撮られるのがイヤ=写真嫌い」なんて図式にはしてはならない(笑)
そこで自分がこの方に伝えた事が
「写真を撮る側にもなってみれば?」でした。
そうするとまた何か違う意識が生まれて、苦手克服の糸口見えるかも。

前向きなこの方「やってみようかな」
嬉しいじゃありませんか。

いい機会だと思いました、
写真趣味の第一歩を踏み出したい方へ、何回かに分けてやってみたいと思います。

DSC_6798.jpg

この趣味を踏み出すに当たって最初の壁がカメラだと思います。

やはり高価な買い物になりますよね、
ここで変なものを掴めば一気に萎えるのも事実だと思います。

最初のカメラはなにがいいか?
まずはフィルムカメラかデジタルカメラの選択。
でも今この時代、やはり選択肢としてはデジタルですよね。
流行ってるから・フィルムカメラが衰退してるから・・・も正直あります。
でも一番重要なことは結果がすぐわかる事。
失敗がその場でわかる事は大切なことですし、
デジタルなら消去してもう一度撮り直しが出来ます。
フィルムコストのこと・と言えばもっとわかりやすいかもしれませんね。

では具体的にはどんなデジタルカメラがいいか?
立場上(笑)メーカー・機種名は遠慮しておきます、ご理解を。
スペックですよね。
自分が実際一眼・コンパクトと使ってみて感じた事は
画素数は600万画素を越えていれば何でもいいと思いました。

画素数の多さ・大きさはやはりパワーにつながる部分があると思います。
やはり写真としては最終的にプリントで楽しんでもらいたいという思いもあります。
600万画素あればA4サイズぐらいまでは楽々伸びますし、
記録ピクセル数の設定でサービス版(L判)や2L・カビネ・A5サイズも綺麗に出力できますしね。

デジカメユーザーの中には「プリントしない・モニターで見て、ネット遊びだけ」と言う方も多いでしょう。
ココだけ限定すれば400万画素クラスでも十分だと思っています。


具体的なカメラ選びはどうするか?
自分の感覚ですとまず600万画素以上のスペックで・・・「カッコいいもの」
「なにそれ?写真屋が言う事?もっと機能のこととかないのかよ」
ごもっともだと思います。
でもこれ重要なんですよ、カメラに愛着持てないとすぐに萎んじゃうんですよ。
経験として数々のカメラを使ってきました、中には
「この機能・スペックが欲しくて、カッコは悪いんだけど買った」
みたいなカメラもあります。
でも・・やっぱりダメでした、早々に下取り・トレードの対象になったもの。
スペック的に劣っていても姿に惚れた機種はなんだか永く愛用する事実もあります。

ひとつだけ具体的な事を書けば、最初は「手ブレ補正」はあってもいいかな?なんて思っています。
予算が合って・600万画素以上で・手ブレ補正が搭載されていて・カッコいいもの、そんなところでしょうか。

そして!カメラを手にして最初に目指すものは・・・
DSCF1085.jpg


       DSCF0922.jpg

記念写真の達人です!
ブレ・ボケ・適正露出で、残したいものをキッチリ写す。
これが出来るようになれば、この趣味はググッと楽しくなります。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/26(木) 10:23:55|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古いネガのプリント

冷たい雨の朝です。
今のうちたくさん降ってGW期間中はいい天気続くことを願ってしまいます。

今日はこの後古いネガカラーのプリント作業に入ります。
日付がメモされてあって、約30年前のもののようです。
DSCF2013.jpg
38歳(これも微妙な線引きですが)以上の写真好きな方なら懐かしいネガシートですよね。
現像をしたのは「東京カラー」さん、当時コダック系関東最大のラボでした。
まだ国内メーカーが「打倒コダック!」で頑張っていた頃、
「カラーフィルムはコダック」がお店側の暗黙の決まりごとでした。


このお預かりしたフィルム、カビが多いものの
ネガの変色等のコンディションは比較的いいほうです。
フィルムベースが現在のものと違う色なので、
ここの修正量を掴めればなんとかなりそうです。


古い昔のネガの焼増し諦めていませんか?
懐かしい昔の想い出、もう一度見たいと思いませんか?
これできますよ、ほぼ・・大丈夫です。
業務用プリンターもネガ像をモニターで確認できるので、
全体的に変色・古いフィルムベースのものでも目で確認しながらプリント作業できるのです。

それでも色の補正量には限界があるのも事実。
焼増し料金で出来る上限とでも言いましょうか。

でも大丈夫!今はデジタルに一度変換する事で変色等の色曲がり修正がパソコン上で
かなり大胆に出来るようになりました、修正量が増えたのです。
もちろん、通常の焼増し料金ではないのですが
かなりのレベルで戻せるようになりました。


懐かしい写真、現代の技術で蘇らせて見ませんか?
GWの御帰省の際、昔の写真を見るのも楽しいと思います。
写真の復元はネガでもプリントでもOKです
あなたの子供の頃、ご両親の愛情たっぷりそそいだ一枚の写真を手元に置いておきましょうよ。
そんな想い出の一枚のお力になりたいと思う店主です。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/25(水) 10:23:38|
  2. カラーのいちのせ お勧め商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑のススメ。

昨日に引き続き「ススメ」シリーズです。
この時期は写真趣味人にとって桜とGWのはざ間に当たる時期だと思います
「特に撮るものないんだよなぁ」写真趣味のお客様もよくおっしゃいます。

そうなんでしょうか?
ありますよ、撮って楽しいもの。
昨日の八重桜もそうですし、そろそろツツジもポツポツ咲いてきました。
なによりも新緑です。
DSC_7263.jpg

「色とりどり」な緑、変な言い方ですが「いろんな」緑の新緑。
生命力の象徴みたいな緑はとても綺麗と思いますし、
パワーみなぎってるとさえ感じられます。

鉄道が好きな店主、何度も通った見慣れた車窓なのに
息をのむ・燃えるような新緑に気が付いた事があります。
中央本線・高尾から先の車窓です。
原生林というのでしょうか、様々な木々が山の斜面を覆います。
本当にいろんな緑、色とりどりな緑、それが山一面で揺れている。
なんとかこのシーンを写真に収めたいと時期を見計らって行ったのですが
なかなか写真として定着できないまま今に至っています。

新緑の写真、難しいんですよ。
光線の加減で様々な緑のトーンがなかなかでないのです。
順光でもべったり、半逆光では露出のコントロールが難しい・どれか犠牲になる。

デジタルではどうでしょうか?
実はまだ撮っていないのです。
新芽が出たばかりの木は撮ったのですが、ちょっと引いたものはまだなのです。
どうでしょうか?ラチュードの狭さはポジ以上と言われるデジタル、
案外何も考えず・小細工なしに、「いいな」のシーンを正面切って撮っちゃえばいいんじゃないか?
なんとなく思っています。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/24(火) 09:53:32|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

八重もまた楽し。

季節はすっかりすすみ今週末からGW、そして暦の上では夏を迎えます。
つい先日まで桜にドタバタし、寒の戻りにブルっとしてたのが懐かしくもあります。

先週末に新潟県の只見線に行った後輩からの報告だと
小出から長岡にかけて桜が見ごろだったそうです。
桜前線は「国境のトンネル」周辺にいるようですね。

これから桜を楽しめる場所が羨ましいと思う反面、
それだけ厳しい冬だったんだろうなとも思います。
冬の厳しい地域の春と夏はすごく綺麗なんですよね。


そんな桜なのですが、地元周辺では「あの」桜が見ごろを迎えています。
DSC_7291.jpg
八重桜です
この桜好きなんですよ、濃いピンクとモコモコ感がかわいい。
なにより写真向きの花木だと感じています。

ソメイヨシノの淡いピンクを写真で表現する時の苦労ってあったじゃないですか?
すごく綺麗なんだけど、写真になったときイメージと違っちゃうお話しは以前書きました。

この八重桜って、そんな悔しさ・難しさを受け止めてくれる気がしてるのです。
普通に撮ってもそこそこピンクが濃く写りますし、立体感もある。
写真に撮りやすい花なんですよね。


大阪造幣局が有名ですよね、一度見てみたいと思い続けています。


八重桜ってある日突然気が付くことありませんか?
「あれ?ここに八重桜あったんだ!」
小学校の片隅や線路端にポンと現れるモコモコのピンク。
見ごろの期間が長いのもいいじゃないですか。
八重桜で花見も楽しいのではないか?毎年思うことです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/23(月) 09:32:46|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不機嫌なコンパクト機

現在愛用しているコンパクト機、フジファインピックスA345
400万画素とちょと古いモデルになります。
価格もかなり安い方、登場当時で2万円切る価格でした。
ネット遊びと2L出力ができればいい・・と割り切って買ったものです。

このところ不機嫌なんですよ・・・

スイッチオンした時、レンズ繰り出してスタンバイになるのですが
これが途中で止まってしまうのです。
きっとこれと連動してると思うのですが、ときたまAFも暴走します。
困りました・・・
blDSCF1977.jpg

最近のコンパクト機って収納時の小ささも売りにしていますよね。
スイッチ入れてレンズが「にゅ~ぅん」と出てくるタイプが圧倒的に多い。
ここのトラブルが多いような気がするのですよね・・・
機械的な不都合だったり、ガイドレール(?)への異物(ゴミ)噛み込み。
やっかいなのはここが不都合おこすとまったく撮れないということ、あ!当たり前かな。

異物噛みだとだめなのですが、機械的の時はいったん電池を抜くと再起動すること多いです。
今のところこれで対処していますが、やはりちょっとしたストレス。
写真って「あ!これ撮りたい」っていう瞬間の行為だと思うんです、
こんな時「ジジッ・・」でカメラが動かないと物凄く腹立たしいもの。

撮ったコマ数はまだ2000コマ
これぐらいで消耗しちゃうのかな?
36枚取りフィルム換算で約56本です
う~ん・・・困りました。
アチコチ傷だらけになってから愛着わいてきたので、なおさらなのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/22(日) 09:30:51|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一眼レフのススメ。

このブログは当店のHPに連動して、写真の楽しさを伝えたいなぁと思い綴っています。
機材重視になりがちなこの趣味だと思います、
でも機材はなんでもいいから、写真を楽しむ事を前提に提案できればと考えています。

それでもあえて今日は煽るような事を書いてみます。

先日のお休みにコンパクト機と一眼レフ両方持って歩きました。
「使い分けた」と書くといかにも・・な感じですが、
考えもなく両方で撮ってきたという方が正しい。

で・・・やっぱり思ったのです「一眼レフって楽しい」と。
IMG_3564.jpg

絞り(シャッタースピード)のコントロールで見せたいものを表現できるって物凄く楽しいのです。
手に伝わるシャッターの振動や、カメラそのものの重さも心地いい。
写真趣味をやるならばやっぱり一眼レフで撮ってもらいたい、正直な思いです。


でも実際一眼レフを買うとなるとそれ相応の出費が必要なのも事実。
ボディだけでは撮れません、レンズもセットで買わないとならない。
大手量販店・家電量販店でもレンズセットで10万円前後のお値段、やはり高価な買い物だと思います。

この考えは正しいかどうかはわかりません、個人的に思うことなのですが、
最初の一眼レフは中古でもいいのではないか?ということ。
いきなり新品で初めて「やっぱり大きくてだめだ・・」なんていう例たくさん見ています。
初期投資をできるだけ抑えて第一歩目をとりあえず踏み出す、これが大事。
もしこの一眼レフの世界にハマり、もう一段上の機種を必要としても
同じメーカーならレンズはそのまま使えますしね。

具体的に書いちゃえば、ニコンD70やD50、キャノンEOS・KISS-D、DNなんかは中古の相場で4万円を切り始めています。
6ヶ月保障が付くのも今や常識ですしね。

「中古は誰が使ったかわからないから気持ち悪い」と言う方も多いでしょう、
そんな方は「新古」と呼ばれる「金融新品」というものも存在します。
売っているお店は限られていますが、ネット通販もやっている所が多いですから検索してみてください。
IMG_3660.jpg

ではもっと極端な一眼レフのススメを書いちゃいましょう。
フィルムカメラの一眼レフでもいいのです、今安いですよ。
新品でも「え?」っていう値段付いています。
中古ならちょっと前のプロ用タイプでも驚くような値段で売っていますし、
一般用の一眼レフだったらそれこそ・・・・。

「フィルムじゃパソコンで見れないし、ネット遊びもできないよ」
そんな意見も聞きます、でも大丈夫「CD-R書き込みサービス」があります。
同時プリントと一緒に注文すれば500~600円ぐらいでできます(別途現像料等)
これいいですよ、ネガのトーンもデジタル化できるみたいで。

カメラはデジタルでもフィルムでもいいのです。
やっぱり一眼レフは楽しいのです、ご検討下さい。

もし疑問があればhttp://ichinosephoto.com/の問い合わせフォームからでもメールいただければ、お答えしたいと思っています。
楽しいですよ、一眼レフの世界って。


http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/21(土) 09:38:54|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨日はお休みをいただきました

ようやっと晴れましたね、暖かくなるそうです。

昨日は久々にお休みを頂き、午前中だけですがカメラを持ってウロウロしてきました。
休みが少ないと、いかに長く時間を持つか?という考えになり、
結論として日の出から動く・・、日の出と共に出発です。

前日の天気予報だと午前中は雨。
この日の写真のイメージとして「雨の日を撮る」だったのですが・・・
なんと10:30ぐらいから青空見え始めました。
DSCF1992.jpg

青空が見えて嬉しいのですが、描いていた「絵コンテ」みたいのが崩れ去る瞬間でもあります。
好きな鉄道写真を撮りながら、徐々に「雨モード」から「晴れモード」を方向転換。

これ不思議なもので、一瞬で変われるシーンと、全然変われないシーンがありました。
感性が貧弱なんでしょうね、アタフタ・ドタバタやっていました。


昨日は大宮~川越周辺を歩いて見ました。
本当は川越線・武蔵高萩駅で写真を撮る予定でいたのです。
この駅、すごくいい雰囲気だったんですよ・・・。
過去形なのは立派な近代的な駅に改装されていました。
今、駅などの公共スペースはバリアフリーの観点から改装がすすんでいます
昔ながらのいい佇まいの駅はどんどん減っています。
こればっかりは趣味的視線からはモノが言えないこと・・だと思います。

そんな訳で車窓から見つけた荒川の河川敷近くで撮ってきた次第です。
DSCF1969.jpg

この周辺の水田ではもう水が引かれていて、田植えも完了していました。
新緑が眩しく感じられつつもまだ菜の花が咲き誇っていました。
この元気が出る黄色と青空を一緒に写し込みたい・・・
でも露出の差が大きい、2絞りは違う
思い切って内蔵ストロボ飛ばしてみました。
露出の差は拾えましたが、なんだかちょっと不気味な描写。

昨日のもの、明日から徐々にお見せしますね
ナンヤカンヤ撮ってきました。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/20(金) 09:34:15|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW前にやっておきたいこと

なんだか寒い日々が続く埼玉南部です。
今日は2月並みの最高気温予想だとか、またストーブを焚いています。

それでもGWの大型連休まであと10日となりました。
昨年がいい曜日配列だったので、
今年はちょっと物足りない、なんだか損したような気分かもしれませんが
大きく前半戦・後半戦に分かれてると思えば楽しいじゃないですか。

あ!写真屋はほぼ平常営業になります、5月の連休で一日お休みいただくかも?な予定です。

さてGWはどちらに行かれるでしょうか?
楽しんできて欲しいと思いますし、それと同時にたくさん写真を撮ってきて欲しいと思います。
やはり記録・記念というものは写真が一番です。

このお休み前の時期、カメラの整備・準備はお済ですか?
せっかくの楽しい瞬間を不意にしないよう、こちらも準備万端でいてほしいと願っています。
DSC_2942.jpg

デジタルカメラでは大きく分けて2つの準備が必要とアドバイスさせてもらっています。

ひとつはバッテリーのこと。
やはりいつもより多く撮るものです、
まして宿泊するような場合は泊数プラスアルファまで考慮しないといけません。
乾電池タイプなら考えているより2日分多めに用意したい所。
観光地で電池を買うと、普通に定価ってよくあること、フィルムもそうですよね
乾電池・フィルムの類って定価、いまはオープン価格多いですが
まともに買うと結構高いのです、驚くくらい。
是非、現地買い足しのないよう準備したいところです。

充電式のカメラの場合、充電器の準備もお忘れなく。
お泊りの旅行の場合、宿に帰ってきてその日の写真をどうしても見たくなる、
これが一番バッテリーを消耗するようです。
この際予備バッテリーをお買い求めになるのもいいと思います。
2つあればずいぶん違いますよ。

海外旅行の場合はコンセントアダプターが必需品。
これもしっかり電圧コントロールできるいいものを用意したいところ。
一番要注意なのは、チェックアウトするときアダプターを抜き忘れる事!
多いらしいですよ、いつもの感覚で抜いて手元にいつものコンセントが見えるのでアダプター使っていた事を忘れてしまうこと。

バッテリーの上がったデジカメはただの「オモリ」「死重」です。


もうひとつはメディアの整理です。
容量フルに撮れる枚数の余裕、これが写真の内容に大きく関わると思います。
お客様のデジカメプリント注文受けていて、
多く見受けられるのが1GBクラスのメディアにたくさん貯めてらっしゃる方。
300枚も400枚も入っていてる、一杯まで撮って保存なんでしょうね。
やはり追記・消去可能なメディアに記録しているかぎり
画像消去などのトラブルはついてまわるもの、宿命かもしれません。
溜め込めば溜め込むほど、受けるダメージの大きさ・量も比例して大きくなるもの。
これを機会に今お使いのメディアをしっかりコピー保存しておく事をお奨めします。
コピーが取れたら、「全コマ消去」ではなく「メディアフォーマット」もしておくといいと思います。


楽しい・いいシーンをたくさん撮るためには、枚数の残量は多ければ多いほどいい。
「あと何枚・・・」を気にしながら撮る行為ほど、辛いものはありません。


予備メディアもこの際お買い求めになれれるのもいいかもしれません。
あんな小さなプラスチックのパーツでも、機械は機械です。
故障という表現が正しいかわかりませんが、やはりそれもありうることと思っておいたほうがいいと思います。
メディア不都合ってある日・ある時、突然来るんですよね・・・。
ブラックボックスみたいなものです、中で何が起きてるかわからないのがメディア。
大容量でなく価格的にもお手ごろになってきた128・256MBクラスでも予備があると安心です。



楽しんできてください、そしてたくさん想い出の写真を撮ってきてください。
写真屋としてせつに願っている事です。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/18(水) 09:57:23|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これは使わないと!DPOF機能

デジタルカメラの最大の特徴として現像加工しなくても撮った写真が見れること。
何を今さら・・ですが、まずはこれが第一でしょう。

デジカメプリントご注文の際、この特徴ををもう一歩使いこなしてもらいたいと思っています。
撮った写真がその場で見れるということは、焼き増しの注文も最初からできるということ。
フィルムカメラの時は同時プリントが仕上がってから焼増し注文をしていましたよね。
デジカメなら内容がわかりますから、最初の注文時に必要枚数をオーダーできる。
店頭のオーダーキャッチャーといわれる端末機で枚数指定で簡単出来るようになりました。


でも・・・この注文用端末機って変な風に混んでるときありません?

楽しそうにキャッキャ言いながら注文してる方・・・
本当に機械系が苦手そうでいつまでも悪戦苦闘なさってる方・・・

こんな時イラってしちゃうのは、キャッシュディスペンサーなんかと一緒かも。
DSCF1891.jpg

「DPOF(ディーポフ)」ってご存知ですか?
プリント予約機能ともいいます
デジタルプリントオーダーフォーマットなんていう長い名前の機能。
これをお使いになると、メディアを店頭で渡すだけでOKです。
注文端末機が混んでいても関係なく、必要枚数注文できます。

このDPOFはメディアに焼増し情報を入れる機能です。
画像データに枚数情報も入れられるのです、これ便利ですよ。

使い方は簡単。
再生モードのメニューの中に入っています。
絵を見て枚数を入力していくだけ。
店頭で慌てて枚数入れる必要もありません、お家でジックリ見ながら吟味できます。

各カメラごと操作が違いますので、取扱説明書を見ていただきたいのですが
本当に簡単です、ストロボモード設定より簡単なぐらい。
機種によっては日付の入れ込みも連動しているカメラもあります。
日付なんかも欲しい絵柄と入れたくない絵柄ってあるじゃないですか?
こんな事も1コマずつ設定できます。

1GB等の大容量メディアをお使いで、たくさん入ってる方(これも危険ですが)
メディアいっぱいまで撮ってから一気に保存派の人でも、
これだけは先にプリント欲しいなんて時にはとっても簡単。
300カット以上も記録できますからね、店頭でそんな中から探すのも大変でしょう・・・。


このDPOF機能はデジカメお使いでプリントする方には
「使わない手はない」っていうぐらい便利な機能です。
活用してください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/17(火) 09:42:06|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメ・サイズの設定

お客様のデジカメプリント・Lサイズを見ていて気づく事があります。

なんだか写真に切れがない
写っている絵がモコモコしている

カメラは最新式の800万画素以上のもの
「最大サイズのファイン(圧縮小)で撮ってるのになぜ?」

これ、Lサイズプリント1枚当たりのデータが多すぎるのです。

800万画素クラスの最大サイズ・ファインモードで撮ると
だいたいA3サイズの画像にした時綺麗に見えるデータの量なのです。
「A3サイズのデータ量をLサイズに無理やり詰め込んでる」と言えばわかりやすいかな。

お茶碗にご飯を入れてるんだけど、同じ器に丼と同じ量のご飯を入れてる
しかも見た目はまったく同じにする、そのままでは入らないから圧縮する
お茶碗の見えない部分はギュウぎゅう詰めのお餅見たなご飯なっている。
この例え話で伝わるかな???
DSCF1907.jpg

400万画素のファインピックスA345

4M・F 2304×1728 2L・A5サイズでプリントする場合

2M   1600×1200  L・ハガキ・A6サイズでプリントする場合


820万画素のEOS 30Dの場合

8M 3504×2336 A3サイズ以上

4M 2554×1696 A5~A4サイズ

2M 1728×1152 A5サイズ以下


これ、自分のカメラの取扱説明書の「記録画質を選ぶ時の目安」という説明に書いてあることです。

本当のデジタルカメラの使い方として、一枚ずつ記録サイズを設定しないとならないのです。
「このシーンはLサイズだな」「ここはA4にしたい」
その都度ピクセル数を変えるのが本来の使い方ということになります。

でもこれ・・・現実的じゃないですよね、まず無理でしょう。
イチイチこんな事考えていたら撮影が楽しくなくなりそう。

ではどうするか?
プリントから逆算していくといいと思います。
「ほとんどLサイズだけだ」なんて方なら2~3Mの設定でいいですし
「一番いいのをA4で決めたい」なんて方なら4M、この時L出力は多少モコモコは目をつぶる(?)覚悟。


デジタルカメラとフィルムの大きな違いのひとつだと思います。
フィルムの場合、フィルムのパワーが大伸ばしにした時大きな差となっていた。
ライカ判よりブローニーサイズの方が大伸ばしした時圧倒的な描写力。
ISO400よりISO100、もそうでしょう。
すべてがあの1コマからLサイズも四切サイズもプリントしていたのです。

この感覚でいくとデジカメの設定もより大きく・よりきめ細かい描写のモードを選びたくなってしまう。
でもここが違う、器と入るご飯の量の関係。
ギュウギュウ詰めの圧縮されたご飯は美味しくないですもんね・・・。

ある程度デジカメを使いこなせるようになってから、もう一度取扱説明書を読むといいですよ。
気が付かなかった事、それが凄く重要で・大切なことだったりするもの発見できます。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/16(月) 09:51:11|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンパクト機の接写モード

昨日のマクロレンズのお話で出てきたコンパクト・デジカメでの接写モードですが
朝、開店作業しながら昨日と同じ「根性」タンポポを見れば
さらに花を咲かせていたので、さっそくコンパクト機で撮ってみました。
DSCF1943.jpg

これを撮ったカメラはフジ・ファインピックスA345、400万画素です
マクロモードはレンズ焦点距離が28mm固定になるので
昨日の50mmマクロとは画角がちょっと違ってしまいます。

やはりボケ味が違いますね、パンフォーカスしたように全面にピントがきます
P(プログラム)オートのみのカメラですので、絞りをコントロールできません
これだけ天気がいいと相当絞っている要因もあります。
もう少し上位クラスの機種なら、ここら辺の遊びの「のりしろ」があると思います。


確かに写真独特のボケ味での表現はなかなかできないですが、
これだけ気軽に接写ができる事を喜び・楽しむ方を重要視したいと思います。
やっぱり今日も思いましたよ
「よれるは楽しい。」って

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/15(日) 09:32:45|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽しきマクロレンズ

最近マクロレンズが大のお気に入りになっています。

このブログを始めて、一枚はなんかしらの写真を添えようと思っているます。
毎日何かを撮るとなるとおのずと身近なものにならざるを得ない・・・
するとマクロレンズの出番が増えてきて、
その接近能力が楽しくてたまらなくなったのです。

使ってるいるマクロレンズは古いペンタックスのレンズ、マクロタクマー50mmF4
スクリューマウント時代のものを「マウント変換リング」アダプターですね、
これを介してEOSに装着して使っています。
IMG_3466.jpg

マクロレンズの楽しみは接近して撮れること・接写なんですが、
ピントの浅さも楽しいものです、す~っとボケ味が楽しめる。

このボケ味の楽しみは一眼レフ独特の表現かもしれませんね。
ボケを利用して見せたいものを強調する、
ある意味一番単純で簡単な方法かもしれません。


店の角、わずかなコンクリートの隙間に根付いたタンポポ。
凄い生命力ですよね、「根性大根」なんてありましたが
タンポポは毎年・必ずどこかで「根性」モノを見かけます。
コンクリートという殺風景なバックなのですが、
マクロレンズのボケが緩和してくれた感じです。


この接写撮影、一眼レフのマクロレンズだけの楽しみではありません。
コンパクト機でも付いていませんか?マクロモード。
チューリップの絵文字のモード、といえば思い出せるかもしれませんね。
これもなかなかの接近能力あるんですよ!
5cmとか楽勝によれます、これコンパクトデジカメの特権です。
やはりレンズ構成の都合で綺麗なボケ味とはならないですが
かなり近づいて撮れることは間違いありません。

ここでも手ブレという問題に突き当たります
接写も手ブレは厳禁、露骨に・容赦なく表れます。

それでも断言します、よれるって楽しい!と
お試しください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/14(土) 09:34:03|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大伸ばしのススメ。

昨日は常連様のコンクール参加作品のマットパネル貼りをしていました。
その大きさは全紙サイズ、新聞紙一面の大きさです。

この作業は一発勝負、
失敗したら全紙サイズプリント5250円と
パネル代金3045円、計¥8295-パァ~になるのです(笑)
まさに・・ハイリスク・ミドル(笑)リターン。

パネル貼りもこの20年でずいぶん簡単になりました。
すべてのパネル・飾り台紙にも糊が塗ってあるので
昔のように裏打ちを外したり、水糊やグリーンテープも不要なのです。
反面、修正がきかなくなりました・・・
全てにおいて一発勝負です。
20070413191352.jpg

これが最近のパネル貼りの全貌です
今回の写真は「全紙ノートリミング・余白可」プリント。
マットパネルにも「135ノートリ」というサイズ商品がありますので、
全紙サイズのコンテストでもフレーミングどおりのプリントで提出できます。

黄土色に見える下が全面糊。
一度接したら剥がすのは不可、剥がすとプリントにシワが出てしまうのです。

慎重に位置決め。
DSCF1899.jpg
自分の経験からいくと、この時なまじっか定規やメジャーを使うと曲がります。
これ不思議なもので、安心しちゃうのか?他に神経いかなくなっちゃうのか?
自分の目測でバランスをとった方がいいのです。


この時にこの写真で何を表現・写っているか?を読み取ります。
なぜか?
最後に写真の上にくる飾り台紙には「遊び」があります、
写真の上下左右が飾り台紙で切れる部分があるのです。
この隠れちゃう部分でこの写真で重要な部分がケラレないかを確認するのです。
風景写真なんかだとあえて隠す事もあります。
ファインダーで確認し切れなかった余計なもの写ってる時多いですからね。



運命の瞬間、貼り付けです・・・・。
20070413191556.jpg

な・なんとか成功(笑)
でもここからもまだ難所はあります。
最後の飾り台紙の貼り付け。
ここで失敗すれば今までの神経戦は敗北・水の泡です。。。

そして・・完成!
20070413191922.jpg

かっこいいでしょう。
写真は大きければ大きいほどいいものです。

今回絵柄を見て、マットパネルの黒を選びました。
昔ながらの白もあります、絵柄で選ぶといいと思いますが
最近は黒をチョイスする方が多くなってきました。
パネル貼りで搬入・参加するコンテストの場合、
パネルの色でも作品のインパクトが変わります。
ここから勝負は始まってるのですね。



さて!デジカメで大伸ばししてますか?
いいですよ!大きい写真って。
もし400万画素以上でしたら是非A4、六切・四切サイズやってみたください。
確かに大きくする事で些細なミスも如実に画像として現れますが、
写真は大きければ大きいほどいいものです。
Lサイズだけでなく2L、そしてA4~四切やってみたください。
お勧めです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/13(金) 09:43:49|
  2. カラーのいちのせ お勧め商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジタル一眼レフのCCDゴミ

「好むと好まざるとに関わらず」はちょっと言いすぎかな?

「カメラを買いに行ったらお店の人がデジカメを進めてくれて・・・・」
常連のお客様がある日突然デジカメをもって来店、そんなことおっしゃってました。
今カメラを買いに行ってフィルムを勧める店員さんもいないでしょう。
「デジタルカメラでなければならない理由」がなくてもデジタルカメラを買う時代だと思います。

先日いらしたお客様もそんな理由で、なんとなくデジタル一眼をお持ちです。
この時はやや焦った表情でご質問・相談されにきました。
「写真にでっかい黒い丸が写る」

すぐにその原因に気づきました、CCDへのゴミ付着。
カメラを持ってきていただいて、クリーニングミラーアップしてブロアーでひと吹き。
無事解決です、その方法とやってはいけない事をレクチャーさせていただきました。

DSC_3061.jpg

キャノン製の一眼レフには「CCDクリーニング機能」が標準装備になりつつあるようです。
メーカーもこの問題を手ブレと同じようにデジタルカメラの問題点として考慮してくれるようになってきたということでしょう。
レンズ交換式デジタル一眼レフについてまわる問題点だと思います。

自分がデジタル一眼レフを導入する時、この問題を重要視していました。
真剣にレンズ一体型一眼レフを最後まで考えていたものです。
それでもレンズ交換式にしたのはやはりシャッタータイムラグのこと、
当時は雲泥の差でした。

そして案の定CCDのゴミに直面したのですが・・・
でも実際にはそれほど大問題ではなくすんでいます。
それは画像ソフトを必ず使いコントラスト等の調整をしていたから、
この時このゴミをスタンプツールで問題なく除去できたのです。

我々はいいですよ、必ず画像ソフト経由でプリントなりリサイズしてますから。
でも本当に「なんとなく」デジタルカメラになった方々、
たまたまフィルムじゃなくて、メディアに記録するカメラになった方
パソコンを使用せず、今までどおりの写真の感覚でお使いになられてる方はそうはいかない。
パソコンを使用しなくてデジカメから直接ホームプリンター直結の方もいらっしゃるでしょう。
大問題ですよね。
これがイヤで18~300mmなんていう高倍率ズームを買われた方もいらっしゃいます。

方法はただひとつなんですよね「撮影前に掃除する」
私の経験だと撮影前にブロアーでひと吹き、これだけでずいぶん違います。
それでも不運にもブロアーでは落ちないゴミがついたら
これはもうメーカーのサービスステーションに持ち込むしかない。
絶対やってはいけないこと、綿棒とかでこする。大NGです。
ブロアーが手元にない方もいらっしゃるでしょう
そんな時はお近くの写真屋へ、プリント注文と一緒に頼めば無料でやってくれるはずです(笑)

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/12(木) 09:42:42|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

jpgの味つけ

デジカメプリントの受付をしていると、意外にも多いのがカメラごとお持込になる方。
「メディアの出し入れが怖くて」という方多いのです。
これはフィルムカメラでも多い事でした。ここで失敗したくない、ここで失敗した、ということなのでしょうね。

デジカメプリントを検品していて気が付いた事があります。
カメラメーカーごとによる色の表現ってずいぶん違うなぁ・・ということ。

お客様がカメラごとお持込になるので、メーカーがわかりますし
メディアからでも大雑把なメーカーもわかります。
XDカードならフジ、オリンパス。
メモリースティックならソニー。
コンパクトフラッシュは一眼かちょっと前のニコン・キャノンのコンパクト機。
さすがにこれだけ普及したSDカードだとわかりませんけど。


時期的に卒業・入学式関係をプリントしていて結構な差が出ていました。
地元ですと学校がご一緒って多いですから、天候・時間帯が同じです。

具体的にどのメーカーがどう・・・とかはさすがに書けませんが、
かなり違うのは事実です。
DSC_3041.jpg

メーカーごとの画像データの味付け、これそのメーカーの前後商品に連動してるのかな?と思っています。
あるメーカーは自社でパソコンも販売している、このパソコンを利用した時一番いい色が出るようになっている。
プリンターも販売しているメーカーは、自社のプリンターで出力した時一番いい色になるようになっている。
あるメーカーはお店プリントした時に一番いい色になるようになっている。
各メーカーの戦略ですよね、当たり前の事です。

そんな戦略のハザマにいるんですよ、お店って。
お店プリントはできるだけデータどおりに出力する事を心がけています。
こちらでもっと明るい方がいい・・とわかっていても補正はしない方向に原則しています。
デジカメだとモニターでお客様が確認しているという部分もありますし、
それを見てOKしてご注文いただいてるという認識もあります。
そしてパソコンで補正してメディアに戻す方もいて
やたらめったに動かせない部分もあるのです。


デジカメプリントの色の悩みはつきないと思います。
お店プリントでも家庭用ホームプリンターでも・・・
もしそんなお悩みがあるのでしたら、写真屋に相談してみてください。
ナンダカンダ言われていても、写真を見ている経験値は圧倒的に多いのです。
そして研究しています(笑)、いや本当に研究してるんですよ、研究せざるを得ないんです。

お気軽にご相談ください、インクジェットのお悩みなんかも乗ってくれますよ
我々もインクジェットを使わざるを得ない状況になってきています。
そんな時・・・何度も行き詰った経験あるんですよ。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/11(水) 10:18:50|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若葉の季節

戸田市内の公立小中学校は昨日が入学式でした。
今日から幼稚園の入園式がはじまります。
卒業式の頃にも書きましたが、入学式シーズンも写真屋は開けているもの
今週はお休みなしで営業する予定です。

私の趣味は写真を撮る事。
月の第2・3木曜日定休ですと約3週間無休になる時期があります。
これ・・・溜まるんですよ、写真撮りたい欲求が(笑)
ストレスって言っちゃうと、本当にストレスとして認識しちゃいそうなので
あえてストレスとは言わないようにしていますが、
それでもなんだか悶々(?)となる瞬間があります。

こんな時どうするか?
撮るんです、写真を。
なんでもいいんですよ、1・2枚でいいんです。
目に付いたものをパチリと。
駐車場横の小さな木の葉でもいいし、空と雲でもいいのです。
その瞬間だけ一生懸命考えて撮る、これでずいぶん和むのです。
IMG_3460.jpg

昨日の埼玉南部の午後はにわか雨があり、けっこう本格的にたくさん降りました。
やや大きめカミナリが一発、その直後から強い日差しが差し込んだのです。
「これは虹が出る!」
カメラを用意して表に出て上空を東西南北見渡します・・・・見つけられませんでした
でも実際出たそうです、友人の目撃情報だと北西の低い位置とのこと
自分の見た場所からだとマンションの向こう側だったようです、残念。

せっかくカメラも用意したので何か撮りたい・・・
駐車場横の木も若葉が出ていました。
新緑の頃ですね、この新緑撮影も好きなんですよ、これもまたやりましょう。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/10(火) 09:09:01|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっとストロボ活用しちゃえ!

自分もカメラが大好きですから、新しいカメラが出るたびに興味津々、
テレビCMなんかでもついつい真剣に見入ってしまいます。
最近のカメラで凄いなぁ~・・と思ったのが、キャノンの新型。
人物の顔をカメラが認識して顔が暗くならないよう補正を入れてくれるというもの。
フジも同じようなコンセプトで先行していましたが、CMはなかったですね。


時期的にお花見シーン、入園・入学式の写真を連日プリントしています。

写真の内容を詮索しませんが、
プリントしていて思うのが「このシーン、もったいないなぁ」というもの、
ちょっとした事で綺麗な記念写真になるのに・・と思うのです。

その中でも特に思うのが逆光の撮影。
いい景色や桜の下なのですが、主役の人物の顔が真っ黒。
こんな結果を手にした時、「カメラが人の顔を・・・」なんて思うものかもしれませんね。
1DSCF1895.jpg

でもこれ、手持ちのカメラで簡単に綺麗にすることができるんです

一番簡単な方法はストロボ使うことです。
ストロボはお部屋の中や夜に撮るためだけではありません、
逆光補正にも使えるんです、「日中シンクロ」と呼ばれるもの

今のカメラではほとんどストロボが付いています。
なおかつ物凄く性能がいい、頭もいい。
「日中シンクロ」につきものだった発光量補正や露出補正の計算いりません

昔のカメラで日中シンクロで撮るって本当に難しかったんですから!
露出計、しかもストロボメーターの付いてるものは必需品、
なおかつ段階露出補正をして、何枚も撮っていいのを選ぶ
そんな作業をしていたものです。

でも今のカメラはそんなの関係ありません
ストロボモードの「強制発光」モードで撮ればOK
なんにも補正いらないレベルといっていいでしょう
最近のデジカメは絵文字でモードを選べるので直感的に選択できると思います。
桜の木下なんかで顔に木々の影が落ちちゃうときなんかもあるじゃないですか
これなんかもストロボ使うとずいぶん消えてくれます。

以前も書きましたが、デジカメ最大の特権は撮った結果がその場でわかる事
記念写真撮って、結果を見て顔が暗いようでしたらストロボ使ってみてください。


デジカメで上手く撮るコツ、それはモニターに写る結果を把握する事です。
撮って「あれ?」だったら即撮り直し、これが出来るのがデジカメなんですから。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/09(月) 09:39:08|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホワイトバランス

フィルムカメラとデジタルカメラ、
撮影時に一番違うものといったら、ホワイトバランスの設定でしょう。
フィルムカメラにはなかったもの。
「なかった」と断言できないかもしれません、
ポジ撮影の時天気やライティングでゼラチンフィルターで補正してましたから。
それでもやはり一般的にはなかった行為だと思います。

ホワイトバランスの設定と言ってもほとんど「オートホワイトバランス」だけでお撮りになられてる方が圧倒的だと思います。

でもホワイトバランスのマニュアル設定を見ると気になる絵文字ありますよね
「曇り」「日陰」「電球」「ランプ」・・などなど
やっぱりマメに合わせた方がいいのかな?なんて思ってしまうかもしれない。
DSCF1896.jpg

以前、趣味のブログの方でブログ仲間の方とコメント欄を通して会話した時の事、
その方の写真があまりにも不自然な黄色さだったので質問したのです。
「ホワイトバランスの設定を戻すの忘れちゃった」とのこと。
曇りだったので「雲」マークのホワイトバランスにしたらしい、
その曇り状態で撮った写真も拝見したのですが、なんだか不自然なんです。

ホワイトバランスはメーカーごとで味付けがあるようです
この方のカメラメーカーは不明ですが、やや過剰気味な印象でした。

自分も始めてのデジタル一眼の時、ホワイトバランスをマメに設定していました
でも・・なんか不自然なんですよ。
オートホワイトバランスの方が自然でした
やはり自然光って色温度が微妙に上下するんでしょう
オートホワイトバランスだとその微妙さも拾ってくれるようです。

結論としてオートのままが一番いいのではないか?
ちょっと回り道して気が付いた事です。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/08(日) 09:07:57|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デジタル一眼レフのレンズ焦点距離。

「焦点距離イメージは、レンズ表記焦点距離の約1.6倍になります」
2/3 (APS-C)サイズのCCD搭載の一眼レフについてまわる一文です。
従来の・デジタル専用でないレンズを装着すると、約1.6倍の焦点距離になる
つまり50mmだと80mm、100mmだと160mm。
デジタル一眼になってこれほど厄介な・理解しづらいものはありませんでした。

この一文を読んで真っ先に思う事
「じゃぁ50mmは80mm、200mmは320mm」
これ違うんですよね、50mmは50mmなんです。
2/3CCDの「2/3」という部分のこと。
50mmで写ってる画面の真ん中の2/3だけ記録されるということ。
50mm画面を85mmの画角でまわりを切っている
トリミングされて見せられている訳なんです。
50mmと80mmの圧縮効果やボケ味の描写って全然違いますよね。
だから50mmは50mmなんです。
望遠レンズに置き換えればもっとわかりやすいでしょう。
200mmと300mmとでは圧縮効果もアウトフォーカス描写もまったく違う。
IMG_3373.jpg

デジタル一眼になってこの事実を理解するのにずいぶん時間がかかってしまいました、
どうしても1.6倍というものに囚われてしまったのです。

50mm周辺の焦点距離って大好きなんですね。
これ1.6倍の呪縛にはまると約30mm付近。
50mmの写る範囲を得ようとすると30mmにしないとならない。
でもレンズの本質は30mmですからやや広角の描写になります、
大好きな50mmの描写になってくれない被写体。

さらに広角側を欲した時はもっと大変です。
28mmの写る範囲が必要となると17mm
17mmまで行くと一筋縄ではいかない超広角の世界・・・
ちょっと水平をエラーすれば途端に広角独特のゆがみが出てくる。


来月の仕事でどうしても28mm相当の画角が必要になりそうなのです。
自分の持っているレンズは28mmから、1.6倍マジックで45mmの写る範囲
これでは仕事になりません、一本買わないとならないのです。
18~50mmというズームを18mm短焦点レンズとして購入しようと思っています。
デジタル一眼の焦点距離マジック、1.6倍の呪縛は
従来の一眼レフ焦点距離のイメージをいったん破棄しないとならないようです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/07(土) 10:07:03|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフター桜。

昨夜は家族で温泉に行ってきました。
とはいえ、有名温泉地に行けるわけでもなく地元の温泉です。

我が地元にも温泉があるんですよ
最近は都心の東京ドームやお台場にも出てるのでもう驚きでもないですよね。
地元の温泉「彩香の湯(さいかのゆ)」http://www.saikanoyu.com/、ここのお湯は関東平野によくあるコーヒー色じゃない透明タイプです。
あのコーヒー色のお湯、ちょっとドキってしちゃうんねです、自分。
この彩香の湯さんの露天風呂が気持ちいいんです、
子供たちもお気に入り、源泉のぬるめのお湯にいつまでもしたっています。

ちょっとお奨めの都会温泉です、今朝は肌がツルツルすています。




DSCF0709.jpg

埼玉南部戸田市周辺では桜も若葉が目立つようになってきました。
毎年思う事、「もうちょっと桜、あと2~3枚撮りたかったなぁ」ということ
扶養家族のいない頃はそれこそ新幹線に乗ってでも桜前線を追いかけたものでしたが、
曲がりなりにも子育て中とあってそんな行動も許されないものです。

そうすると考えるのが「アフター桜」、桜のあとは何を撮ろうか?に思いを馳せます。

住宅街に住んでいるとなかなか「アフター桜」って思いつかないんです。
そんな時は荒川の河川敷に行きます。
この時期からタンポポが凄いところあるんですよ
これ毎年微妙に咲く場所が違うので、「ココに行けば」って言えないのがツライ。
探す楽しみもある・・とでもしておきましょう。

添えた写真は山梨県長坂近くで見つけた「黄色い轍」
タンポポの黄色も存在感あって楽しいです
みなさんも桜終わって、カメラ仕舞わないで「桜の次」を探してみてください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/06(金) 09:32:03|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニSDとアダプター。

昨日当店では初めての「マイクロSD」カードからのデジカメプリントの注文を受けました。
お恥ずかしい話かもしれませんが、初めて「マイクロSD」なるものを拝見しました。
物凄く小さくて、まるで模型のパーツのよう。
しかも書かれている容量にビックリ!512MB
凄いものがあるんですね。

携帯電話のカメラからの出力でした。
さすがに・・今のところと言った方がいいかな?
マイクロSD使用のデジタルカメラはないようです。

IMG_3287.jpg

最近多いのですがデジカメデータをミニSDにアダプターを介して使用している方。

友人に聞いたのですが、携帯電話を機種交換したらマイクロSDに変わってしまい
ミニSDが手元に余った、アダプターも付属していたのでデジカメに使ってるとのこと。
結構多い事例なのかもしれませんね。

実はこのアダプター使用のミニSDカードなんですが、
どういうわけだか店頭受付機だと画像が読み取れない事が多いのです。
デジカメで撮ったものに関してだけなのです、
携帯電話で撮ったものをミニSD~アダプターだと問題なく読み込める。
理屈上は問題ないのですが、なぜかデジカメからのミニSD~アダプターはダメ。
原因を突き止めるべく調査してるのですが、今だ不明です。

デジカメデータであんまり無理をすると画像消去事故等につながるので
あまり強引に読み込まそうともせず、店頭でCD-RWにコピーさせていただき作業しています。

やはりどこか無理があるんでしょうね。
携帯電話の画素数がどれだけ上がっても、やはりカメラとは違うと思うのです
アダプター1つ介する事で、トラブルの原因が1つ以上増えるのも事実だと思います。

ある意味デジカメだとメディアの性能が命かもしれません。
やはり記録媒体はいいものを使って欲しいと思います。
信頼のおけるメーカーのものをお使いいただきたい・・と願うばかりです。

そう!メディアも消耗品と考えておいた方がいいですよ。
ある日突然やってきます、メディアもやっぱり「機械」ですからね。


http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/05(木) 10:09:28|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年の桜。

昨日今日とずいぶん冷え込んでいますね、またお店ではストーブ焚いています。
都心周辺~埼玉南部にかけてはもう桜が散っていてます、若葉の緑が目立ってきました。
でも朝の情報番組を見ていると各地は今が見ごろといった感じなのですね
これから桜を楽しめる地域の方がちょっと羨ましかったりもします。
IMG_3188.jpg
自分自身、近年には珍しく地元の桜をそこそこ撮れた2007年でした。
いつもこの時期なんとなく外出できずに撮り逃がす事が多かったのですが
今年は多少撮れた感じです。
もう少し自分の撮った桜を振返ってみます。


以前お話した、現在愛用のデジタル一眼レフカメラ
相変わらず「モノクロモード」を楽しんでいます。

自分でも「そのうちやるんだろうな」とは思っていましたし、
「やったら不気味かも?」そんな予感もしていました。
そうなんです、桜をモノクロモードで撮るというもの。やってみましたよ。

コントラストをコントロールするフィルターが内蔵されているのですが
これをとっかえひっかえ、やってみました。
イエロー・オレンジ・レッド。
やはりレッドが一番ハイコントラスト、撮った画像をモニターで見て大笑いしちゃうくらいです。
IMG_3185.jpg

色の情報がないわけで、明暗・トーンで表現するモノクロ写真。本当に難しい。
しっかりとした構図がないと意味不明になってしまいます。

やはり「楽な」というと語弊がありますが、
表現しやすいのはコントラストが強いシーンだと思うのです。
この時も緑の低い木を手前に配し、白となって現れる桜を置いて見ました。
小道の日当たりもちょっとだけ意識して・・です。

改めて振返った時、やはりコントラストつけすぎでしたね。
もうすこし緩やかなトーンのほうがよかった感じがしています。


1枚目の写真は空の表情がステキで撮った1枚です。
すごく背の高い古木なんですよ。
ただ見上げて撮っただけだと高さがでないんです。
それで街路灯を入れ込んで高さをだしたつもりなんですが・・・
少し、出演者が多すぎのしゃべりすぎかな?

まだ・・、また・・・、課題・宿題ができました。
来年も一生懸命撮りたいものです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2007/04/04(水) 09:39:27|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメデータの保存

初期投資に多少お金がかかるものの、
フィルム・現像代というランニングコストが大幅に削減されるデジカメです。
ついついシャッター数も進みがち、これはいいことだと思います。

いまや1GBのメディアもごく普通の容量、一般的になってきました。
800万画素クラスの画質のカメラでも200~300カットは当たり前の撮影可能枚数になってきています。
こうなってくるとその整理が大変・・・
みなさんはデジカメデータの保存はどうなさっていますか?


店頭でデジカメプリントの受付をしていて意外にも多いのが
プリントが終わった時点で消去しちゃう方。
自分なんか撮った写真は自分の分身くらいに思っていますので
全コマ消去って信じられないんですよ。


最近は外付け大容量HDDも一般的になりました、こちらに保存という方も多いでしょう。
もうかれこれ2年前くらいなので、今と一概に一緒に出来ないとは思うのですが
私のカメラマン仲間で3人知っています、HDDの大クラッシュ。
2人は大そうな金額を払って専門店で復元してもらいましたが、
それでもいくつかのデータが戻らなかったそうです。
もう一人の仲間は・・・ここに書くのも憚れる悲しい結末でした。
違約金が発生して、大変だったと風の便りで聞いています。
IMG_3337.jpg


そんな事例を見ているので、自分はパソコン側には一切保存していません。
昔ながらのCD-R/DVD-Rで保存しています。
しかも一行程(内容)で1枚という大変かさばるやり方です
これが一番安心できる気がするんです、
少なくともいっせいに全コマ消滅はよっぽどのことがない限りと思っています。

感覚としてフィルム時代の現像済みネガアルバムなんです。
撮ってきたままのRAWデータはDVDに。
そして現像終ってjpgにしたものをCD-Rに
先日CD-Rの数を数えたら200枚越えていました。
ちょっとした少ない撮影やメモ代わりに撮ったものはCD-RWに追記しつつ保存しています。
できればDVDでいっぺんに保存して数を減らしたいんですが、
まだDVDからのプリントって今ひとつ普及していない部分あるんです。

CD-Rの耐久性もついこの前問題視されていましたが、
こればっかりはその時になって見ないとわかりませんよね
なんたってCD-Rに写真を保存するようになってからまだ10年しか経ってないのですから。
それでも今の時点ではCD-Rが一番いいんじゃないかな?と思っています。
確かに1GBフルに撮った時なんか700MBのCD-Rに入りきれないのですが
それでも一番安定してるし、まだまだ新型パソコンでも主流ですしね。

最近困ってるのが、初期のデジカメデータなんです。
私のパソコンはMacでスタートしました、
で・この頃は追記できるという理由でMOで保存してたんです。
仕事上どうしてもWidにしなくてはならなくて、
この時にはもうMOは主流じゃなくなっていて、ドライブも買い増ししないまま現在に至っています。
これをどうしようか?
そんな点でもCD-Rだったら当分は困らないかな?そんな思いでもおります。
ある意味ではアナログチックな、昔ながらの保存方法を一部取り入れるのもいいのかもしれません。
またココらへんの事でいいアイデア浮かんだらまた書いてみますね。


そうそう・・溜まりに溜まって収拾つかなくなった場合は
最新のものから整理していくといいそうです。
そうすると記憶の扉が開きやすいらしい・・・です。
自分もあるんですよ「あれ?こんなの撮ったんだ??いつだろう?」そんなコマがいくつも。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/03(火) 10:28:13|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメとバッテリー

昨日のブログの最後に書いたデジカメのバッテリーの事続けましょう。

もう30年も前からカメラと電池は切っても切れない関係になっています、
その昔はニコンFM-2のような機械式シャッター搭載のカメラを保険代わりに手元に置いたものでした。
さすがにデジカメだとこのような「電池がなくなっても写真が撮れるカメラ」は存在しません。
バッテリー上がったデジカメほど意味のないものはない、ただの箱です。
・・・とわかっていてもやっちゃうんですよね、バッテリー上がり。
ほとんどうっかり、出先に限って・・なのが悔しいものです。
IMG_3235.jpg


昔のカメラだと電池の消耗って体感的にわかったものでした。
ストロボのチャージが遅くなったり、フィルムの巻上げがスローになったり・・
でもカメラの電池がリチウムタイプが主流になってからこれもなくなった。
つい一枚前まで普通にシャッター切れていたのに、今まったく動かない、
完全電池切れまで一定の電圧保ってるんですよね、だから突然なくなる印象あります。
一応バッテリー消耗のサインも出ますが、あれも時たまサイン出てすぐなくなったりしたもの。

今はもう割り切ってバッテリーの予備を買うのが一番いいようです、当たり前ですけど。
それしか自衛はないのでしょうね。
充電式バッテリーだとコンセントないとチャージできませんからね。

出先でもしバッテリー残量が寂しくなったらどうするか?
デジカメで一番電池を食うのはなんといっても液晶モニターです。
こんな時、画像再生はじっと我慢。
不安はありますけど、お家に帰るまで見ない。
もっと極端に言えば撮ってすぐ画像が見えますよね、
これもオフにしちゃえば効果は絶大です。
デジカメの利点がなくなっちゃいますが、
いいシーンでシャッター切れないよりはまし、そんな考え方ですよね。
昔のフィルムカメラで現像出す感覚に戻った・・とでもしましょう。

自分はデジカメ選ぶ時の基準に乾電池(単三)駆動ができるか?もあります。
昔から何度もバッテリーで痛い目にあってるんですよね。
コンパクト機も一眼レフも単三対応にしてあります。
ほら単三ならコンビニでも駅売店でもほぼ買えるじゃないですか!

そうそう!一度コンパクト機の予備単三を使ってしまい、
急遽コンビニに駆け込んだ事があります。
でもこのコンビニはいわゆる「ヒャッキン」タイプのお店、それしかなかったんです。
これはいい事だからお店の名前出してもいいかな?「SHOP99」さんです。
ここで買った99円税込み104円の単三4本パックなんですが
ちゃんとしてるんですよ、すぐ消耗しちゃうかな?と思ったら大間違い。
次のバッテリー交換の時「あ!SHOP99の電池だったんだ」って気づくくらい
今「安かろう悪かろう」でもないんでですね。
逆に言えば単三の値段が崩れてるのかもしれませんね。

それでも予備バッテリーにかなうものはありません。
2個をうまくローテーションさせプール現象に気をつけて使っています。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/02(月) 10:09:45|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花見日和!

週半ばの天気予報がいい方向に外れましたね。
今日は絶好のお花見日和になりました、気温も暖か。
地元の桜並木も大宴会が繰り広げられることでしょう。
たくさん2007年の桜のシーンを撮ってください。

私は一応、昨日の朝・桜で今年の桜撮影は終了です、また来年。
もしかしたら1・2回桜の下でカメラ構える事もあるかもしれませんが
それはサプライズのおまけでしょう。

毎年、自分の桜の写真で「今年の一番」を決めています。
今年はこれがお気に入りです。
IMG_3258.jpg
見沼で撮った、グランド横の若木の並木です。
180mmの圧縮効果を使って並木らしさを、
そして遠くに見える芝のグリーンも近づけて、
ピンク(マゼンタ)の反対色で色のコントラストを楽しみました。
お天気がキッチリ晴れていたらもう少し鮮やかだったかもしれませんね。
天気だけはみな平等、この日しか行けない者はその天気で対応しないといけません。


うっすら、ボチボチ書いていますが趣味として鉄道写真を楽しんでします。
やはり桜撮影でも鉄道は入れ込んじゃうんです。
そちら系でお気に入りはこれです
IMG_3220.jpg

こんな風に撮りたいな・・と思った時に貨物列車が通過してくれました。
これ武蔵野線の電車だったらまた違う雰囲気になったかもしれません
貨物列車だったからよかったのかな?なんて自己満足的に思っています。


今日は午後から忙しそうです
すぐ近くに桜並木があるんですよ、大お花見宴会場のようです。
毎年ピークの日はいろんなお客様いらっしゃいます。
レンズ付きフィルムご購入、記念写真のスピード仕上げ、などなど。
圧倒的に多いのが「カメラが動かない」、これ原因の約7割が電池です。

特にデジタルカメラは専用充電式が多いです
これ出先で乾電池見たく買えないのが難点。
予備バッテリーをこんな機会にお求めになっておくと安心です。

もし出先でバッテリー残量が不安になった時どうするか?
撮った後のプレビューをオフにすると、多少持ちがよくなります。
画像再生も家に帰るまで我慢・我慢・・・。


店主はデジカメを買う時、コンパクト機は単三使用にこだわって買っています。
一眼レフも必ず乾電池用のアダプターを買って持ち歩きます。
何度もバッテリーで痛い目にあってるんですよ。
いずれこの話もやってみますね。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち
  1. 2007/04/01(日) 09:45:13|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。