店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・レンズ沼のオロカナ住人。

先日お話した「恐ろしき物欲の沼・レンズ沼」のお話、メール等でも反響いただきました。

はた・・と思い「カメラ庫」を覗いてみると
やはり・・オロカな結果が残っていました。
なんと標準ズームが3本にまで増殖してしまいました。
ボディは1台、扱う人間も1人なのに(笑)
DSCF2138.jpg
一応言い訳を・・・最初に買ったのは後列真ん中のEF35~135mmです。
これ今のボディにしたとき、つなぎで買った一本。
品川の中古屋さんで¥7350

そしてメインで使っているのがある写真家さんがプレゼントしてくれた28~80mmのLダマ、後列左です。

先日「お仕事用」と大義名分の下買った18~55mm、後列右。
ラバーフードは中古屋さんの通称「ジャン箱(ジャンク箱)」から見つけ出した¥105のマミヤ製が付いています。

単レンズはメーカー不明の28mm、M42マウント。¥5250
前列右は先の写真家さんからお借りしているコンタックスマウントのゾナー85mm


我ながらなにやってるのだろう・・・
でもこの現象「レンズ沼」の住人にはよくあること、同じレンジのレンズが集まっちゃう現象。
ひとつひとつに理由(言い訳)があるんですよ(笑)
「これはこんな時、これはあんな時」レンズの数だけあるいい訳。

それでも標準ズーム3本はよくない。
つなぎで買った35~135mmの出番がこのところ激減しています。
かと言って・・処分するには忍びない(笑)
135mmまでというのが使いやすいんですよ、ホラ始まった!言い訳
APS-CサイズCCDだと135mmっていい画角なんですよね。


こうして・・・今日も頭の中で言い訳しつつ中古カメラ屋さんの在庫情報を食い入るように見ているのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち。
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/31(木) 09:10:52|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立って・しゃがんで。

写真を撮りたいと思った瞬間、カメラを出してファインダーや液晶画面を見て構図を決める、
多くの場合その出会った瞬間の位置で構図を決定すると思います。
ごく普通の写真を撮る時の行いでしょう。

色々撮り続けていくとこの時に「縦位置か?」「横位置か?」も判断できるようになってくる→http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-65.html
今日はここからもう一歩進んでみましょう、「立って・しゃがんで」です。


記念写真でも・スナップ写真でも、しゃがんで構図した事ありますか?
いわゆるローアングルというやつです。
このローアングル、なかなか面白いですよ。絵柄がガラリと変わる時あります。
    IMG_4634.jpg
      ▲まずは立った状態で、目線の位置のアングル

    IMG_4635.jpg
      ▲しゃがんだ状態、腿の位置ぐらいになりましょうか。
      かなり違う印象になったと思います。


    IMG_4636.jpg
      ▲可能な限り低い位置にしたもの、向う脛あたりの視線でしょう
       もう完全に独特な視線、ワンちゃん・ネコちゃんの世界。


もう少し作例が楽しいものならいいのですが・・・(笑)
でもローアングル楽しいと思いませんか?
お散歩写真でも・記念写真でも試してください、いいアングル結構あるものです。

横位置を見て
縦位置を見て
しゃがんで横位置
しゃがんで縦位置
限界までしゃがんで横位置
限界までしゃがんで縦位置(笑)


先日のお休みに高円寺駅で見かけた地下鉄電車、ちょっとしかめっ面してるような面白い表情でした、普通にとってもそれは強調できない感じ。
そこで思い切ってカメラを地面(プラットホーム)に置いて撮ってみました
DSCF2125.jpg

時たまやります、地面にカメラを置いちゃう事、限界中の限界ローアングル(笑)
一応、周りを見てやりましょうね。他人に迷惑・誤解を呼びかねない位置ですので。くれぐれも・・・。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち。

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/30(水) 09:18:51|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

デジタルズームの落とし穴

先日の土日で運動会だったところもあったようです。
戸田市内でも小学校と町会運動会があの夏日の中行われたと聞きました。

運動会の撮影、難しいですね。誰しも経験あると思います。
一眼レフに切り替える大きなきっかけの一つに「お子さんの運動会を撮りたい」がTOPにあると聞いたことがあります。
どうしても望遠レンズの必要性を痛感するんですよね。


昨年秋の運動会シーズンの時でした。
デジカメで撮った運動会の写真を見てやや不満げに質問を投げかけてきたお客様がいらっしゃいました。
「望遠にすると写真がガシャガシャ、なぜ?」
その該当の写真を拝見、答えはすぐにわかりました。

「デジタルズーム」を使っていたからです。

最近のコンパクト機には必ず付いているようです、デジタルズーム。
ズームには2種類あります、光学ズームとデジタルズーム

光学ズームはレンズ(ガラス)の組み合わせ距離を変えて焦点距離を変えるシステム。

デジタルズームは一つの画像の一部分を拡大して周りをトリミングしてズームと同じ効果のように見せるもの。
DSCF2136.jpg
▲400万画素カメラで撮ったお店の前のツツジ
光学ズーム最大で撮ったもの、説明書によると35mm換算105mm相当、三脚使用。
光学ズームなら手ブレさえしなければ描写に破綻はないものです。

DSCF2137.jpg
▲デジタルズーム最大で撮ったもの。35mm換算378mm(!)相当にもなります。
結果は一目瞭然、三脚使用でピントもブレも抑えてこの結果。



そうなんです、デジタルズームって画質が大荒れになるものなのです。
これはどんな高級タイプ・高画質タイプを使ってもなってしまうものなのです。

デジカメ教室の時みなさんにこのデジタルズームはOFFにしてもらっています。
どのカメラにもデジタルズーム作動禁止の項目が付いています。
それだけリスキーなものと考えてください。

ではどんな時に使うか?
自分の考えでは使うときないと思っています、極論ですが一般的には使い道が無い。
わかっていて使う、画質が大劣化してもいいという自己責任の機能でしょう。


ただ・・・この大劣化を利用して作品をお作りになった写真家さんを知っています。
この時はデジタルズームと最高感度ISO1600にしてガシャガシャさを増して、夕陽にギラリと光る貨物列車を白黒モードで撮っていました。
すごく印象的な一枚でした、それでも連発するものではないと思いました。
300枚の「作品」の中で1枚あると光るもの、そんなインパクト強い作風。
お散歩写真などで煮詰まる事ってあるんですね、ワンパターンのような気がしたり
何枚撮ってもお気に入りが出来てこない様な時
こんな時の荒治療にはいいのかもしれません。


でも・・・運動会なんかのわが子の写真はやっぱり綺麗に撮って残したいですものね。
ちょっとご注意ください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち。

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/29(火) 08:57:10|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レンズを1本買いました。

昨日お話したオロカなレンズ沼の住人ですが、舌の根も乾かぬうちにとはこういう事なのでしょう、
レンズを一本買ってしまいました。

キャノンEOSデジタル用、18mmF3.5を買ったら55mmF5.6が付いてきました・・。
なんのこっちゃ?ですよね、
買ったのはEF-S18~55mmF3.5-5.6という一番安いズームレンズ、
もちろん(偉そうに言う事でもありませんが)中古です。

先日の出張撮影の時どうしても28mm相当の画角が必要なシーンに直面したのです。
手元にあるレンズは広角側が28mmまで、EOS-30Dの2/3CCDですと
1.6倍に周りがカットされてしまうのです。
今までなんとか引いて乗り切ってきたのですが、今回はちょっとヤバかった。
ギリギリ乗り切った、乗り切れた・・・。

単レンズでこの画角を探したのですが、なかなか無くてあってもとても高価
減価償却に何年もかかってしまうようなシロモノばかり。

実は同じ写真関係の仕事をやられてる友人がいるんですね。
彼がこのレンズでバリバリ仕事をしている、これがどれも破綻無くしっかりした描写だったのです、
これならいけるんじゃないか?勝算あり!だったのです。
IMG_4522.jpg
▲18mm側(換算28mm相当)だと面白いぐらいに樽型描写。
 これはどれくらい曲がるかをテストするためにちょっと意地悪な構図にしてみました。
 被写体によっては要注意ですね、ピントはもちろん問題なし。
 現代設計のレンズはここら辺の不安はありません、むしろ手ブレ等が容赦なく現れます


IMG_4524.jpg
▲55mm側(換算約85mm相当)はF5.6とあり破綻のない無難な描写です
 ネックは開放値がF5.6ということ、正直厳しいです。



このレンズは18mm専用で使おうと思っています。
やはりテレ側F5.6はチト厳しいです、ISO感度はなるだけあげたくないですしね。
ズームリングをビニールテープで18mm固定しちゃおうと思っています(笑)

でもやっぱり・・・広角って大好きなんですよ。
街散策・お散歩写真ではなくてはならない画角なのです。
     IMG_4508.jpg


     IMG_4510.jpg


いい相棒になると思います、短所を把握すればそれを武器にできる・・と思います。
なんたって軽さがいい、はやく散歩に連れて行きたい一本です。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/28(月) 09:03:29|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐ろしき「レンズ沼」の恐怖。

夏のボーナスシーズンに向かってカメラ業界も活発になってきたようです。
週末の新聞に入る家電量販店などの折り込み広告を見ていて、
デジタル一眼レフもレンズセットで10万円を切る価格もチラホラ出ているようです。
いよいよデジタル一眼レフも一般的になってきたのかもしれません、
もうなっている・・・と言った方が正しいのかな。

当たり前の事ですが一眼レフはボディだけでは動きません。
セット販売が主流ですが、本体とは別にレンズも買わないとならないもの。
このレンズの選択が難しくもアリ・楽しくもアリなのです。

最初は何がいいのでしょうか?
フィルム一眼レフカメラを今までお使いになっていたのなら、
そのまま同じメーカーを選べば、マウントは同じですので
焦点距離の制約はあるものの、一応そのまま使えます。
自分もそうでした、それがなければデジタル化はもっと遅れていたかもしれません。

ではまったくこのようなバックボーンがない場合はどうしたらいいか?
やっぱりセットで売っているものを一緒にお買い求めになられた方が無難だと思っています。
IMG_4473-1.jpg
▲キャノンEF28~80mmF2.8-4L
 このレンズはある写真家さんが自分にプレゼントしてくれたもの
 「ようこそEOSオーナーへ」と言って・・・
 実はAFがちょっと不調、壊れていると言うレベルではなく
 ピントモーターが作動中異音を発する、でも写りには関係ない。
 平成元年頃のモデル、いわゆる鉛規制前の設計、本当に描写力は抜群
 妙にカリカリじゃない所が大好きです。



世に言う「レンズ沼」という恐ろしい沼があると言われています。
一眼レフを愛用するようになると、どうしてもレンズが欲しくなる
「物欲の沼」です、これは底なし沼とも言われている、恐ろしい沼。
最新型レンズの沼、焦点距離の沼、古いレンズの沼、色々あるようです。
カク言う私もすっかりそんな沼にどっぷり浸かっています、中古レンズの沼。
この十年、レンズは全部中古で買いました。新品を最後に買ったのはいつだろう?
思い出せません。
なんといってもコストパフォーマンスです、一度利用すると止められないもの。
目は肥えてる方だと自分では思っています、
数多く辛酸を舐めて・高~い授業料をお支払いして、ようやっと外れなく
欲しいレンズを手に入れられるようになってきました。
IMG_4528.jpg
▲このブログでおなじみ、ソ連製タイール133mmF2.8
 圧倒的なボケ味の虜になっています、抜群の立体感。
 これもある写真家さんからの借り物、「カビ生えちゃいそうだから使ってて」
 絞り羽根が20枚構成、どこまで絞っても「○」
 前ダマすぐ後ろに絞り羽根があるタイプ、絞り羽根の位置でボケ味は大きく変わるのです



こんな沼にはどうかハマらないで下さい、身のためです。
初めての一眼レフ、最初のレンズを使い倒してから・どうしても不満が出てきたら
この沼をチラリと横目で見つつ・近寄りすぎずに、視野に入れてください。
もちろん!新品で買えればそれに越した事はないのです
辛酸を舐めるのは、私のようなオロカなものだけで十分だと思います。

最新式のレンズ、どれも破綻なく作られていますよ。
ダメ出しをする前にもっともっと使い込んでください。

ちょっと耳の痛いお話を・・・
デジタル一眼レフをお使いの愛好家の方がレンズのダメ出しするとき
その半分近くが使用方法がよくない場合あるものです。
「描写が甘い」「ピントがカッチリこない」なんておっしゃるので
ピクセル等倍で拝見させていただいたら、全部手ブレでした。

でもね・・・本当はこれが一番楽しいんですよ
「あのレンズ欲しいなぁ」「こんどはこのレンジの焦点距離手に入れよう」
一眼レフの極めて健全な楽しみ方の一つなんですよね。
物欲は永遠なのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/27(日) 08:47:31|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「WITH Music Company」さんとデジタルカメラ

昨日このブログでお話した「WITH Music Company」さんとの事をもう少し続けさせてください。

かれこれ6年近いお付き合いになります。
メンバーの一人・マリンバ担当の方が自分の同窓生、
このご縁で関わるようになりました。

一番最初に依頼を受けた時、納品の方法に条件がありました。
「HPに画像を載せたいのでそれに対応してほしい」とのこと。

当時はまだフィルムがメインの頃、
デジタルカメラもようやっと150万画素時代に突入した時期。
一般的な・普通に買えるデジカメが32万画素だったと言えばわかりやすかもしれません。
そう、まだ仕事レベル・なおかつカメラの減価償却を考えるとデジタル一眼には我々サイドでも使えなかった時代だったのです。
IMG_4435.jpg
▲斉藤さんが教えてくれた謎の広告看板。なんて書いてあるかわかりますか?
 ローマ字表記の小文字が「っ」なんです 「ちっとんべー よって みんべーか」
飯能銀座商店街の看板、飯能の方言だそうです。本当に意味がわからなかった・・・。



フィルムメインの頃、このHP対応にするにはどうするか?
「ネガ~CD-R書き込みサービス」を最大限利用したものでした。
これならCD-Rからも最悪焼増しできますし、もちろんネガが手元にあるから通常の焼増しもできる。
リサイズするソフトさえあれば、HPにも載せられる。
ただ・・コスト高になる感は否めなかったものです。

3年目ぐらいからは徐々に我々サイドもデジタル武装ができ始めた、
仕事としてデジタルカメラが必要になってきた時代です。
最初に投入したデジタルカメラは「ニコン・クールピックス5700」って言ったかな?
レンズ一体型の一眼レフタイプ、シャッタータイムラグに泣かされたものでした。
IMG_4452.jpg
▲日高・飯能周辺といえば「狭山茶」、関東有数のお茶処でもあります。
 散策中に見つけたお茶畑は眩しいくらいの若葉の黄緑。
 ここらへんで売っているペットボトルのお茶も地元で買うものより格段にいい香りしています。
 タイール133mmというソ連製(ロシア製ではなく)のレンズで開放撮影
 昨今のデジタル用レンズとは一味違うやわらかい描写が気に入っています。


その後自分で買った初代デジタル一眼レフ「ニコンD-70」で撮り続け、
昨年からは現在の愛機「キャノンEOS-30D」となっています。
「WITH Music Company」さんとのお付き合いは自分の「デジタル史」でもあるのです。

たくさん試行錯誤しました・・・
撮影ピクセル数の事、ホワイトバランスの事、
なにより「どう撮れば喜んでもらえるか?」
悩んだ数だけ成長・経験値を増やす事ができた・・と言えるかもしれません。


昨日も書きましたが「WITH Music Company」の演奏曲は本当に幅広いのです。
「引き出しの多さ」って言うのかな、物凄くあるんですね。
毎年お会いするたびに「お!」っていう驚きというか、
「やるなぁ~」なんて曲が何曲か入ってるんです。
すごく流行に敏感、広く広げたアンテナの感度のよさは刺激になります。

自分の写真に対する考え方と一緒にしてはいけないかもしれませんが、
この流行の見方や守りの姿勢だけじゃない新たな試みへのチャレンジ精神、
なんとも言えない刺激をもらえるんです。
やっぱり「定番」ってあるじゃないですか、「これさえやっておけば」というもの。
写真もそうなんです、「ココだけしっかりやれば」あるんです。
「定番」をしっかり守りつつ、なおかつ新しいものをドンドン取り入れる
「WITH Music Company」さんの姿勢はいつも見習わないと。思うことです。


でも・・・本当に・・・なによりも一番驚く事は、
最初会った時小学生だった生徒さんが高校生になっていた事。
そりゃ・・そうです、初めて行った時は自分もまだ30代でしたから。


WITH Music Company、演奏のご依頼は

斉藤音楽教室 電話042-985-0379   です。


http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/26(土) 09:01:16|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

斉藤音楽教室さまの事。

昨日はお休みをいただき、先日の出張撮影の納品をしてきました。

今回のご依頼のお客様は埼玉県日高市の斉藤音楽教室さま。
なぜ戸田市の写真屋が日高市のお客様と?なのですが、
斉藤様の妹さんが学生時代の同窓生なんです、サークルつながり。
このご縁から今回のお仕事をさせていただきました。

出張撮影当日の日記にも書きましたが、
斉藤様を中心とした音楽ユニットがあるのです「WITH Music Company」
音楽教室の先生方がメンバー、ピアノ・フルート・ドラム・マリンバの先生方。
先生方です、内容は間違いありません、いつも役得でステキな演奏聞かせていただいています。
IMG_4273.jpg
▲納品終わったあとにまた高麗川~飯能辺りを散歩、以前も書きましたがいい所です。散歩にはうってつけ。


この「WITH Music Company」とはかれこれ5年以上のお付き合いさせていただいています。
専属カメラマン状態(笑)、撮影に行くと最初に「スタッフ証」を首から下げさせられます。
撮影の合間に裏方仕事お手伝いする事もしばしば、
それでいいと思っています、撮影される側との距離が縮められる、これ大事な事なのです。
IMG_4293.jpg
▲飯能駅周辺には古い建物が数多く点在。どれも赴きある重厚な造り、これは床屋さんの屋根。宿場町だったそうです。

「WITH Music Company」の演奏する曲目は本当に幅広い、
クラシック・歌謡曲(古い言い方ですね)・アニメソング、何でもあり。
近隣・関東一円でしたら出張演奏してくれるそうです。
介護施設等での演奏会も数多く手がけている実績がおありです。
ちょっとした集まりやイベントなどで演奏が必要でしたらお気軽にお声をおかけ下さいとのことです。


詳しくは

斉藤音楽教室 電話042-985-0379

『「写真屋・カラーのいちのせ」からの紹介です』と言っていただければ話は早く進むと思います(笑)

斉藤音楽教室さんはピアノだけでなく各種楽器・音楽を楽しむ事を教えてくれています。
その象徴が毎年恒例の定例会「クリスマスコンサート」
HPの方にもこの時の様子を作例として使わせていただいています
http://ichinosephoto.com/visiting.html
いつも思うのですが、本当に格式ばってなく目線を我々のところまで降ろしてくれるユニットです、フレンドリーで楽しい演奏。
斉藤音楽教室のの生徒さんも多数参加、彼らもいつも緊張感イッパイながら楽しそうです。
「いい教室なんだな」とお世辞抜きで思います。

この「WITH Music Company」さんとのことはもう少し書きたいことがあります
次回に続けさせてください。
http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/25(金) 10:30:33|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「記憶色」と「記録色」

先日のピアノ発表会の後処理が一段落しました。
RAWデータからの現像、なんだか物凄く苦戦してしまいました。

真黄色の光源でした、パッと会場に入ってステージを見て黄色、
当然写した写真も黄色い光に包まれています、正しい色が出ていることになります。
でも実際写真にすると不自然な黄色の印象なのです。

このステージをしばらく見ていると黄色い光線が脳の中で相殺される、
黄色い光線の中でも人間は白いものは白と認識できる、でもカメラはそれが出来ない。
「記憶色」と「記録色」のギャップです。
これの折り合いをつけるのに大苦戦でした。

ただ単に黄色を補正すればいい・・というものでもないのです。
黄色を徹底的に引けば不自然なレッドが顔を出してきますし、
肌の色合いも物凄く不自然。


当日の写真はここでは出せませんので似たような例を
先日のお休みの日の散歩写真から。
DSCF0078.jpg
東急多摩川線の多摩川駅、地下ホームでした。
当然蛍光灯が付いているのですが、オートホワイトバランスでそのまま撮ったのがこれです。

これはこれで印象的には間違っていないと思います。
ただ・・やっぱり黄色い印象。
そこでフォトショップの「自動カラー補正」を入れたのがこれDSCF0078-1.jpg
記憶としてはこちらの方が正しいと思います。
これだけ蛍光灯の黄色系の光線の中でも、
自分の中では銀色は銀色・赤い帯は赤色と認識されているものです。

どちらが正しいのか?答えは不明です、撮影者がどちらで見せたいか?だと思うのです。

今回悩んじゃったのがこの折り合いなのです。
お若い演奏者たちの肌色はもっともっとデリケートな色合いです、
ステンレスの電車とは訳が違う。大いに悩みました。

「記憶色」と「記録色」これからも大いに悩まされそう・・・です。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/23(水) 09:05:53|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真の保存。

さて5月も後半に突入、一番いい季節なのですが間もなく入梅という事実もあります。
「梅雨は日本の季節のひとつ」と思っています。
ジメジメ湿気の季節がやってきます。
当店では写真の復元・修繕http://ichinosephoto.com/old_photographs.html商品メニューがあります。
いろんなケースをご相談いただくのですが、
案外多いのがアルバム保存していて変色してしまった・というもの。
これを防ぐ方法はないの?と質問いただきました。
DSCF0033.jpg
まずは・・写真プリントの苦手なモノご存知ですか?
湿気紫外線です。
紫外線は太陽光線だけではありません、蛍光灯も極めて微量ながら含まれるようです。
太陽当たらない屋内で飾ってあった写真が色あせていくのは誰しもご経験あるかと思います。
写真の色素がどんどん壊れていくのが紫外線の影響です。

湿気でやられるのはどういうことか?
黄ばみです、「セピア色の写真」なんて言いますね。
最初からセピア色に仕上げてあるならいいでしょうけど、やはり普通は避けたい。

先に出たアルバム保存での痛みはこの湿気の影響でした。
アルバム保管してある棚の湿度・空気が入れ替わらないのが原因と思われます。
これを防ぐにはどうするか?
アルバムを見ることです。
ページをめくり空気を入替えてあげるのが一番効果的です。

これは現像済みのフィルムも同じです。
自分は趣味のブログで古いネガを使って展開しているのですが
やはり30年も前のネガは傷んでいました。
面白い事にこのブログを始めて古いネガを引っ張り出すようになってからは
ネガの劣化が止まりました、現状維持になっています。

フィルムも写真アルバムも痛めないためには時たま見ることです。
ホラよく言うじゃないですか、
「使っていない機械は壊れる」「人の住んでいない家は傷む」これと一緒です。
そうですね、3ヶ月に一回は空気の入替えがてら見るといいでしょう。
1週間に1冊アルバムを見る、なんていうのもいいかもしれません。

そうそう!カメラもそうです、使わないで置いておくと壊れます。
たまにカラシャッターでいいですから切るだけでも違うようです。

カラリと乾燥したこの時期に、アルバム・ネガフィルム・カメラを見てあげてください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/22(火) 10:03:42|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ステキな街・飯能

行ってきました、出張撮影。
ピアノ教室の発表会です。
小学2年生から中学3年生まで、みんな緊張感でパリパリ・・・
とても新鮮に見えました、自分が忘れかけている何かを見せていただいた感じです。
撮影する側も緊張感につつまれ、シャッター切ってきました。
このあとRAW現像に入ります、完全ミックス光源。難しかったです。
IMG_4271.jpg
場所は埼玉県飯能市市民会館。
ツーディウォークなる徒歩散策イベントの最終日でもあったようです。
この飯能という街、とてもいいところです。
行きは市民会館まで送ってもらいましたが、帰りは駅まで歩いてみました。
実は・・行きの車窓を見て「帰りは歩きたい」密かに思ってました。

「お散歩」しがいのある街です。
駅から10分も歩けばもう山の裾のっていう感じ、緑濃いところなのです
        IMG_4270.jpg


市民会館はそんな山への入り口にあり、帰り道は徐々に街になって行くのですが
この街並も面白い、宿場町だったとのこと
点々とですが古い家が残っています、どれも趣がありすぎ
IMG_4288.jpg

ここへはラフな汚れてもいいような格好でもう一度来たいですね。
スーツじゃ地べたに座り込んで撮れない・・・ですから。
スーツでも寝転がって撮らなきゃ?
勘弁してください、出張用スーツ一着しか持ってないんですから・・・。

いいところです、是非散策してみたください。
http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/21(月) 09:37:46|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出張に行ってきます

今日5月20日は誠に勝手ながら出張撮影のため休業させていただきます。
DSCF2115.jpg


ピアノ教室の発表会です。
生徒さんは学生さん中心と聞いています。
またフルート教室・マリンバ教室・ドラム教室・ピアノ教室のそれぞれの先生方のユニットの特別演奏もあるとのこと。
緊張感あるお仕事で今チョッピリナーバスなのですが、
役得としてステキな演奏を拝聴させてもらえそうです。

それでは行ってきます。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/20(日) 06:51:02|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ストロボOFFで

メールで頂いた質問を続けたいと思います。

「ストロボのモード、なんとなくわからない」というもの。
これ前々からお客様からも質問を受けています。

デジカメ教室でも店頭でも「これだけは絶対に覚えて」といものがいくつかあります。
その一つが「フォーカスロック」
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-47.html
もう一つが「ストロボの強制発光と発光禁止」です。
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-30.html
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-48.html

強制発光に関しては以前書きましたので、今日は発光禁止のことを。

どんな場合に発光禁止にするか?だと思うのです、わかりづらいのは。
大まかに言えば「その場の雰囲気をいかす」
        DSCF2108.jpg
こんな感じが手っ取り早くわかりやすい作例でしょうか。
もちろん記念写真としてストロボ発光したカットも撮ってあります。
当然シャッタースピードは遅くなります、この時はストラップを口にくわえてピーンと引っ張り
なおかつテーブルにヒジを着いて、ブレ内容に細心の注意をはらって撮りました。

もうひとつはこんなシーンでしょうか
DSCF1907.jpg
夜景ものです、この場合メインの被写体が近いですからストロボ焚いたら雰囲気ぶち壊し
被写体が遠い場合もストロボ焚いちゃうと足元2mくらいまでに光が当たって
それ以遠のものは露出不足になってしまうものです。

夜景シーンでよく質問されるのが「夜空が黒くならない」というもの。
イルミネーションなんかで空がしっかり黒く落ちてると引き締まって見えます。
これにはコツがあります、わりかし簡単な事。

カメラのフォーカスセンサーありますよね、
どんなカメラでも液晶・ファインダー中央に[+]なんてマークがあるはずです。
このセンサーを一番明るい部分に合わせます。

カメラの露出の計り方はたいていこのセンサー部分を重点的に計るのです。
ピント合わせたいものというカメラマンの意志をカメラが察する。
ピント合わせたいものが適正露出になればいいのだな、とカメラは考えるもの。

一番明るい所で計れば、連動してそれより暗い部分は露出不足になる
結果として夜空が黒く締まるのです。
一番明るい所を計ると案外シャッタースピードも確保されるものです。
2枚目の時もストラップ口にくわえて撮りました。http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-8.html

ストロボ発光禁止は全てブレ防止がポイントになります。
どんな事をしてでもブレを防止してください。

もう一つ、ストロボモードの「夜景強制発光」
これは三脚等の使用が大前提です、なきゃ使えないものと思ってください。
これはシャッタースピードを遅くしつつ、ストロボを焚くモード。
イルミネーションをバックにした人物入れ込んだ記念写真モードと言えばわかりやすいかな。
これは手持ちではまず無理な設定のようです、三脚等でしっかり固定してください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/19(土) 09:43:19|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨日はお休みをいただきました。

昨日は定休日、久々一日フルに使える休日になりました。

例によってカメラを持ち出しアチコチ好きな電車を撮りながらふらついたのですが
昨日は本当にまいりました、お天気もハチャメチャでしたし、
京浜東北線の事故の影響で身動き取れなくなりました。

影響の少ない路線をちょっと散策、選んだ・・というか
ここに逃げ込むしかなかった、東急多摩川線を歩いてきました。
DSCF0006.jpg
実は今度の日曜日に出張撮影が入っています。
メインのカメラになにかあっては大変です、留守番させました。
持って歩いたのはもう5年も前のレンズ一体型一眼レフ「フジ・ファインピックスS-602」というカメラ。
画素数的には300万画素なのですが、独自のCCDで600万画素相当になるという
レンズ一体型創成期のカメラです、普段は証明写真撮影に大活躍しているカメラです。

いつものカメラとは何もかもが違うフィーリング
最初の15カットぐらいまでは思うように扱えずややストレス。
午後になってようやっと相棒になれた感じです。


雨の上がった時間に多摩川線・下丸子~蒲田間をポクポク歩いてきました。
ちょっと古めのステンレス電車を趣味的に撮りながら蒲田へ。
       DSCF0026.jpg
蒲田駅周辺は面白いです!
元気な商店街、なんといっても飲食店がメチャメチャ多い。
どこも美味しそうでした、夜に散策するともっと活気あるんじゃないでしょうか?

追々この日撮ったものをお見せしたいと思います。
天気悪かったけど楽しめた一日、これまたリフレッシュできました。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/18(金) 10:03:34|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三脚。

       9n15bFS0.jpg
メールで寄せられた質問にお答えしていこうと思います。
今日は「三脚って必要?どんな時使う?」というものです。

色々写真のことをこうして文章として展開していて気が付いた事がいくつかあります。
その一つに写真屋の常識が一般の常識ではないということ。
これどこの世界・お仕事でもあると思います、専門的になればより強いかと。

父も写真屋です、自分は2代目になります。
子供の頃からフィルム・カメラ・その他機材がかなり身近にありました。
三脚もそうです、さすがに居間にはありませんでしたが店のちょっとしたところにはゴシャゴシャ置いてありました、日常の光景です。
DSC_9559.jpg
ですから「三脚は家にあるもの」という非常識が自分の中にあったりするのも正直な所です。

三脚は必要か?という問に対して、お答えすると・・・。
まずは覚悟が必要となります。
この先この趣味を長くやっていくという意志・覚悟。
その覚悟があって次の覚悟は「持って歩く」覚悟。

「軽い三脚は意味がない」父はそう言っています。
これ確かにそうなんですよ、カメラを取り付けて風で揺れるようじゃ意味がない。
重たいものです、最近はカーボン製で軽量で安定しているものも出ていますが、とても高価なもの。
そして軽量化されたとはいえやはり重たいものには違いありません。
重たければいい、これはなんとなく正しいこと。
一眼レフともなればボディ+レンズと同等以上の重さが必要です。

やはりいろんな意味で「覚悟」が必要な周辺機材と言えます。


もし・・その覚悟がおありでしたら是非手に入れたいアイテムでもあります。
そう、グッと表現を広げられるアイテムです。

最近のカメラの撮影モードにある絵文字、この中に必ずと言ってイイほど存在しているのが「夜景モード」。
これは取説を見ると「三脚使用が前提です」と明記されています。
DSC_9522.jpg
年末の恒例行事イルミネーションも盛んですよね、
これをキッチリ撮るとなるとやはり三脚がどうしても必要です。

夜景ばかりではありません、風景や建物の撮影でパンフォーカス(絞り込んで・シャッター速度を落としピントの合っている範囲を全面にする)で撮りたい時なども必要となりますし
DSC_4860.jpg


望遠レンズを使った時も三脚は必需品となりますDSC_8517.jpg
作例が鉄道ばかりですいません(笑)

「覚悟」が決まったら1本揃えていいと思います。
あくまでも自己責任の「覚悟」です
買って居間の飾り物にしてはいけません、持ち歩くのもやはり「覚悟」なんですよね。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/16(水) 08:58:20|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

縦と横

自分が写真をちゃんと学ぼうと思った時、何冊か入門書を買いあさりました。
写真学校には行きませんでした、父が先生。あとは独学です。
月刊誌も毎月買い、「初心者のための・・」なんていうコーナーを貪り読んだものでした。

この時読んだものでいくつか今でも印象深く残っている記述があります。
一番印象深く残っているのが構図の事
「横位置で撮ったら縦位置でも撮っておけ」というもの。
DSCF0794.jpg
人間の目は横に2つ並んでいる、イメージとして横位置はつかみやすいもの。
ついつい横位置ばかりの写真になってしまう・・・そんなことも書いてありました。

横位置=見た目のイメージ、自然体、広がり
縦位置=高さの表現、奥行きの表現、強調したい被写体

よく言われる縦位置・横位置の表現方法です。

お散歩写真なんかはとくにそうなのですが、縦位置・横位置へのジャッジって
出合ったとき一瞬のイメージだと思うのです。
パッと見て自然にカメラが縦位置になるもの。
それでいいと思いますし、それが正解だと思います。

そこで冒頭に書いた「縦も撮っておけ」なのですが、やっぱりこれも正解。
     DSCF0792.jpg
1枚目と同じシーンを縦と横で撮ったものです。
この時物凄く迷ったんですよ、どっちが正解?って。
まったく違うストーリーになったと思いませんか?縦と横の違いだけで。
今でもどちらが正解かはわかりません、それじゃいけないのかもしれませんが
どちらもこの時見せたかったものを、それぞれ見せれてると感じています。

縦位置という表現、これ絵画と写真だけの表現だと思っています。
ムービーや立体物には縦横の表現なんてないですしね。
写真という芸術表現の一つの武器だと思っています。

「横を撮ったら縦も撮る」先人・先輩の言葉は正しい・お宝です。
記念写真の時もやってみてください、縦で撮ったら横も撮る。
実際シッター切らないまでも、一回は縦位置でもアングルを見てください。
案外最初のイメージよりいい時があるものですよ。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/15(火) 09:31:07|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「記念写真達人」への道

こんなブログでも多少お役にたてるのだ・・と思っています。
コメントやメールをいくつかいただいています。
お礼の言葉だったりすると本当に嬉しくて、やってよかったと心から思います。

お店の問い合わせフォームからメールでの質問をいただきました。

「記念写真を撮る時は特別こだわる背景がない時は
 画面に対してどの位の範囲で人の大きさを設定したら見栄えがいいのか」

なかなか難しい質問です。模範解答があるような・ないような。
それではいけません、自分がいつも気にしている記念写真の撮り方をお話したいと思います。
まずはこの写真を
DSCF2092.jpg
バックの木々が「桜」や「紅葉」だと思ってください(笑)
ちょっとステキな背景があったとします。

よくこんな感じで撮りますよね、とりあえずその前に立って一枚。

でも顔が小さくなっちゃう、表情がわかりませんよね。
自分はいつもこんな風に撮るのです。
DSCF2094.jpg
人物を前に持ってきちゃうんです。
撮っている場所は変わりません、前に出てきてもらいました。
こうすればお顔も大きくてその時の表情もわかりますよね。

自分の考え方として、記念写真はお顔がはっきり見せたい・大きく写したいと思っています。
もちろんケースバイケースですけど。

「重要なバック(背景)の情報が少なくなるじゃない」かもしれません。
自分はその場所や状況が「ちょっとわかればいい」と思っています。
背景の情報をキッチリ記録させたい時はそれだけを撮ればいいと考えています。

この時必要なテクニックとしてフォーカスロックを使いますhttp://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-47.html
DSC_0748.jpg

DSCF0843.jpg

永遠のワンパターンですね(笑)
ちょっと極端な言い方ですが、「お顔は大きければ大きいほどいい」と思っています。
もちろん全体のバランスはとりますけどね。
参考になったかな?

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/14(月) 09:43:09|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カメラの手入れ

先日の関東地方、とても風が強い日がありましたね。
お店の中も砂埃がたくさん、ず~っと掃除をしていました。

この砂塵舞うような強い風の時、カメラも同じように砂埃にまみれるものです。
やはり精密機械、いいことはないのです。
IMG_4032.jpg
あの日お外にカメラを持っていった方はしっかりケアして欲しいと思います。


デジタル・フィルム問わず最近のコンパクト機ってレンズキャップ一体型のものが多い
スイッチオンでカバーが開くタイプ。これ埃に弱いものです。

初期のものは凹型のガイドレールに凸型のカバーが作動していました。
この凹型のガイドレールに異物がまぎれると開かなくなる。

でも最近はガイドレールを使わないタイプが増えました
メーカーもこのタイプの弱点を認識したのでしょう。

それでも時たまお客様が
「半分レンズカバーが開かないです・・」
とお持込になります
IMG_4035.jpg
こんな時はどうするか?
ブロアーブラシご存知ですか?
拳ぐらいのゴム製。握ると空気が「ブワっ」と出るヤツです。
これでひたすら吹き続ける・・これしかないのです。

これで解決する時もありますが、ダメな時もあります。
電気的・機械的に壊れている場合。
これはもうメーカー修理にまわすしかありません。
最近のカメラは店頭で調整・修理できる部分って一切ないものです。


カメラのお手入れ、基本はこのブロアーで吹く事です。
レンズもボディもまずは吹いて埃を飛ばします、徹底的にやってください。

ボディに関してはブロアで吹いたあと「高性能メガネ拭き」で軽く拭くといいでしょう。
この「高性能メガネ拭き」、従来の黄色い「シリコンクロス」より糸くずが出ないので安心して使えます。

問題はレンズの手入れでしょう。
ここもまずはブロアで吹く、ゴミを飛ばします。
で!目で見て油ヨゴレ(指紋等)がなければ拭かないで下さい。

よくあるじゃないですか、綺麗だけど愛着のあまり拭いちゃうって。
高級ゴルフクラブやお宝の壷・貴金属のノリです(笑)

もし指紋などの汚れが付いていたらどうするか?
ブロアで徹底的に吹いたあと「レンズクリーニングペーパー」を2・3枚使って力いれずにす~っと拭いて下さい。
目で見て落ちていればOKです。

もちろん「力をこめてゴシゴシ」なんてもってのほかです。
薬品の使用ですが、専用の「レンズクリーナー」以外は使わない方が無難です。

ブロアーブラシがない方多いでしょう。
これ一個買っておくといいですよ、そんなに高いものではありません。
もしこの先一眼レフに進展する可能性がある方は必需品になります。
メディア等のお買い物の時1つ購入しておくことをお奨めします。
そう!ブロアの先にプラスチックの筒が付いていて豚の毛かなんかのブラシが付いてるやつありますよね。
これはいりません、この毛のブラシがかえってゴミを付着させたり、油汚れを乗せるようなイタズラするときがあります。
この毛のブラシそのものが汚れちゃうことが多いのです。


どうしても落ちない場合は写真屋に相談してみてください。
軽いものならプリント注文と一緒に頼めば・・・たいてい・・・無料でやってくれるものです(笑)

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/13(日) 09:56:29|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「母の日」写真。

明日は母の日ですね。
子供が幼稚園の頃はこの手の行事がしっかりイベントとしてあったので
忘れる事はなかったのですが、小学校に上がってからは
TVの情報番組などで気が付く始末だったりしています。

母の日、なにしてあげますか?
最近はカーネーションとなにかプレゼント添える雰囲気になってきていますね。
写真屋として何か提案できないか?と考えれば・・・・答えはひとつ。

写真撮りましょうよ。記念写真。

もちろん写真館での撮影もいいと思います。
今、写真館は周辺機器の変化で意外なほど低価格でも対応できるようになりました。
当店でも予算を言って頂ければ出来るだけ対応するようにしています。
お気軽にお声をかけてください。
DSC_0745.jpg
写真館に行くのはちょっと大げさだよ、正直な所でしょう。
何でもいいと思います、記念の写真なんですから。
お母さんが一番喜ぶ人や内容で撮ってあげればいいと思います。


結婚して、そして子供がうまれると「母」は2つの意味をもつと思います。

独身・子供の頃からの「母」、自分のお母さん。

そして子供がいれば妻は、子供からしてみればお母さん。



自分のお母さんにしてみれば孫と撮る写真はことのほか嬉しいようです。
もしかしたら自分の子供(あなたです)、今の子供と撮りたいと希望すれば一緒に撮りましょう。

子供たちの母でもある妻も子供たちと撮る写真はまた別格だと思うのです。


どうか、お母さんの喜ぶ写真を撮ってあげてください。
そしてそのシーンを毎年毎年積み重ねてみてください、
本当の意味での「記念写真」になると思います。
DSC_0706.jpg

妻と子供たちの写真はなんてことないと思います。
でもオトコって母親に接する、特にこんなイベントっぽいものだと妙に照れくさいものですよね、
あれ?これ自分だけかな・・・
年に一回ですからここはちょっと頑張りましょう(笑)
なんでもかんでも「母の日だから」で済ましちゃうのです。
照れくさいな・・と感じたらすぐ口に出す「母の日だから」
これで行きましょう。

撮った写真はどうプレゼントするか?
これは大きすぎず・小さすぎずの大きさが喜ばれるようです。
ズバリ2L(カビネ)サイズ。これをフレームに入れて送ってみてください。
喜ばれますよ、このサイズが一番飾りやすいのです。
フレームも出来るだけシンプルな方がいいです、写真が引き立ちます。

お近くの写真屋を上手に使ってください、撮ったその日にプレゼントできますよ。
ステキな母の日にしてください。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/12(土) 09:56:42|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もう一度、データの保存。

連日GWのプリントのご注文をいただいております。

最近の傾向としてデジカメとフィルムを同時にお使いになられてる方が多いです。
どういう使い分けをなさっているかわからないのですが、
フィルムの安心感もあるようですし、
写真はネガからが一番とおっしゃるベテランさんもいらっしゃいます。
手に持って見る「写真」という部分にこだわれば、
ネガフィルムからの写真が究極なツールだと思います、完成度が違いますものね。
       IMG_3974.jpg

話はデジカメに戻って・・・
連休中のプリントオーダーを受けていて、本当に多いのがメディアに一杯データが入っている方。
256~512MBに200カット以上の方多いです、
プリント注文なさる時
「一番最後のコマからみせてください」とおっしゃいます。

何度もここで書いていますが本当に危ういなぁと思います。
トラブルおきたら、この半年分ぐらいの写真がパァーですよ。

メディアのトラブルは画像消えちゃうこと、
注文を受ける立場から言わせてもらえば、やはり事故が怖いのです。
もちろん細心の注意、それこそナーバスなくらい・神経質にメディアを取り扱っていますが
本当におっかない、危ういなと思うのです。
       IMG_3973.jpg

写真家さんや商業写真屋のように一つの行程・行事・内容に1枚のCD-Rとは言いませんが
やはりマメにコピーして欲しいと思います。

お客様の中にはプリントが終われば即消去という方もいらっしゃいます。
その行為をとやかく意見するつもりはこれっぽっちもないし、
「自分の撮った写真は命の次に大事」そこまで極端ではないですが、
それに近い感覚が自分にはあるのです。
押し付けるつもりも毛頭ないのですが、大事にして欲しいと思います。

連休中にたくさんお撮りになられたのなら、
いい機会ですのでこの際に一回コピー&保存しましょう。
たとえ今のメディアにあと100枚撮れたとしても・・・

コピーが終了したら、メディアのフォーマットもしておくといいです。
半年に一回ぐらいはメディアの初期化しましょう。
全コマ消去した後、残り枚数が最初のときから2~5枚減って表示されるようなら初期化をお奨めします。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/11(金) 09:43:38|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

神宮球場へ行ってきました

いつも小難しい写真・カメラのことばかり書いていますので
たまには「これぞブログ」な事を書いてみましょう。
昨日、学生時代の悪友と神宮球場に行ってきました。

ことの起こりは「久々一杯やろうよ」でした、
常々「スタジアムで野球が見たい」と自分が話していたので
「だったら球場でビールでも飲もう」
友人が内野B指定席を手配してくれて行ってきた次第です。

かれこれ2年ぶりの神宮球場でした、プロ野球使用球場でも最古の部類になってきましたね。
正面入り口はなかなか重厚な雰囲気です。
DSCF2051.jpg


友人と入り口で落ち合いいざボールパークへ
自分が球場に行くたび、一番好きなシーンがこれ。ワクワクしちゃう瞬間
DSCF2053.jpg


1300円の内野B指定席ですが、これがなかなかいい席。
バッテリーの球筋はわかりませんが、守備のフォーメーション、ランナーの動き、TV中継ではなかなか見れない部分がよく見える、ツウ好みの席でしょうDSCF2054.jpg



スタジアムへ行ってのお楽しみはなんといっても飲食(笑)
ついついアレヤコレヤ食べて飲んじゃうんですよ。
DSCF2056.jpg

DSCF2061.jpg



友人が用意してくれたのがこれ、崎陽軒のシウマイ弁当
DSCF2057.jpg
駅弁でもあるようです、これすごく美味しかった!
DSCF2058.jpg
シウマイが美味しいのは当たり前だと思うのです、でもこの幕の内タイプのシウマイ弁当、煮物が美味しかった。
今度横浜方面行ったらもう一度買ってみようと思える駅弁です。
友人曰く「神宮や横浜スタジアムだと2回くらいで売り切れちゃうんだよ」だそうです。


プロ野球観戦で定着したのがレプリカユニフォームを着ての応援。
さすがに自分は着れないお年頃になりましたが、
若いカップルがそれぞれ違う背番号を背負って応援しているシーンは
微笑ましくもあり・羨ましくもあり・・
DSCF2064.jpg



昨日は横浜のエース三浦投手が早々に降板、横浜ファンの友人も「なぜ??」
今朝新聞で知ったのですがわき腹を痛めたとのこと、大事に至らなければいいのですが
     DSCF2067.jpg


ブルペンでは我ら中年の星、工藤投手が投球練習していました。
上に上がってきたのですね、キャッチボール程度の投球でしたので
今日あたり展開によっては中継ぎで出てくるかもしれませんね。
え?先発もあるのかな・・・
DSCF2073.jpg


結果はヤクルト打線が後半大爆発。
青木選手は凄いです、本当に小さい身体なんですが
守備は上手いし、打率もトップ、足の速さは生で見ると感激しちゃう早さ
そして昨日は3ランホームランですもの!まさにトップアスリート。

連れの悪友もちょっとガックリでしたが、試合の合間に話すお互いの近況はまた別。
店に引篭もっていたのでとてもいい気分転換になりました。
今朝から「さ!仕事やろう」な気分になっています、リフレッシュできました。
DSCF2059.jpg


http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/10(木) 09:49:38|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デジカメと画像ソフト

「やぱり画像ソフトがないとダメなのかな?」

お仕事を定年まで勤め上げ、お孫さんとの時間を楽しみ始めたお客様、
同時にデジカメでの写真趣味もスタートしたとお聞きしていました。
ちょっと物足りなくなったのでしょう、ご自分でなにかしたくなったのだと思います。
冒頭の質問をいただきました。


デジカメでの写真趣味において画像ソフトは必要か?

答えは簡単なような、難しいような・・・。

写真屋としては全てのデジカメユーザーにお店プリント出力してもらいたいと思っています(笑)
これは日本全国、イヤ世界中の写真屋が思っていることでしょう。
「画像ソフトなんかなくたってお店に持ってきてくれればなんとかします」
こう言いたいのが本音中の本音です。
「なくてもなんとかなる」とも言えます。


でもパソコンがあってのデジカメユーザーの場合、
画像ソフトがあればもっともっと楽しくなるのは事実です。

今、デジカメの記録画素数・容量はどんどん大きくなる方向に向かっています。
A4はもちろんA3サイズにも耐えうるような1コマデータになっている。
デジカメで撮ったものをいざネット遊び、HP・ブログに貼る、メール添付しようとすると巨大すぎる
カメラのピクセル数設定で直接貼れるサイズもありますが
これは画質・質感がガシャガシャだったりしてなんだかイマイチ、当然リサイズが必要。
やはり画像ソフトは必要なのでしょう、よりデジカメ遊びが楽しくなる。
写真屋としては結果仕事量が減るツライ事実にはなるのですが・・・。
DSCF2036.jpg
「おまえさんはどうしてるんだい?」
自分は一眼レフは当然ですがコンパクト機で撮ったものも画像ソフトを通して調整しています。

以前お話した「jpgの味付け」http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-32.htmlです。
コンパクト機の方がどうも色調・コントラストで気になる描写があるのです。

この3年くらいに登場したコンパクトデジカメはほとんどがコントラストが高い味付けになっている気がします。
見栄えがいいからでしょね、デジタルデータにするために必要な要素なのかもしれません。
これはしょうがないとして、愛用しているコンパクト機は色調が問題。
オートホワイトバランスの振り幅がちょっと極端なんです、すぐ青味に転ぶ。
コレの調整をしないと子供の肌の色など見れたものじゃない
そ~っと色調を整えるのに使っています。

店頭出力機を使用する場合はそのままなんですよ。
メーカーが同じなのです、カメラとプリンター
きっと同じ会社のものを使った時ベストになるように味付けしてあるのでしょう。
メーカー戦略なのでしょうね。


デジカメ写真趣味としての画像ソフト、実際にはどうでしょうか?
有名なのが「フォトショップ」ですよね。
最近パソコンを買うと「Elements」という簡易版が最初からインストールされてるのもあるようです。
フル対応のものはとっても高価なのも有名です。
実際この簡易版でほぼ十分だと思います。
また「フォトショップ」以外のオマケソフトでも全然問題なく使えるようです。

画像ソフトってどんなものでも「ツール」が物凄くあるんですよね。
これがとっつきづらい、まずは用語がわからない。
ある程度写真を知っている方ならツール・用語とその効果は理解できるのですが
初めての写真趣味だとここがわからない。

これをどう克服して使いこなすか?
「いたずら」です、なんか1枚画像をいじくってください。
もちろん元画像をしっかりコピーして、これを保存してからです。
モノクロにしたり、歪ませたり。
よくわからないツールに遭遇したらとりあえずやってみる。
元画像さえしっかり保存していれば、グシャグシャになっても平気ですしね。

「習うより慣れろ」
なんでもこの言葉で落着させるのもどうかと思いますが、実際そうだと思います。

自分は今仕事として画像処理をしていますが、教わった事はないんです。
「フォトショップ」の手引きみたいな本を一冊かってそれを見ながら
何度も苦渋を味わい、莫大な時間を費やし「慣れ」ました。
それも初期のマッキントッシュで・です。
なんとかなるものです。
最初は「面倒くさいなぁ~」ですけど、すぐに「楽しく」なります。


長くなりましたね、デジカメと画像ソフトのお話はまたやりましょう。
可能性がたくさん詰っているソフトですから。
http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/09(水) 10:22:21|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

液晶モニターの見かた

GW期間中の写真をプリントし続けています。
以前にも書きましたが、お客様の写真の内容については一切詮索したりしませんが
検品作業はします、こちら側のミスはないか?枚数は合っているか?その程度。

この時目に付くのが露出のエラーです、お顔が真っ黒のもの。
一応、この原因がプリンター側か・お客様側かをジャッジします。
今年のGW期間中はおおむねお天気に恵まれたので、こんなシーンhttp://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-48.htmlが本当に多かったようです。

デジタルカメラの場合、これ防げるんですよ。液晶モニターですぐに結果見れますから。
それでも連発してしまうのはなぜでしょう?
IMG_3930.jpg
それは液晶モニターの「見かた」だと思っています。
液晶モニター正しく見ていますか?

まずあのモニターってお天気のいい野外だとまず見えない、これは誰しも経験おありだと思います。
自分の身体で影を作り直射日光が当たらないようにして確認してください。

もうひとつ液晶モニターの泣き所があります、見る角度。
もし手元にデジカメがあるなら再生画面出して見て下さい。

まずカメラをおでこのあたりに持ってきます、そして見上げるようにして見る。
次にカメラを口の辺りに持ってきて、見下ろすように見る。
そして目の正面にカメラを持ってきて、モニターと視線が直角になるようにして見る。

どうですか?3つとも画面の明るさが違うでしょう
液晶モニターは見る角度によって明るさが違って見えるのです。
当然正解はモニターに対して視線を直角にして見る。

撮ってそのままの体制でチャっと見る、この時視線の角度が直角じゃなかったら
正しい写真が撮れているか?の判断はできません。
ここをキッチリ守り実行すれば失敗したカットはすぐに判断できます。


液晶モニターは周りの明るさによって見え方が変わる事もあります。
以前、夜景を撮っていたました。
当然まわりは夜空、街路灯が1つ2つある程度
長時間露光(バルブ撮影と言われるものです)で撮ったカット、
その場で見るとほとんどオーバーに見えたのです。
当然露出補正をマイナス側に入れました。
帰ってきてRAW現像したら、補正したものすべて過剰補正でした。
これ、昼間のモニターの見え方と違うのです。
周りが暗いとモニターはいつもより明るく見えてしまう。
スライド上映なんかと同じ理屈だと思います、
部屋が暗ければ暗いほどよく見える、ちょっとでも光が入ると見づらくなる。


デジタルカメラでの写真趣味において、
この「液晶モニターを正しく見る」という行為はとても重要と思っています。
まず正しい見かたをして失敗カットかどうかを判断する技術を得てください。
これができれば露出、ピント・ブレもそうですね、減らす事が出来るのです。
成功も失敗もその場で判断できるのがデジタルカメラの最大の特徴なのですから。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/08(火) 09:59:41|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食べ物写真。

このブログをご覧になられている方は100%パソコンからだと思います。
パソコンを日常的にお使いで、なおかつ写真にご興味おありとなると、
ご自分のブログ・HPもお持ちの方も多いと思います。

今、ブログ流行っていますよね。
どこも無料だし、画像を貼りつけるのも簡単。
タグを使って・アップローダー用意してHPを作ったりしたのが懐かしくなってきました。

この連休期間中のことをブログで展開なさる方も多いと思います。
このブログ、やはり楽しいのは画像があるもの。
特に食べ物系は見ていて面白いですよね
小腹が空いてる時に綺麗に撮れている画像を見ちゃうとたまりません。
旅行記などはこの食べ物画像は重要な一枚となります
でもこれなかなか難しいんですよね、美味しそうに撮れない時多いと思います。

美味しそうに撮るコツ、正直言って簡単ではありません。
年に何回かメニュー撮影の依頼がありますが、いつも大苦戦します。
スタジオに持ち込めるものはいいのですが、お店へ出張となると大騒ぎになります。

何が難しいか?なぜ美味しそうに撮れないか?
光線なんです、目では相殺される色のついた照明がお店では多い。
デジタルの場合、ホワイトバランスとなるわけです。
DSCF0397.jpg
まぁ本格的な商業用の事はここでは必要ないですね
では皆さんが楽しい旅先などで撮る場合はどうしたらいいか?
一番簡単なのはこの画像のように窓際の席で自然光で撮っちゃう事。
コレが一番確実です。

でもいつも窓際とは限りませんよね。
こんな場合は手っ取り早いのがストロボを焚いちゃうこと
キツイ影が出たりしますが、色の再現では一番間違いがないものなのです。

でも・・・ストロボを焚けない事の方が多いでしょう。
食事中隣の席でストロボをバッカンバッカン焚かれたら不快ですよね。
他のお客様・お店にも迷惑かかるものです。
そうするとノンストロボとなるわけですが、これが難しい。
まずはスローシャッターになるのでブレが発生しやすい
そして光源のこと、ミックス光源・間接照明のところも多いですし。

ブレに関してはなんとしてでも抑える・・としかアドバイスできません。
三脚立てることなんて有り得ないでしょうし。
もうテーブルに肘をつけてでも、ストラップを口にくわえてでも、
カメラを顔に押し付けてでも、あるいはこれら全てを使って手ブレを抑えてください。


光源はどうするか?オートホワイトバランスで拾えればいいのですが・・。
こんな時はホワイトバランスの設定を手動にしていろんなモードで撮ってみてください。
「晴れ」「日陰」「昼光色蛍光灯」「昼白色蛍光灯」「白色蛍光灯」「電球・電灯」すべてのモードで撮って一番いいのを選ぶのです。
DSC_3857.jpg
この時は電車の中でした、自然光と蛍光灯のミックス光源。
色々ホワイトバランスを振って撮りましたが、結果はオートが一番よかった。
蛍光灯モードだとピンクがやや強く不自然な色でした。

難しく考えなくてもいいと思います、
自分の経験だとオートホワイトバランスが一番結果がいい感じがしています
一応もっといいのがあるかもしれないという保険の意味合いで振ってみる。

操作もそれほど難しくありません、
撮影モード時にメニューを呼び出しホワイトバランスの項目を開けば
後は絵文字で設定できます、一回やれば覚えられます。
DSCF0092.jpg
ビールやジュースの御当地缶も楽しいですよね。
でも持って帰るのも(空き缶コレクターなら別でしょうが)なんだか辛いもの
写真なら気楽に残せます、自分、御当地缶写真好きだったりしています。

そうそう、食べ物写真は空腹との戦いです(笑)
なぜだかこの空腹時に撮る方が集中力ある気がしてますし
美味しそうに撮れる時が多いような気もしています。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/07(月) 12:20:37|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメの防水。

GWも今日で終わりです、なんだか早かったなぁ。
前半・後半に分かれていた感じでしたので余計にそんな感じがします。
みなさん楽しめたでしょうか?写真たくさん撮れましたか?

埼玉南部・関東周辺ではおおむね好天に恵まれた感じ
今日の雨空は「GWの休みをとりなさい」というお告げなのかもしれませんね
ゆっくり静養がてら写真の整理などなさってください。

このGW期間中のプリント注文がピークになっています。
お天気に恵まれた方が多く楽しげな写真が多く、こちらも楽しい気分です。
      DH000031.jpg

さて関東南部ではGW前半ににわか雨にやられた日が2日ありましたが、
このにわか雨でカメラのトラブルに見舞われたお客様がお二人いらっしゃいました。

お一人は胸のポケットに入れておいて、
もう一方はケースに入れてネックストラップで首から提げていた。
どちらも「水没」です。
にわか雨の勢いで服ごと・ケースごと濡れてしまったようです。
「自分の身体を雨から避けるのが精一杯で・・」お二方ともおっしゃていました。

どちらもメディアの中はセーフでしたのでプリント作業はできたのですが
カメラは微動だにしません、完全不動。
これ「胸のポケット」「皮製カメラケース」に入っていたもの。
どちらもびっしょりだったそうです。
最悪のパターンなんですよね・・・
「濡れた布」でカメラを包んでいる状態です。

「毛細血管現象」と言ったかな?ごめんなさい、ちょっと名称違うかもしれません、
ようはカメラのミリ単位の隙間・フタ部分、乾いている状態で水気がやってくると
浸透圧で水分がどんどん奥深く滲んでいく状態になります。
これダメージ大きくなるんですよね。
デジカメだけではなくフィルムカメラでもそう、どちらも心臓部に大ダメージを負わせます。
一部のメーカーでは「生活防水」「完全防水」を売りにしていますね。
こういう部分もカメラ選択の一部にあってもいいと思います。


さてここからの話は「冗談半分」「本当ならラッキー」「ダメで元々」で読んでください。
自分もフィルムカメラ時代にやってるんです、カメラ水没。
コンパクトカメラでした「コニカ・ビックミニ」という一世を風靡した銘機。
学生時代の仲間との同窓会温泉旅行でした。
濡れタオルから水漏れしちゃったんです、バックの中で。当然不動。
諦めて電池を抜いてカメラ庫に放っておいたのです。
半年ぐらい経ったかな?思い出したように電池を入れてみたら・・・
動くのです、普通に。自然乾燥させた状態。
本当に何事も無かったように寿命に達するまで動きました。

程度にもよる・ラッキーな要素が重なったのだとは思います。
もし濡れて動かなくなったカメラ
「ダメもと」「生き返ればラッキー」で長期自然乾燥させてみてください。
保障はしませんよ(笑)、あくまでも「ダメもと」ですから。
電池を抜く事をお忘れなく。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/06(日) 09:14:02|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の散歩

IMG_3940.jpg
                             ▲タイール133mm


今朝は友人と一緒に撮影に行ってきました。
お互い「お散歩写真」にハマっている2人
さいたま市の見沼あたりをうろついてきました。
本当に気持ちのいい季節です、新緑もそろそろ深緑になってきましたし
初夏の花々も見ごろとなってきました。
     IMG_3930.jpg
                               ▲EF28~80mmF2.8-4L


IMG_3963.jpg
                                   ▲EF70~210mmF4

この友人もレンズ遊びが大好き。
私が写真家さんからお借りしているソ連製レンズを使ってみたいとの事で
今日その恐ろしいと言われている「レンズ沼」へ突き落としたという訳です。
メイン機材がニコンの彼、レンズ遊びしたいがためにもう一台デジカメを買った
しかもM42マウントアダプターが豊富にあるというペンタックスです。
もう完全に「レンズ沼」の住人なのでしょうね。


     IMG_3968.jpg
                                ▲EF28~80mmF2.8-4L


そんなわけで、私はEOS純正レンズでスケッチ。
とても気持ちよく撮れました、やはりお散歩写真はやめられません。

そう!今日は子供の日ですね。
武蔵野・埼京線の武蔵浦和駅連絡通路には可愛いこいのぼりがたくさん並んでしました
IMG_3820.jpg


http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/05(土) 10:18:04|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

出張撮影で気になったこと。

昨日行ってきました、出張撮影。
都心の有名教会でした。
まったく打ち合わせも無く急遽決まったこの出張撮影
撮影に関する制約・禁止事例もわからないまま現場入り。
正直言えば、新郎新婦のお顔さえ知らない状況でした。

教会スタッフの方にご挨拶しながらこの禁止事項を尋ねてみれば
極々常識の範囲内のものでした。
バージンロードと壇上への立入こと、
神父様のお説教・聖書朗読中の撮影禁止程度
かなりオープンな撮影するものにとってはありがたい条件でした。
DSCF2033.jpg

参列者の皆さんも自分の席からなら撮影してもいいとのこと。
みなさん撮っていました、一眼の方、コンパクト機の方、携帯電話の方。

自分がファインダーで新郎の入場を撮っている時でした
携帯電話が鳴ったのです、実際には着信したのではなく携帯カメラのシャッター音でした
「ぴ~ひゃらら」
「はぁ~どすこい・どすこい」なんていうのもあり・・・

携帯カメラのシャッター音って盗撮とかへの配慮とかで
マナーモードにしていても消えないのですよね。

誓いのkissの時もそうでした
いっせいに
「ぴ~ひゃらら」「はぁ~どすこいどすこい」「キラリラリン」
シャッター音のシャワーとは違うその音。

う~ん・・・せめてそれっぽい音にしてくれないかな・・と思いました。
VTRカメラマンの方に式終了後ちょっとお話したのですが、
やはり最近多いそうです、「着うた」なんかもあるそうです。
「言葉系は本当に勘弁して欲しいんですよ、
 携帯の音ってよく通るし、マイクが一番拾う音域なんですよね」
とおっしゃっていました。


今回はちょっとグチっぽいブログになっちゃいました。
肝心の撮影ですが、お天気に恵まれましたし、
なにより新郎新婦お二人とも美男美女、写真写りのいい二人、すごく楽でした。
緊張していてもメリハリある表情に助けられた感じです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/04(金) 10:13:59|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張撮影に行ってきます

今日はGW臨時休業の予定でしたが、急遽入った結婚式の出張撮影に行ってきます。
415334078_13.jpg


本当に急でこちらも対応しきれない部分も・打ち合わせすらできていないのですが
与えられた条件で全力投球してこようと思っています。

式場はちょっと有名な都心の教会です。
久々の本格的教会での撮影、やや緊張しています。
こんなどうしていいかわからない時は「祝福」の気持ち全面で撮った方が結果いいもの。
撮りながらこちらもハッピーをおすそ分けしてもらおうと思っています。
DSC_5383.jpg

では行ってきます

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/03(木) 08:25:10|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話のカメラ

デジカメプリントのご注文を頂いているわけなのですが、
携帯電話のカメラ機能からのご注文も日常的に増えてきました。

携帯電話に関しては興味の対象外である自分、
最新式のものにはかなり疎い事実があります。電話とメールができればいい。
携帯電話の機種交換に1万円以上かけない主義・・と言えばわかりやすいかと(笑)
新聞の折り込み広告を見て驚いたのですが、
携帯電話のカメラで200万画素・300万画素もあるのですね。

先日いらしたお客様も300万画素カメラ搭載の携帯電話からご注文、
Lサイズの仕上がりを見てちょっと落胆のご様子。

300万画素もあれば綺麗に撮れるはずなのになぜ?
これ大きく分けて2つの理由があります。

まずはレンズの直径。
小さいですよね、デジカメの300万画素クラスと比べるとずいぶん違います。
写真はある部分ではレンズの大きさで描写力が左右されるのです。
28~80mmズームレンズ搭載のコンパクト機と
一眼レフの28~80mmの交換レンズでは何センチも違う直径。
極端に言えばレンズが大きければ大きいほどよく写るものです。
この時画素数はそれほど関係ないものなのです。
入り口の違いで左右される部分です

NEC_0134.jpg
▲携帯電話カメラ大好きな次男が撮った夕焼け。キッズタイプの携帯電話でも被写体によっては綺麗だったりするものです。


もうひとつの原因はやはり手ブレです。
携帯電話のカメラ、どう見たって写真を撮るため用にはシャッター付いていませんよね
当たり前です、電話なんですから(笑)
多いのが電話の液晶画面周辺にある押し込み式ボタンでの兼用スイッチ。
どう考えたって手ブレしますって。

もし今度携帯電話で撮る時、徹底的に手ブレを排除して撮ってみてください。
驚くほど鮮明に写る時ありますよ。



やはり携帯電話のカメラは基本は「待ち受け画面サイズ」だと思っています。
このサイズの時一番綺麗に見える。

当店ではこんなプリントをご用意していますburogu1.jpg
Lサイズの四分割プリント、ちょうど待受け画面サイズぐらいになります。
これならあの携帯電話の液晶部分で感覚で、なおかつ手に持って見れます。
この時の自分の携帯電話、130万画素だったのかな?
ちょっと前に流行った「プリクラ」感覚です
これならギザギザ・ガシャガシャも目立ちませんしね。

不思議と携帯電話で撮ったシーンっていい表情してたりするんですよね。
構えない・ゆる~い雰囲気が撮らせてくれるのかもしれません。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/02(水) 10:50:13|
  2. カラーのいちのせ お勧め商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お散歩写真の楽しみ。

今日から5月ですね、GWの前半戦終了・折り返し地点といったところでしょうか。
この前半3連休はどこかへ行かれましたでしょうか?
28日ににわか雨があったのは残念でしたが、
そのほかはおおむね天気に恵まれたようでなによりでした。

いい写真撮れましたか?

店主は・・・ず~っと仕事・店番をしていました(笑)
こんなGWをかれこれ20年続けているのでもうなんとも思っておりません。
写真を楽しむ皆様のフォロー役にまわっている・・と思っております。

と言いつつ5月3日はお休みいただこうと思っています。
連休の初日って変な言い方ですけど「開店休業」なんですよ
ちょっと県内で散歩しつつ写真を撮ってこようと思っています。
DSCF2004-1.jpg
最近、私のまわりでちょっぴり流行っているのが「散歩写真」。
取り立てて定義やルールもなく、散歩しつつ気になったものを撮る。
それだけのことなのですが、これがなかなかどうして楽しいのです。

こちらも「いい写真撮りたい」という気持ちがあるから
散歩中いろんなものに視線を送ります。
そうすると新たな発見があるんですよ、通いなれた道ほど多い気もします
カメラというまた違う「目」を持つと、視線が変わるのでしょうね。

FC2のブログ写真カテゴリーにも「散歩写真」のスレッドがありますよね。
本当にみなさんお上手です、「自分もここ撮りたい!散歩したい!」なんて思います

お天気のいい日にやってみてください「散歩写真」
「アレを撮る」なんて目的のない撮影行為も楽しいものです、お奨めです。

http://ichinosephoto.com/ 店主いち

テーマ:激!初心者塾「教えて☆ベテランさん」 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/01(火) 10:02:09|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。