店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんやかんや撮っています。

今日で7月も終わり、そういえば気象庁からは関東地方の梅雨明け宣言出ていませんね。
昨日・一昨日と大気の状態が不安定だったので、今日あたり「梅雨明けしたと思われる」宣言がありそうです。

いずれここでもお話しようと思っていますが、8月にお店のほうを少し変えようと思っています。
現在その段取り・計画中、毎日ドタバタやっています。
そんな中来月の予定を立てていると、どうやら8月はお休みできないかもしれません。
お盆休み頂こうとも思うのですが、今年の暦だとちょっと頂きづらい曜日配分・・・。
まぁ慣れっこですので、今年の8月はキッチリ営業しようかな?なんて思っています。

そんな決心をすると大抵ムクムクと「写真撮りたいぞ~」気分が出てくるんですね(笑)
今、すでに出ています。毎日ちょっとずつなんかしら撮っている状態です。

昨日、次男が野球合宿から帰ってきました。
自分へのお土産として「石」を買ってきました・・・・(笑)
          IMG_6241.jpg
このビンに詰め放題で350円。
次男の何にこれが訴えかけたのでしょう?(笑)、オヤバカチックではありますがいいチョイスしたんじゃないか。
昨夜は久々4人揃っての夕食でした、晩酌がてらこのビンを見てるとなんだか綺麗。
さっそく今朝ゴソゴソ撮ってしまいました。ライティングがイマイチでしたね。


先日はひょんなことから駅弁を食す機会に恵まれました。
奈良の駅弁、「柿の葉寿司」です。駅弁の押しすし系って大好きなんですよ。
さっそく開けてみたら一面の緑、いくつかはがしてみれば
IMG_6232.jpg
色のコントラストが綺麗。
つい自分の好みでサバにピント送ってしまいましたが、この場合マスのオレンジに持っていったほうが、より色のコントラストがついてよかったですね・・・、反省です。

一応、全貌はこんな感じ
IMG_6234.jpg
とっても美味しかったです、すし飯が圧縮されているので食べ終わると幸せいっぱいな満腹感にしたれます(笑)。
ちなみにレンズはインダスター50mmF2.8です。


この駅弁は大宮駅で買いました。
今駅弁ってその土地にいかなくても手に入る時代なんですよね。
これがいい事なのか・悪いことなのかはわかりませんが、でもちょっと嬉しく・楽しいものだと感じています。
一食分としてはちょっと割高なのは・・・言いっこなしでしょうね。


「写真撮りたい!」ストレスが溜まっています。もう何でも撮り始めました(笑)
しばらくそんな様子が続くかもしれません、よろしければおつきあいください。


http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。
スポンサーサイト

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/31(火) 09:43:36|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トマトが色づきました。

昨日の埼玉南部・戸田市周辺は午後から強烈な雷雨でした。
IMG_6237.jpg
最近、にわか雨がシャレにならないくらいに激しいと思いませんか?
地球温暖化の影響とも聞いています、なんだか薄気味悪いですね。

それにしても昨日のは凄かった、その降りっぷりに思わずカメラを出して一枚。
IMG_6235.jpg
これを撮った瞬間、ファインダーの中がピカリ瞬時にド~ン・・・
近くのマンション避雷針でしょうか、かなり近くに1発。
も~う・・・ビビりまくりです、雷雨の時写真撮るものじゃないかもしれません。

今日も大気の状態が不安定と朝のテレビで言っていました、該当地域の方くれぐれもご注意ください。


さて、次男が理科の授業で育てているトマト、いい色に色づきました。
DSCF2302.jpg
いい色ですよね、自然が作り出す色はとてもいいもの。
なんとも言えない赤系の色、朱色なんて大雑把な言い方は野暮、トマトはトマト色。
いい香りしてますよ、あのトマト独特のかほり。

トマト大好きなんですよ、いつも行く居酒屋でも「トマトの刺身」なんて言ってスライスしたトマトを好んで注文しています。
よく食べているのですが、忘れてましたこの香り。青臭いトマトの香り。
最近完熟してるように見えて甘いトマト多いですが、香りがないんですよね。
消費者が好まないのかな・・・、トマト臭くなくて・甘いのを目指しているのでしょうね。

次男の教材なんですね、一学期の終了式の時学校から持って帰ってきたのですが
この時守衛さんに次男が言われたそうです。
「お水は2日に一回でいいんだぞ、その方がトマトが美味しくなるから」
次男はこの言葉を信じて水やりは一日おき、忘れがちな水やりに「渡りに船」といったところのようです。


このトマト画像はコンパクト機のマクロモードで撮影。
青い夏空、白い雲バックで撮りたかったなぁ・・。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/30(月) 09:43:00|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

携帯電話で写真@練習中。

今日は選挙ですね、投票おすみでしょうか?
NEC_0184.jpg
朝一番で行ってきました、今回はたくさんいらしていた印象です。

中元セールの時にちょっと書きましたが、戸田市商店会連合会では
「投票率アップ大作戦 選挙セール」を実施しています。

これ賛否両論あると思います、そこまでしないと?そんな気持ちもちょっとある。
まぁいいでしょう、このブログで述べる必要もないと思います。

当店では「選挙に行ってきた!」と言っていただければ、
「とだオールカードhttp://www.tok2toda.com/oarcard/oarcard_top.html」のポイント2倍進呈いたします。


さて・・・先日いらしてくれたデジカメ教室の参加者さんがおっしゃっていた事が妙に気にかかり・心に残っています。
それは「携帯電話で撮った画像が凄く綺麗に見えることありません?」というもの。
自分も薄々気が付いていました、というより驚くことが最近増えてきた「え?これ携帯電話で撮ったの!」

小さいレンズ・小さいCCD、そして画素数も最近格段にアップしてきた。
それでもやっぱり多くは「携帯は携帯」、でも最近そうとも言えないのも見れるのも事実。
独特な描写がマッチしちゃうのかもしれません
NEC_0138.jpg
今回添えた画像はみな携帯電話で撮りました。
機種はドコモのN701i、カメラの画素数は131万画素と書いてあります。
これも以前書きましたが、携帯電話での撮影苦手です、ヘタクソなんですよ。
写真は写真機で!みたいな意識が根底にあるんです・・・。

でも・・・ちょっとチャレンジしてみようと思っています。
このラフな描写を味方にしてなんか撮ってみよう!と
よく調べれば(笑)サイズも選べます、ブログ用にぴったりのサイズもありました。
NEC_0173.jpg

NEC_0178.jpg
面白いのが撮れたらお見せしますね、意識してやってみると面白いかも。
「ブラしてなるものか!」な気持ちだけでもモチベーション上がります(笑)

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:携帯で写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/29(日) 09:37:24|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大宮公園に行ってきました。

今朝は子供の野球関連で大宮公園に行ってきました、といっても送り届けただけなのですが。
こんな時カメラを忍ばせるのは当然の行動(笑)、帰り道ホンのチョッピリですけど撮ってきました。

大宮公園に行ったってもう何年ぶりでしょう?30年近く行ってないような記憶です。
子供の野球関連と言いましたが、今日長男は高校野球埼玉予選・準決勝の見学です。
早朝からたくさんの方が県営大宮球場を目指して行列状態、現役生徒さんも母校の応援にたくさん駆けつけているようでとても活気あふれていました。

公園を歩いていて目に付いたのがこの方々・・・
          IMG_6212.jpg
野鳥ファンの方々、すごいレンズですね。
600mmとかじゃないんでしょうか?いったいいくらする???(笑)
「野鳥撮影の標準ズームは150~500mm」なんて聞いたことがあります。
500mmとかの世界一度覗いてみたいものです。そうそうこの方々はフィルムカメラが多かったですね。


IMG_6214.jpg
今日のレンズはインダスター50mmF3.5、俗に言う「パンケーキレンズ」です。
レンズキャップみたいな薄くて小さいレンズなのですが、その描写はなかなかのもの。

          IMG_6216.jpg
立体感がいいんですよね~、晴れた日に使うのは始めてだったりしています。


根っこが鉄道ファンなもので、踏切が遠くで鳴るとついついカメラを向けてしまいます。
          IMG_6222.jpg

お約束(笑)。
IMG_6223.jpg
白い電車はマイナス0.5くらいで撮らないと白トビしちゃいます。
前もって線路で計るとこんな結果に。電車の写真も難しいものです。


この数年、いや・・20年かな?女子学生さんを入れ込んだスナップが好きなんです。
          IMG_6226.jpg
なんかこう・・・オトコのイヤラシサ全開なのかもしれませんが、
入っていただくとすごく写真が華やぐんですよね、若々しくなるというか。
どんな仕草も絵になっちゃうのは、自分が失った「若さ」なのでしょうね。


わずか20分のスケッチでしたが、ちょっとリフレッシュ。
このところ考え事しなければならない事が山盛り・てんこ盛りであったので
とてもいい気分転換になりました、写真撮るの楽しいです。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/28(土) 10:45:01|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほしのかよさんの作品#2

昨日に引き続きHNほしのかよさんの作品をお見せしたいと思います。

ほしのさんは本当に写真を趣味・楽しみにしようと第一歩を踏み出したばかりです。
やはり意識して撮った写真は見てもらったほうが絶対いいと思い、無理言って2点出してもらいました。
今日のはこれ、函館旅行のもの。
IMG_0613.jpg
有名ですよね函館山、函館独特の地形を一望できる展望台、夜景が有名。
ここでこの雨・濃霧・・・。残念極まりないと思います、自分もそうでした(笑)。


スライドショーで一通り拝見して、一番最初に目が止まったのがこれでした。
この濃霧のトーンがステキ、建物が有名観光モノでなくてもいい。
よくこの状況で写真を撮ったな・・・、そのセンスが素晴らしいです。
普通、観光地で天気恵まれなかったら写真撮らないじゃないですか、
せいぜい証拠写真撮って、お茶飲むか・土産物店冷やかすか(笑)。
屋上アンテナのランプの滲みがアクセントとなりましたよね。
天に消えていく柱状の建造物がこの霧の濃さを幻想的に伝えてる。

自分の好み丸出しのチョイスだとは思います、
それでもこの状況でこの写真を撮るという意思をもったほしのさんのセンスに脱帽です。


ほしのさんには片っ端から撮るように伝えてあります。
基本技術は理解していただけたので、あとは場数です。
テクニック・小細工いらないからどんどん撮る。
撮った写真すべてが作品になんかなりません、100枚とって1枚あればヨシ!です、今は。
場数を踏めば・シャッター回数増えれば、この1枚が2枚になり5枚になってきます、
それでもどんなに増えても10枚はいかないかもしれない、そういうものだと感じています。


そして見てもらうこと、これも大事だと思います。
人に見てもらうようになって、メチャクチャ写真が上手になった方たくさん知っています。
ブログの存在、自分の趣味のブログ、ココのお仲間がそうなんですよ。
ブログの回数が増すごとに写真がメチャよくなってきています。
見られることで上達する、これあると思います。

ほしのさんは本当に第一歩を踏み出しました。
絶対楽しんでもらいたいし、写真の楽しさの本質も伝えたい。
作品風写真だけじゃなくて、お仕事仲間との記念写真も楽しんでほしいとも思います。
この作品をA4出力してお渡ししました、手に持ってみる写真の温かみ・重さを伝えたかった。
現場での記念写真も紙に焼いて渡してくれれば嬉しいな。
やっぱり写真は手に持って見るもの、これが伝われば自分の使命は達成したかもしれません。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。
  1. 2007/07/27(金) 09:25:24|
  2. 写真教室・生徒さんの作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

写真教室がありました。

昨日は久々に写真教室がありました。
今回の参加者さんはHNほしのかよさんhttp://marinebule74teddy.blog98.fc2.com/

以前このブログでお話したことがあるのですが、写真を撮られる側のお仕事もなさっている方。
この「撮られる」のがちょっと苦手、だったら一回撮る側にもなってみれば?なんていう店主のちょっと無責任発言(笑)に、「やってみます!」なんて言ってくれた方です。

このブログの「初めての写真趣味」というカテゴリーは彼女のこんな意見がきっかけで立ち上げた部分もあります。

今回は函館旅行で撮ったものを拝見し、一緒に考えてみました。
何点かお見せしたいものがありましたが、2点選ばせていただき2回に分けて発表・検証してみようと思います。
今回はこれ。
IMG_0617-2.jpg
函館のレンガ造りところ、なんていうところでしたっけ?(笑)
お天気に恵まれなかったとおっしゃっていました、これも雨が降っています。


ここに貼るために少し圧縮してしまいましたが、元画像ではレンガの建物のシャドー(暗部)はもっと描写されています。

カメラはIXY(500万画素モデル)、色再現はいいカメラですね。
自然のまま出ていました、コンパクト機だと過剰にハイコントラストや彩度上げちゃうモノ多いのですが、このカメラの描写はすごく自然、いいカメラです。

実は彼女、このカメラの機能を「まったく」と言っていいほど理解していませんでした、ちょっと厳しい言い方ですけど。
昨日、これだけはというものをお教えしました。

この作品のいいな・・と思うのは雨の写りこみとランプの色・対比。
機能を理解する前に撮ったカット、カメラが勝手にストロボ発光してくれた、これが「吉」
結果オーライの作品、でも最初はこれでいいと思います。
少なくともほしのさんは「こんなシーンの時、ストロボ使うと雨が写りこむ」というのを知ったのですから。
こんなところからスタートしていければいいと思います。

もうひとつ関心したのは水平のとり方、こういう奥行きがある時って迷うんですよね。両サイドが奥に行くにつれてすぼまるような時。
この場合中央やや右の外灯が自然に見えるのが画面の安定感を得れています。


まずは偶然撮れた「作品」、それでいいのです。
ほしのさんがこのカメラの事理解したら凄いの撮ってきますよ、これは断言します。
長く映像・ムービーの世界にいらっしゃるので、コンテ作りやものを見る事はやはり違うと思います。
今までの経験を元にしたアングルをもっと見たいです。

実は・・・この作品を見て「次回パクって見よう」(笑)と思っています。
夜の雨・ストロボ発光・・・、こうして参加者さんからカンニングして店主の「引き出し」増やしているのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。
  1. 2007/07/26(木) 10:14:08|
  2. 写真教室・生徒さんの作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暑中お見舞い申し上げます

DSC_8640.jpg


なかなか梅雨明けしない関東方面です。
改めまして

暑中お見舞い申し上げます

ここにいらしてくれてるすべての方に最高の夏が来ますように。


http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/25(水) 09:43:12|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

300mmがやってきた。

縁あって(?)我が家にやってきたレンズたち、そのほとんどが旧式のMF(マニュアルフォーカス)レンズです。
趣味としてこのMFレンズを使っていて思ったことがあります、
もうMFでもAF(オートフォーカス)でもどっちでもいいや(笑)。
あくまでも趣味の方です、仕事ではAFを駆使して写真を撮ります。

なんでまたこんな事を言いだしたかというと・・・またレンズが一本増えたのです(大笑)
実際には増えたというよりまたお借りしたのです。
そう・・私をレンズ沼に突き落とした写真家さん、今回も
「最近出番ないので使っていて!」なんて言葉を添えて。
85、133、180mmについで300mmをお借りしています。

実は自分300mmってヘタクソなんですよ、苦手意識があります。
望遠レンズって200mmぐらいましか使う機会がなかったというのが正しいかもしれません。
とにかく馴染みのない画角のレンズです。
ニコン時代に少年野球の写真を撮るお仕事があって、必要に迫られて70~300mmズームを使いましたがこれはかなり特殊な事情です。

今回お借りした300mm、やっぱり難しかった。
どんな時に300mm?これがわからない、とりあえず電車を撮ってみましたが
やっぱり超望遠特有の圧縮描写、ただそれだけの写真になってしまいました。
IMG_6008.jpg
▲今回お借りした300mmはソ連製(笑)タイール300mmF4.5
 開放値がF4.5ですが300mmという焦点距離だとボケ味はドンと出ます。



試写してみて速攻で写真家さんにメールしました、「難しいですね」弱音です。
この時の返信メールが・・・
「300mmだとココみたいな使い方は面白くないですよ。
 MFでピントを合わせていってみてください、そうすると色々見えてきますから。」
IMG_6074.jpg
▲ヒントをいただいてから見方が変わりました。
 別カットを撮るためピントを合わせていたらす~っとベンチが浮かび上がりました。
 「いろんなものが見えてくる」ってこういうこと?ちょとだけ突破口が見えた瞬間です。



MF独特のファインダー像ってあると思いました、AFだとセンサー合わせてシャッター半押しでピントが合致する、その間1秒以下。
撮りたいものを確実に捉えてくれるのですが、この瞬時の間になにか見落としているかもしれない。
MFだとゆっくりピントリングをまわします、300mmもの望遠だと会わせたい被写体が浮かび上がるまで、
その手前・前後のものが見えてはボケ・見えてはボケしてメインの被写体に近づいていくのです。
この時にいろんなものが見えてくる、ピントを合わせたいものがその写真の正しい(?)フレーミングかどうか?そんなことを気が付かせてくれるのです。
IMG_6080.jpg



AFだとこんな瞬間を見落としちゃうのかもしれません。
最初の印象が大事ですが、それを以外のベストもあるのではないか?
MFレンズのピント合わせのリズムはそれを再検証させてくれる間合いかもしれない。
だから・・・もうAFでもMFでもどちらでもいいや・・なのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/24(火) 09:19:40|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

きっかけは・・・

きっかけはこれでした。
IMG_5404.jpg
複写仕事で使っていたペンタックスSPが一時期戦列から離れる事になったのです、現在は復帰していますが(笑)。
使っていたレンズはマクロタクマー50mmF4、このレンズがよかった・・・
外で使ったらいい発色をしていたのです、ややコッテリした色ノリ。
「使わない手はないよな・・・」この思いがあの「沼」のほとりに立つことになったのです。

物事はよく重なるものでして、この頃からメインで使っていたN社のデジタル一眼が消耗し始めたのです。
心臓部(CCD)の不都合、何箇所か死んでしまったのです。
メーカーに相談したら「CCDの交換です」というジャッジ、その価格たるやこのカメラの下取り相場と同じ値段ぐらい。
「換え時なんだろうな・・・」


次期機種はどうするか?このままN社でもよかったのですが、ある事実を知ってしまい そのことで頭の中がイッパイになってしまいました。
「EOSマウントならM42もY/C(ヤシカ・コンタックス)もマウントアダプター揃ってるよ、ちゃんと無限も出るし」
これがメインだったかもしれません、EOSにしたのは。
ボディを買ってつなぎのレンズも買って、そしてこれも買ってしまいました。
IMG_5406.jpg
右がEOSにM42レンズをつけるアダプター、
左がEOSにY/Cマウントレンズをつけるアダプターです。
このワッカ2個のためあの「沼」の住人になり、首までドップリ浸かってしまったというわけです。

そして気が付けばこんな状態・・・
IMG_5408.jpg
銀色のデカイ2本はある写真家さんからの借り物です、ココには出ていませんがゾナー85mmF2.8もお借りしています。
「最近出番がなくてカビ生やしちゃいそうだから使ってて」こんな一言を添えてです、嬉しいじゃないですか。

そして今回やってきた50mm2本と35mmの計3本。
純正(笑)ズームレンズを含めて28・35・50mm周辺のレンズが現在7本というオロカナ結果が残っています。
と・・言うか、純正レンズ3本しか持っていません。
IMG_5410.jpg
ボディは2台、事実上1台。使う人間は一人・・・。
なにやってるんだか。それでもこの「沼」の居心地のよさはM42レンズの価格。
今回手に入れたレンズだって相場は5000~10000円くらい。
自分自身、そして家族のためにあることを決めています、それは
「M42マウントレンズは上限1万円」と、これでも十分楽しめるのです。

AFもAEも出来ないレンズ、それを最新式のデジタルカメラで失敗繰り返しながら使うオロカさ、
「それが趣味」と言い訳を繰り返し呟いているのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/23(月) 08:55:37|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

懐かしい駅を見つけました。

先週のお休みの日に撮ってきたものをもう少しお見せしようと思っています、よろしければお付き合いください。

何度も書いていますが趣味は鉄道の写真を撮る事です、もう35年も(笑)続いています。
でも年を重ねるごとにちょっとずつ好みは変化してくるもの。
専門誌のグラビアみたいな「電車!」な写真も撮りますが、駅や沿線のスケッチを最近好んで撮っているものです。

この日も「いかにも電車!」な写真を撮った後、どうしてもスケッチ的な写真が撮りたくなり、前々からお気に入りだった千葉県のある私鉄に行ってみました。
常磐線・馬橋から流山を結ぶ「総武流山電鉄」全長5.7キロだそうです、小さな私鉄ですね。

JRの改札を出て線路をまたぐ歩道橋の途中に流山電鉄の入り口はあります。
         IMG_5973.jpg
なんだか昔見た光景、よくありませんでした?私鉄乗換え口の雰囲気。

乗車券を買おうと歩みを進めればもっと懐かしいものが出迎えてくれます。
         IMG_5978.jpg
木製枠の出札口。これ減りましたよね。
ローカル線なんかで時たま見かけますが、たいてい無人化されていてベニヤ板なんかで封鎖されているのがほとんど。
もちろん券売機もありますがここは生きています、ちゃんと駅員さんが業務をなさっている。

そしてこれ
        IMG_5981.jpg
改札口!今ほとんど自動改札機じゃないですか。
ここは電車が着くたびに駅員さんが出てきてキップを手渡しで回収していました。

懐かしいなぁ・・と思ったものもうひとつありました。巨大な灰皿。
        IMG_5983.jpg
喫煙所そのものがなくなりつつありますよね、これは時代の流れでしょう。
それにしてもこの形は懐かしいなぁ、昔よく見た記憶なんですがどこで見たのだろう?思い出せません。


ココを撮ったレンズはMFの28mmレンズです、明細不明の国産レンズ(笑)
f8まで絞ってパンフォーカスで撮りました、ずいぶん久しぶりに使ったのですが、なかなかどうしていい描写してる(笑)
コーティングなしのレンズです、素の色が撮れる気がしています。

そして・・なぜだかここでのカットは縦位置ばかりでした。
実際30カットくらい撮ってあるのですが選んだのも縦位置が多い。
これなんでだろう?自分でもわかりません。
何かを強調したかったのかな?

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/22(日) 09:58:34|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメとパソコン

初代デジタル一眼レフの頃買ったコンパクトフラッシュ(CF)、
当時はまだ1GBが一般的になったかどうか、値段も2万円くらいしていた記憶です。
カメラもRAWで600万画素の機種、jpgだけでやっていれば256MB2枚もあれば十分でした。
さすがに今の機種になりRAWデータを趣味でも楽しむようになってからは
256MBでは話にならない、512MBと1GBを組合わせて使っています。

RAW現像をするにはパソコンが絶対必要なものになります。
純粋に写真を楽しむだけならパソコンなしでも大丈夫です、お店に持ていけば今までの写真と同じようにプリントで楽しむ事が出来ます。

実は私のパソコン、最近よ~く止まる・固まる(笑)
先日の休日に撮った写真、ほぼRAWだけで1GB撮っちゃったんですよ。
IMG_5758.jpg
撮った素のデータはいったん保存、今回はCFカードに保存してあります。
で!作業用のデータをHDにコピー、これから現像作業を進めているのですが、これが遅い・固まる。
もうそろそろ分離・個別に作業しないとだめかもしれませんね。
今使ってるのはスキャナー2台にプリンター、ソフトも画像関係で3つ使っています。
やっぱりちょっと無理ありますよね、なんか方法を考えないと。
接続してあるスキャナー類がXPまでの対応、新OSのVISTAには当然非対応。
いっせいに交換は土台無理な話です、こういう時OSの変更って困りますよね。

IMG_5775.jpg
みなさんVISTAってどうしてるのでしょう?
やはり接続機器が多いと二の足踏むと思うのです。
シンプルで安さが売りの某メーカー、オフィス向け用として毎週FAX営業してくるのですが、これを見ていても今だ主流はXPのようです。

やはりいずれXPもサポートから外れるでしょう、この数年でパソコン仕事が重要な位置にきた我々はどう対処していけばいいのか?
めっきり遅くなった我が相棒パソコン、ジワ~っと現像・変換作業する待ち時間のたびに思い出している次第です。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/21(土) 09:34:27|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

写真の女神が微笑む時。

二週続けてお休みをいただき、とてもリフレッシュ出来ました。
昨日もカメラ・レンズ抱えてアチコチふらふらしてきた次第です。
今日はその撮って出しをお見せしようと思います、昨日の「これだ!」な一枚です。
IMG_6126.jpg
今日のブログのタイトル、なんだか仰々しいでしょ?(笑)
いや・・本当にそう感じたんですよ、「出会い頭系」写真の真骨頂。

場所は荒川区町屋、都電荒川線が走っている街。
ここは京成電車と地下鉄千代田線も交差するちょっとした下町の鉄道要所です。
この日一日の上がりは都電で締めくくろうと決めていました、そしてモノクロでと。
そして京成電車の高架線が耐震補強問題で工事が始めると聞いていました、
このガード下はたくさんの「営み」があるんですね、商店あり・工場有り・倉庫あり・ガレージあり・そして住宅も。
いっせいに立ち退きが決定しました、その様子を見ようと足を伸ばしたわけです。

今回初めて気が付いた路地、奥に進めばなんといえない連絡通路(?)
蛍光灯の街路灯がなんともいえない・いい灯りぐあい、
通路の向こうが現世の光線みたいだな・・・で一枚、この時女神が微笑んだ。
自転車の少年が登場、とたんに生きた路地になってくれた。

          IMG_6127.jpg


あるんですよ、そうそうめったにありません、年に一回あればいいほう、女神が微笑む時。
偶然中の偶然、でもあるとないとでは大違い、時間が5秒ずれてもダメ。
待っていても来ないし、こちらから迎えに行ってもダメ、だから女神の微笑み。
でもこれだけは言えています、たくさん写真を撮っているヤツにだけ女神は微笑んでくれる。
たま~に撮ってるようでは絶対微笑んでくれないもの。

写真楽しいです、また次の休みも写真撮りに行こう・・・そう思える上がり前の一枚でした。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/20(金) 09:54:17|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カメラ修理のこと

「いっちゃ~ん!なんとかして!」

店主いち。こと自分は長年「いっちゃん」と呼ばれています。
そして自分の結婚式の時、私の父は友人たちから「いっちゃん」と呼ばれていました。
なおかつ息子たちも学校で「いっちゃん」・・・、親子三代で「いっちゃん」なのです(笑)
子供の野球つながり、父も子もなんだか「いっちゃん」で統一されています。

話を元に戻して、冒頭の言葉は息子の野球友達のお母さんからの悲痛な叫びです。
EOS KISS・D-Nを愛用の方、フィルム時代からEOSKISS。
レンズはそのままでデジタル化なさったもの、レンズはWズームセットを使いこなしています。

やっちゃったそうです「落下」、望遠ズームの方。
カメラにも装着できない、なにはともあれ見せていただけば・・・
DSCF2292.jpg
マウントの角が欠損してる!
自分もいろんな落下品を見ていますが、マウントが折れ欠けるって初めて見ました。
こんなところが折れる?どんな落とし方を???

ズームリングもかなり引っかかる、すーっとまわらない。
よく見れば伸びたレンズが左に傾いている、全てが歪んでいる状態です。


修理に出すしかないのですが、ここで問題はその価格です。
今、カメラ修理ですとどうしても1万円は越えてきます、これはどうしようもないことです。
メーカーでも修理専門店でも、職人さんがやる仕事です、基本工賃。
自分自身「職人さんの工賃は絶対尊重されなければならない」と思います。
カメラ修理だけ出はなく、大工さん・コックさん・運転手さん、全てのプロフェッショナルな方々全部。

とはいえ・・・かれこれ6年落ちのこのレンズ、ざっと見積もっても1万5千円程度はいきそうです
マウント、電子接点・基盤部、ズームリングもでしょう、ほぼ全交換。
そうすると天秤にかけないとなりません。
私の得意な中古レンズ(笑)、このレンズの相場がこの見積もり「プラスちょっと」なのです。


最近よく聞きますよね、家電製品なんかでもそう。
「直すより買っちゃった方が安い」
悲しいけどあたってる部分あるんですよ、今回がまさにそう。
「直せば使える」けどその値段で中古ならば買えちゃうという事実。
難しいです、倫理的というか・心理的というか・経済的というか・・・。
もちろん判断はお客様にゆだねます、全ての事をお話して。


カメラ修理を安く上げる方法はないのでしょうか?これあります。
お客様ご自身でメーカーの修理窓口に持ち込む、これが一番安いです。
もしくは宅配便を利用してメーカーと直で取引をなさるのです。
我々店頭からですと、どうしても中間手数料をいただかないとなりません、しょうがないんですよ。
ココをカットするだけでもパーツ代くらい変わってきます。

カメラが故障した場合、まずは取説に出ている「お客様相談窓口」に電話してみる、これが一番安く上がる方法なのです。


今回の件はやはり買い替えというジャッジに落ち着きました。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。
  1. 2007/07/18(水) 08:54:51|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心よりお見舞い申し上げます。

また大きな災害が起きてしまいました。
甚大な被害に驚き、心痛いです。

被害に遭われた地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

これ以上被害拡大のないことを祈っています。

DSC_1002.jpg
写真を添えるのもどうかと思ったのですが・・・
これは栃木県烏山(からすやま)線・烏山駅の「無事かえる」像。
気持ち込めてこの画像を添えさせてください。

                          店主 いち。
  1. 2007/07/17(火) 09:21:29|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんちゃってスクエア

私の知る限り、キャノンEOS-1DsMARKⅢとリコーGX-100に搭載されたフォーマットに物凄く興味を抱いています。
それは1:1のスクエア、正方形の画面です。

初めてブローニー判を手にした時でも、あのカメラの事はなんとなく知っていました。
当時ライカ判がコンタックスだったこともあり同じツァイスのレンズを使うというのも気になったものです。
そのカメラとは「ハッセルブラッド」、6×6サイズのフォーマット。
いつかは使ってみたい、素直に思ったのですがいかんせんその値段は私の生活範囲ではないとても高価なもの・・・。
      DSCF1849.jpg



時は流れてデジタル全盛の今、この1:1のスクエアフォーマットがデジカメに搭載されようとは思いも寄りませんでした。
しかも業界トップメーカーのフラッグシップ機に搭載されたのだから驚きも尋常じゃなかった。

この1:1のフォーマット、大好きなんです。
きっかけは大好きな写真家さんがハッセルで撮った作品を発表したこと、そして先輩も追従するかのごとくハッセルでの作品をご自身のHPで発表したのです。
その後、この大好きな写真家さんがご自身のブログでヒントをくれた。
我々はこう呼びました「なんちゃってハッセル
      DSCF1494.jpg

デジカメの画像をトリミングで対応すると言うもの、通常の6×6判の使い方(スクエアを印画紙にトリミング)の逆をやるというものです。
これが楽しかった、即実戦です。

やってみて最初に気が付いたのは、フレーミングから1:1で撮らないとダメ・・というもの。
後付のトリムなのですが、やはり最初の狙いがしっかりしていないと散漫になってしまう。
どうしたものか?思い切って液晶画面にマスクをしてみました。
しかもヤッツケ仕事の黒ビニールテープ貼り!(笑)
          368714494_108.jpg


効果覿面、大ハマリしました。真四角の世界がとても新鮮。
正方形には縦横がありませんから、しっかり被写体を見ないとダメ。
真四角ゆえの奥行きや広がりも意識しないとこれまたダメ、難し・楽しいってやつです。
          DSCF1664.jpg


もちろんモノクロモードにしても楽しい
          DSCF1699.jpg

この「なんちゃって・・・」はコンパクト機でやるものじゃないかな?と思っています。
3:4の画面からやっていくといいんじゃないか、コンパクト機独特の間合いもいい。
一般的一眼レフの2:3の持つ緊張感は尊重したほうがいいのでは?そんなことを思っています。


写真機好きの方なら一度お試しください、これ楽しいです。
プリントも面白かったですよ、2Lサイズで余白つけると雰囲気メチャでます(笑)

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:スクエア - ジャンル:写真

  1. 2007/07/16(月) 09:21:32|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンガ造りに魅せられて。

引き続き木曜日のものを、「独りよがり」のスケッチですがお付き合い下さい。

大井町の散策(迷走)、正直言います。迷子になりました(笑)。
勘で「コッチに行けば京浜急行の駅に出れるだろう」で曲がったのが間違いでした。
完全に方向感覚を路地のど真ん中で失いました。
いつもなら「まぁいいや・・」で迷子を楽しむのですが、この時からこの後の待ち合わせの連絡がメール入電し始めたのです。
「なんとか遅刻だけは避けないと・・・」心理的にも迷子状態。
ちょっと後戻りして方向感覚を取り戻すべく線路端まで戻ってきた時見つけたのがこれでした。
IMG_5620.jpg
レンガ造りって弱いんですよ、大好きなんです。
これは「日本ペイント」さんの建物、どうやら保存しつつ現役のようです。
レンガの色合いってなんだかほっとできるんですよ。

遅刻が気になりつつも何枚も撮ってしまったのですが、この先にまたレンガ造りを発見
IMG_5621.jpg
なんとお寺の塀、塀の向こうに見えるのはお墓、ある意味「ミスマッチ」(死語?)
これは燃えました、フレクトゴン35mmの直線描写が大活躍。
          IMG_5622.jpg
デジタル一眼になってから35mmレンズってちょっと苦手意識あるんですよ、避けるかのごとく。
1.6倍トリミングされるのがどうもだめなのです。
ズームレンズでフレーミングしている時は違和感ないのですが、単レンズだとここがモロに見えてくる。
でもこのレンズだとなんだかそんな苦手意識を払拭してくれる雰囲気あるんです、
何が違うとかを言葉・文字では表せないのですが、なんとなく。


犬の散歩なさっている方に道を聞いてどうにか「迷子脱出」、京急電車を乗り継いで有楽町へ
どうにか遅刻は回避、待ち合わせのお相手を待つ間にもレンガ造り発見。
IMG_5633.jpg
有名ですね、山手線のガード。物凄い規模のレンガ造りの高架線です。
ここもいい雰囲気なんですよ、アチコチ補修されてペンキ塗られたり・コンクリートで補強されていたりしてるのですが、それでもいい風情なのです。
ちょっとした段差のところには生命力豊かに雑草が生えている。
これ有楽町駅中央口ですよ、本当に生命力の象徴のように見えました。

なんだかレンガばかり撮っていた木曜日の午後なのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/15(日) 09:12:28|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレクトゴン35mmでお散歩in大井町

木曜日のお休みの日、有楽町での待ち合わせまでちょっと半端な持ち時間でした。
こんな時はお散歩写真するのが一番、またさまよってきました(笑)

今回迷走してきたのは大井町周辺です、ここも通るたび気になる線路脇の小道があるのです。
          IMG_5599.jpg


          

ステキな学校の壁画に会えました
IMG_5612.jpg
きっとこれを書いた子供も鉄道好きなんじゃないかな。


ここへはフレクトゴン35mmF2.8と一緒に来ました。
AFカメラで広角系のMFレンズを使うとき立ちふさがる大きな壁があります。
それはピント。AF前提のスクリーンでMFを使うとピントの山が掴めないんですよ、特に2m近辺から無限手前。
ピント合わせでイライラするのも楽しくありません、こんな時は絞っちゃうんです、
絞り値をf8にしてピントリングを3mと5mの間に置きます、すると2m~∞までが被写界深度に入る。
このままピント合わせをせずシャッターを切る。
幸いEOSはMモードにしておけばM42レンズでも露出計は作動しますので、後はシャッタースピードをダイヤルで合わせてあげるだけです。
          IMG_5608.jpg

確かに「絞っちゃもったいない」レンズなんですが、ピンボケ連発よりはいいだろう・・そんな消極的選択です。

このレンズ、ドイツのカールツァイス製。
な~んにもしないでjpgで撮りました、もちろん後加工は一切なし。
リサイズしてWeb用に圧縮しただけです、f8まで絞っても凄く自然なトーンがお気に入りです。
やばいですね、また「あの沼」が気になってきました、「M42・ツァイス」沼。
本当にヤバイです・・・。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/14(土) 09:13:03|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有楽町で会いました。

昨日はお休みを頂き一日外出していました。
朝6時・西浦和通過の貨物列車を撮影~常磐線の撮影~両国「江戸東京博物館」で開催されている「大鉄道博覧会」見学~京浜東北線の撮影~大井町周辺散歩~有楽町・・・とまぁ一日歩き・遊んできた次第です。

有楽町ではいつもカメラ・レンズのことでお世話になっている写真家さんとビールを飲む約束をしていて、ようやっと実現です。
この写真家さんが私のことを恐怖の「レンズ沼」に突き落としたご本人でもあります。

有楽町で「一回連れっていって」とお願いしていた飲み屋さんがあります(これを書いている時点でAM10、朝から酒場の話を書くって辛いものですね・・)。
行ってみたいなと思った要素にこの会計システムがあります。
IMG_5637.jpg
ザルの中へ最初にお金を入れておきます、注文した品が来るたびここから清算、究極の(?)明朗会計です。
たまたまイチマンエン札が置いてありますが、こんなにたくさん必要ありません(笑)もちろん!価格はリーズナブル。

ツマミもなかなかなもの。今回二人で感激しちゃったのがコレ!
IMG_5636.jpg
宮城産って書いてあったかな?この時期にこんな美味しい生カキ食べれて幸せ。
カキの横になんだかレンズ置いてありますね・・・。

この写真家さんは常に自分たちを刺激し続けてくれます。
また「見てはいけないもの」何点か触っちゃいました・・・リコーGX-100(笑)
中でも衝撃的だったのが一本のレンズ、シグマ12~24mm広角ズーム。
これの直線の描写はまさに「衝撃」
IMG_5638.jpg
このレンズ本気(「マジ」と読む)欲しい。
キャノンEOS-1DMarkⅢも触らせていただきました。


飲み始めたのが17時、たくさん飲んだというよりたくさんしゃべった。
しゃべり足りなくてもう一軒、今度は沖縄料理屋さん。
沖縄焼酎はあまり馴染みがないのですが、そこは沖縄通の彼
癖のないいい香りの焼酎を選んでくれました。コレのグラスがまたいい風情。
IMG_5649.jpg


このカットは彼が撮ったもの、レンズは例のソ連レンズインダスター50mmF2.8
IMG_5650.jpg
焼酎のおつまみは写真っていうことです。

今回の初体験、ヤギの刺身。
IMG_5647.jpg
恐る恐ると言う表現がピッタリで箸を伸ばせば・・・これが美味しい。
もっと「獣系」のにおいかな?だったのですが全然!クセない・ほのかに甘み。
美味しい、もう一回食べたい。食べた事ないものってたくさんあるんですね。

またレンズを一本お借りしてきました、もちろんM42マウント(笑)
こちらの姿やどんなものが撮れるか?はまた次回に。
まぁ・・これがデカイ!カメラ庫を占領するかの勢いです。

たくさん情報を仕入れてきました、ここで話さないといけないこと・話せないことたくさんあります、
ここらも追々展開できればと思っています。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/13(金) 10:19:13|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝顔@インダスター50mmF2.8

朝顔が咲きました。
IMG_5414.jpg
常連のお客様に頂いたものです、毎年頂くんです。
本来ならこちらがお中元としてなにか贈らないといけないんですけどね。
東京入谷の朝顔市にいかれるんだそうです。


朝顔ってどうしても小学校の観察日記を思い出してしまうのですが、
プロの育てた朝顔はとっても綺麗な色の花が咲きます。
小学校の時蒔いて育てた朝顔ってこんな2色の花なんてまずありませんでした(笑)
IMG_5418.jpg
これを撮ったレンズは先日やってきたソ連製レンズ
インダスター50mmF2.8、絞りは2.8と4の間(笑)、絞りリングのクリックがないんですよ。
約30センチまでよれるこのレンズ、なかなか頼もしい。よれるっていうのも武器ですよね。
MFですのでどこでもピント合わせが出来るのも楽しいです。



そういえば・・・小学校の時の夏休みの宿題、朝顔の観察日記ありましたね。
絵日記タイプになっていて、この絵が苦手でした(笑)
この時の絵へのコンプレックスが写真好きになった部分、大いにあります。
ソ連レンズ・ドイツレンズで綴る観察日記でもやってみましょうか?(笑)

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/11(水) 09:08:42|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジタルとフィルムの違い?

昨日に引き続き質問メッセージへの回答になってないかもしれませんが(笑)、お答えしていこうと思います。

昨日と同じ方なのですが、とても難しい質問です。

>フィルムとデジタルの違い「写真の味」
>フィルムとデジタルで撮ったものはプリントした時に味が違う?

難しいです、答えはあるのか?
この質問を頂いた方は、今デジタル一眼に切り替えようか?と迷っている段階です。
昨日も書きましたが高い買い物になります、全て納得してもらってから「舞台から飛び降りて」もらいたいですからね(笑)、一生懸命考えてみました。
nega-1.jpg
▲自分の最新のネガカラーで撮ったものです。
 と言っても昨年11月ですからもう半年以上ネガで撮ってないことになります。
 ネガカラーの優位さはなんと言ってもラチュードの広さだと思います。
 ハイライトからシャドーまでトーン豊かに粘り強く表現してくれます。



「写真の味」、デジタルとフィルムで差が出るか?
出ると言えば出るし、もう気にしなくていいと言えば気にするレベルでなくなってきたのも事実です。
プリントに関しても今はネガでもデジタル変換して焼き付けるタイプが主流なので、デジタルでもフィルムでも似た傾向のプリントになってきています。

ただ上の作例でもそうなのですが、「写真の最終形は紙(プリント)である」と言う部分に着目すれば、ネガフィルムのアドバンテージは確かにあります。
ラチュード、ハイライトからシャドーまでトーン豊かに再現・表現する事に関してフィルムは、今の所一番楽で手軽に手に入れることが出来る最強の・究極のツールであると言ってもいいでしょう。
完成度が違うんですよね、100年近くかけて進化してきたもの、プリントを作るためだけならネガフィルムが一番いい、専用なんですから。
nega-2.jpg
▲カメラ・アサヒペンタックスSP、レンズ・PORST Super Weitwinkel 28mm F2.8
 フィルム・フジカラースーパー400FT、f8・シャッター1/60秒(だったかな?笑)



デジタル特有の描写は確かにあります、やはりラチュードは幾分狭い。
ノイズというフィルムカメラでは出てこなかった現象もあります。
ホワイトバランスもそうですね、1枚ごとに測定しています、ちょっと折り合わないと途端に色が変わったり・・・。
でもここら辺の部分は日進月歩で進化しています、これは凄い勢いです。
私の使っていた初代デジタル一眼と今使ってるものメーカーの違いあるものの、それを差し引いても物凄く基本的な部分が進化していました。メーカーの違いとかではない写真の基礎という部分、光の像をデーターに変えるエンジンの進歩。
フィルムのアドバンテージという聖域(?)にどんどん近づいていると思います。

プリントの優位性と言いましたが、デジタルがフィルムを上回っている部分もあります。
それはA3ノビ以上の大型プリント、これは出力機との関係もありデジタルが完全に上回っています。

デジタルでは簡単で、フィルムではちょっと難儀しちゃうといえばパソコンへの取り込みでしょう、デジタルのアドバンテージ。
これもずいぶん手軽になってきています、ネガフィルムの「同時CD-R書込み」を利用すれば高画質のまま(サイズもそれなりにデカイですけど)デジタル化が出来ますし、
昨今主流になったプリンターの複合機のスキャン機能も簡単にソコソコの画質で取り込めるようになってきています。

もう「フィルムカメラがどうの・・・」「デジタルカメラだからこうの・・」はなくなってきてると言えると思います。
答えになってないかもしれませんね、でもこれが今の写真事情です。
だから・・「迷走記」なんですよ、イッパイ考えて・勉強しなくちゃならないことたくさんあるのです。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/10(火) 10:05:11|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

一眼レフへ「そっと後押し・・」

メールでご質問をいただきました、
今回は「デジタル一眼への移行したいのだけど」というものです。
以前にも書きましたがもう一度自分なりに考えて書いてみようと思います。

やはり最初に躊躇するのは価格だと思います、安くなってきた・初心者用モデルが出揃ったとは言えやはり高価な価格ですものね。
それ相応の覚悟がいる買い物になると思います、ある意味失敗の許されない買い物。
納得して踏み切りたいものだとも思います。


一眼レフの優位とはなんでしょう?
一にも二にもその画質です、これはフィルム機もデジタル機も同じ、なんたってレンズのパワーが違います。
画質と言えば画素数なんですが、これはそれほど気になさらなくてもいいと思っています。
1000万画素時代になっていますが、実質の一般的レベルなら600万画素から十分だと感じています。
写真を見て、600万画素で撮ったもの・1000万画素で撮ったもの、これの差を我々の一般的なプリントレベル、ましてプリントよりもアバウトなモニターで判断って出来ないものです。
手ブレさえしっかり克服できれば、それはもうコンパクト機とは一線を画す画質の写真が自分のものになります。
DSC_8516.jpg
▲一眼レフの最大の楽しみは交換レンズの存在です。
 私が写真を始めた頃300mmなんて夢のまた夢、そんな存在でした(笑)
 この15年で300mmまでのズームもずいぶん普及しましたし、値段もずいぶんこなれました。
 これを撮ったのはニコンで一番安い70~300mmズームですが、
 しっかり手ブレを封じ込めば(この場合三脚使用しています)キッチリ撮れます。
 いつも作例が鉄道ですいません・・・。



レンズ交換が出来る、やっぱりここに尽きるのかな。これは楽しいですよ。
「レンズ沼」なんていう恐ろしい物欲の沼があるくらいですから(笑)
でもこんな沼に来なくても「W(ダブル)ズームセット」なんて呼ばれるセットレンズでも十分いけます。
最新のレンズの実力って侮れないですよ、「安いレンズはピント・キレが悪い」なんてよく言う方いますが、ほとんどが手ブレ・動態ブレという事実もあります。これ本当なんですよ。
撮った写真が常時A3以上に伸ばす必要がある、そんなお使い方なさるのでしたらこれはいいレンズが必要です。
逆に言えば「常にA3サイズ」ということの特異性を考えれば、我々一般的ユーザーはさほど気にしなくてもいい部分とも言えます。



今回の質問を寄せてくれた方はもうひとつお尋ねごとがありました。
「夜景を撮るにはやっぱりデジタルの方が良いか?」というもの。
これは圧倒的にデジタルが有利です。
DSC_9505.jpg
「デジタルだから夜景がよく撮れる」と言うわけではありません、結果がすぐに・その場でわかるからです。
夜景での失敗と言えばブレと露出、ブレは何度も書いていますので露出のこと。
「イルミネーションが暗くなった・白っぽくなった」そんな失敗を撮ってすぐ確認できる。
失敗だったら即撮り直し。これだけで全然違うんですよ。

夜景=三脚ですhttp://ichinosephoto.blog93.fc2.com/blog-entry-66.htmlこれは必需品です。
でも・・ノイズ・画質の問題はありますがデジタル一眼ですと感度を変える事ができます。
これも使い方によっては大きなアドバンテージになると思います。


まだまだ書きたいことがあるのですが、今回はここら辺で。いつも言葉足らずですいません。
疑問等あればHPのメールからいただければお答えしたいと思います。
http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/09(月) 08:54:02|
  2. 初めての写真趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

お中元お買い物セール・イベントのお知らせ

またご来店いただけるお客様だけのご案内になる事をお許し下さい。

本日8日より15日まで中元お買い物セールを実施いたします。
DSC_8381.jpg

当店のサービスは「とだオールカード」http://www.tok2toda.com/oarcard/oarcard_top.html

ポイント2倍進呈いたします。

そしてもうひとつイベントがあります、戸田市商店街連合会・商業共同組合で
7月29日参議院選挙投票率アップ大作戦!を実施いたします。
当店も参加させていただきます。
当店のサービスは29日のみですが「投票済証」ご提示のお客様に「とだオールカード」ポイント2倍進呈いたします。
       DSC_8374.jpg

この選挙セールですが、当然の事ですが特定の政党・個人を応援するものではありません。当たり前の事ですよね。
残念な事に戸田市の選挙投票率って50%を大きく下回っているそうなんです。やっぱりよくないです・・・。


そうそう!毎度恒例のHP&ブログ見た!特典もやりましょう(笑)

「HP・『デジカメ迷走記』見た!」とおっしゃっていただいたお客様には
ポイント3倍進呈いたします。

こんなところでいかがでしょう?(笑)
ご来店心よりお待ちしています。
http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。
  1. 2007/07/08(日) 09:16:49|
  2. カラーのいちのせ お勧め商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バッテリーグリップ。

現在愛用しているカメラはキャノンEOS30D、去年12月に購入しました。
デジタルカメラに限らず、カメラを購入する時一番とはいいませんがとても気にしているのが電源・バッテリーの種類です。
どれがベストの電源というのは今だわかりませんが、少なくとも緊急用の対策がしてあるものを選んでいます。
もしくは最悪、単三電池でも可動するもの。コンパクト機も同じです。

数多くのカメラを使ってきて、何度もこのバッテリーで痛い目にあってきました。
ほとんどがちょっとしたチェック忘れの時、肝心な時に動かないカメラ・・・。
単三電池にこだわるのは、このタイプならなんとか手に入る率が高いからです。
今でこそコンビにでもカメラ用リチウム電池を見かけるようになりましたが、
ちょっと前までは専門店でしか売っていない電池の方が多かった。

そして自分自身かなり臆病な部分もあるんですね、充電式バッテリーがなにかの拍子に予備まで全滅しちゃうんじゃないか?常に思っている事でもあります。
今のカメラになってある別売パーツの存在を知りました、バッテリーグリップです。
DSCF2194.jpg
通常のバッテリーを2コ装着でき、なおかつ緊急時には単三電池6本でも可動できるアダプターが付いています。
これなら、万が一のバッテリートラブルでも単三電池さえあれば凌げる!
本体購入して最初の仕事の時、まず準備したオプションパーツなのです。


ただ・・デカイんですよ、縦位置用シャッターも付いているのでかなりガサバルのです。
このところこの巨大化したボディがなんとなく「不快」とは言いませんが、ちょっとウザったい。

DSCF2191.jpg
外してみました。これが・・・なんだか新鮮(笑)
まるで違うカメラになったみたい、なにより軽い!小さい!!
レンズ一本分は軽いですし、カメラバックの中も余裕ができます、いいじゃない!
バッテリーの管理さえしっかりしていれば1日程度の撮影なら無問題。
どうしても予備バッテリーが必要な時はグリップと単三を持っていけばいい訳ですからね、
ようは・・使い分ければいいんです。

カメラのそこそこの「軽さ」って武器になるような気がします、
趣味の撮影の時でも軽ければ歩く距離がずいぶん違うのは身を持って感じていますしね。
ちょっと新鮮な発見でした、時たま自分の機材をもう一度見つめなおすのもいいかもしれません。
なんだかとっても写真を撮りたい気分になっています。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/07(土) 09:05:58|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

楽しく・怖い、RAW現像

「RAW現像は楽しいですよ、一眼レフお使いなら絶対自分でやるべきです」
ある写真家さんとお話した時おっしゃっていたことです。
当時はN社のカメラを使っていました、RAW現像ソフトは別売 なんとなく買わないでそのままjpgだけで撮っていました。

今のEOSになってから現像ソフトが付属品として付いていました、実際やってみるとこれが楽しい。
楽しいし、安心感があるんです。ある程度の修正が出来るのはありがたい。
IMG_5297.jpg
▲かっこいい貨物列車だと思いませんか?(笑)
 日本最大の自動車メーカーが自社のパーツ輸送専用に貨物列車を仕立てたそうです
 CO2排出量で貨物列車が見直されている、なんたって自動車メーカーですから!
 我々ファン側からするとズラッと揃ったコンテナにとてつもない魅力を感じてしまいます。



先日までこのRAWで記録する時、同時jpg保存もしていました。
なんだか不安だったんですよ、何かあったときjpgがあればどうにかなる気がして。
保険の意味合いですかね、やっぱり臆病なんです。保存も記録も電源も(笑)

ただjpg同時保存だとまぁコマ数が増えちゃって増えちゃって、
そりゃそううです同じカット2コマずつ保存ですからね。
今回から思い切ってRAW一本にしました、保険のjpg使ったことないし。

RAWデータは本当にシビアです、些細なミスもゆるしてくれません。
jpgならナントカなるというわけではなくjpgも一緒ですが、
現像処理の時ピクセル100%で見ないとならない、この時見えてくるんです、些細なミスが。
もちろん写真には変わりないですからフィルムでも同じ事がおきています、
いい意味での銀塩のアバウトさで今まで見づらかった部分なんですね。
今まで24×36ミリの1コマを10倍ルーペで見ていたのが、いきなりモニターサイズで見るようになって気が付いたことでしょう。

RAW現像の時みるピクセル等倍の世界はやっぱりシビア、
RAW現像の楽しさはこんな所にもあると思います
ただ明るさやホワイトバランスをいじくる事だけではなくて、写真の難しさに直面できる事。
それが・・・バッチリ決まっていた時の喜びはたまりません。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/06(金) 08:53:04|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続々々・・・レンズ沼のオロカナ住人。

「主人からレンズを処分するように言われたの・・・」
ネット友達からのメッセージでした、風の噂で自分たち側(笑)のレンズを楽しんでいるとも聞いていました。
『一応、リストと下取り価格をおしえてください』

数日後そのリストができました、まぁ・・あるわあるわその手のレンズ。
一応自分を「M42沼」に突き落とした張本人にもアドバイスを頂き即商談に入りました、下取り見積価格でいいとのお友達価格で決定。
昨日、閉店後そそくさと受け取りに新宿まで行って来ました。
     DSCF2245.jpg
     ▲新宿への道すがら撮ったもの。
      フジファインピックスA345,トリミングでスクエア、カラー情報破棄。



この「魔」のリスト、GWに一緒にお散歩写真した友人に見せたところ、彼ももう止まりません。
「おこぼれでいいですから・・」と言いつつ、さりげなくツァィスを主張(笑)
自分はロシア製レンズに最近メロメロなので一応(?)バッティングはなし。
この友人の分にいくつか問題のあると思われるレンズがありました、それを見極めるのも自分の任務です。


こうして今朝、我が家には6本のレンズがいます(笑)
DSCF2252.jpg
▲手前から行きましょう(笑)、テッサー50mmF2.8
 銀のボディがフレクトゴン35mmF2.8
 カメラ右下がインダスター50mmF2.8
 その横ゼブラのボディがパンカラー50mmF1.8
 奥の銀色筒状(笑)がゾナー135mmF4
 そしてEOSに装着されているのがインダスター50mmF3.5
 ちなみに友人のものがテッサー、パンカラー、ゾナー。3本のツァィスです。



こうして・・・仕事ではまず使わないと思われるレンズが増殖しています。
しかも、すべてM42プラクチカマウント、AFもなければオート撮影もできません。

朝天気がいいのでさっそくテスト、一番欲しかったパンケーキレンズと呼ばれるインダスター50mmF3.5を半逆光、開放でテスト・・・
IMG_5313.jpg
豪快なフレアが発生(大笑)、楽しいじゃないですか。
これを味方に付ける意気込みがないと「M42沼」では生きていけません。
オイオイ・・じゃなくて、追々テストしていきましょう。
今、ムショウに写真が撮りたいです

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/05(木) 10:06:35|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

戸田橋花火大会・有料席のご案内。

先日ここでも書かせていただきました、第55回戸田橋花火大会・有料席http://www.todabashi-hanabi.jp/index.htmlの現時点でのご案内をさせていただきます。
DSCF1048.jpg

当店販売分は完売いたしました、ありがとうございました。
このチケットの販売割当は地元商店街ごとの割り振りとなっています。
当店分はございませんが、7月4日時点で他の販売店さんでは若干残っているそうです。
お手数ですが次の2店舗様にお問い合わせいただければ幸いです。
ファミリー席(4人席)・ペア席(2人)どちらもあるそうです。

★菓子処 笹州  電話048-445-4868 営業時間9:30~19:00 水曜日定休

★菅沼化粧品 電話048-441-6516 営業時間9:00~20:00 日曜日定休

お電話でのお問い合わせは営業時間内にお願いいたします。

DSCF1049.jpg
▲無謀にもコンパクトデジカメで撮った一昨年の戸田橋花火大会です。

今回も花火大会写真コンクールhttp://www.todabashi-hanabi.jp/contest/contest_01.htmlが開催されます。
是非写真を撮ったら参加してみてください。
コンクールっていちばん大事なのはまず「参加する事に意義がある」です
結果を求めようとすると楽しくない、まずは参加する事ここから。

前回の入賞作品を拝見しました、自分が感じたコンテをちょっとだけ・・・
荒川の水面、これを利用できないかな?ということ(笑)。

プリントでの参加です、デジタルでもフィルムでも重要なのはフィニッシュです、プロセスは関係ありません。
プリントでお困り・お悩みありましたら何なりとご相談下さい。

あとは当日のお天気ですね。
いい花火日和になることを梅雨空の下ですが、心より願っています。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/04(水) 09:45:32|
  2. カラーのいちのせ お勧め商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車でお散歩写真。

月に一回一人で朝ごはんを食べないとならない日があります。
子供たちの野球関連で女房が当番の日、朝5時から二人分の弁当を作って・朝飯を食べさせて送り出す、さすがに朝はチョ~ドタバタ。
「俺の朝飯は?」なんて言うのも憚れる雰囲気(笑)。

コンビニのお弁当が苦手なんです、濃い味付けにタップ。食後の不自然な喉の渇きがダメ。
こんな時和食系ファーストフード店に行きます、牛丼屋さんですね(笑)。
コンビニでおにぎり何個か買う値段で温かい丼飯・味噌汁食べれます、温かいお茶もでますしね。

月一回の「一人朝飯」、ちょっと寂しいけどこれはこれで楽しみにしています。
実は・・楽しみにしている部分の大半を占めるのが、朝の散歩です。
もちろんカメラを忍ばせるはお約束、たった30分のお散歩写真の時間なのです。
DSCF2201.jpg
連れて行くカメラはその時の気分、コンパクト機もあれば・EOSに広角レンズ1本の時もある・しっかりズームを装着の時もあります。

食事する時間を含めて約1時間、実際散歩できるのは30分くらいかな。
この短時間がいいんですよ、集中できるっていうのか?リズム・テンポがちょうどいいんです。
DSCF2218.jpg


何度もやってると歩ける場所が同じになってきます、いくら好きでも飽きてくる。
そんな時は自転車に乗ります、行動範囲は倍以上になる
歩きじゃとても行けない隣の駅だって行けちゃう、また新しい発見ができる
DSCF2235.jpg
この自転車というのが面白いんですね、歩きの時・車の時とまた違う発見ができるのです。
高さが違うのか?視線を送る速度が違うのか?視線・視点がまったく違うのです。
これは新発見、いいです「自転車お散歩写真」。サイクリングではありません(笑)あくまでも自転車散歩
ちょっと遠くまで行けるのも楽しいかもしれない、お奨めです。
できればママチャリなんて言われるファミリータイプがいいですよ、スピードが出ないから。

次回はキッチリ一眼レフで行って見ましょう。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/03(火) 09:19:35|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「コンパクト機で鉄道写真」やってきました

先日綴ってみた「コンパクト機で鉄道写真」ですが、口先だけではいけない・・と実践してきました。
朝の散歩の時ですので思いっきり地元の鉄道です、有名な電車・列車は登場しませんし、
かなり「独りよがり」の写真ばかりです。
参考になるかどうかわかりませんがいくつかお見せしようと思います。
カメラはフジファインンピックスA345で撮りました。
一応・・・「言い訳」を添えて撮影意図などもご一緒に(笑)

DSCF2198.jpg
▲やっぱり根っこが「でんしゃすき」なんです、一枚はこんな写真を撮らないと落ち着きません(笑)
 駅の発車シーンですのでスピードもまだそれほど出ていないので慌てずにカメラを振れます。
 流し撮りはシャッター切った後もそのままカメラを振り続けることがコツです。



DSCF2200.jpg
▲地元駅は寂れたとはいえ繁華街です。
 この街らしいなぁ・・と思った「飲食店・飲み屋さん」だけの商店マップがあったこと。
 「この街を走る鉄道」というイメージ、ちょっと説明チックかもしれませんね。


DSCF2214.jpg
▲アザミでいいんでしょうか?花の名前弱いです、すいません。
 昨日もお見せしたこの花、いい紫と黄緑が気になって粘ってしまいました。
 花の向こうに電車がブレて登場と思ったのですが、通過風で花も予想以上大揺れ、
 線路の敷石だけが止まっているのも動感の対比があっていいかと(笑)



DSCF2221.jpg
▲地元だけでなく線路際って意外にも草花が多いです。
 きっとご近所の方がわずかな土の部分で楽しんでおられるのでしょうね、
 自分もよく・アチコチでご相伴にあずかっています。
 それこそ国鉄(!)時代からある境界線を表す支柱・無機質なフェンスとの対比が面白くて。
 この場合も電車がいることでより無機質さが強調できると思いました。



DSCF2237.jpg
▲突如現れた「スーパービュー踊り子」号、ビックリしました(笑)
 フェンスにからまる朝顔越しに流してみたのですが、縦ブレしてしまいました・・。
 その縦ブレと緑のアウトフォーカスがいいかな?と後付で思ってますが、やはりキッチリ止めたいですね。



う~~~~~~ん・・・ここまで並べてみて・・・これって鉄道写真なんでしょうか?(笑)
お散歩写真の範疇になりそうです。
でも、自分の中に「お散歩写真」も「鉄道写真」も撮る時の気持ちの線引きってないんですよ、感覚的に同じな部分多いんです。
だから「独りよがり」なんでしょうね。
お目汚し失礼しました。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/02(月) 09:02:54|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

紫陽花の「おまじない」

ついこの前まで値上がり続いた灯油に文句言ってたお正月だったような気がするのですが、
今日から7月、2007年も半分終わりました・後半ですね。

今年は空梅雨の様相なのでしょうか?これからたくさん降るのかな、
空梅雨の帳尻合わせの大雨は勘弁して欲しいところですよね、いい按排であって欲しいものです。
雨の少ないからでしょうか、地元の紫陽花がなんだかイマイチの色づきでした。
カブによっては色づく前に枯れ始めちゃった、なんだか寂しい限りです。
DSCF2211.jpg
紫陽花独特の色のトーンっていいですよね、日本の紫・ピンクというイメージがあります。
この花も桜と同様、毎年1枚は撮る花だと思います。
この微妙なトーンの花、写真に撮るとなんだか白っぽくなっちゃったことありません?
露出が難しい色合いのようです、光線にもよりますがカメラのオートだと気持ちオーバー目に出てしまう。
ネガカラーの時は気にしなくてもいいのですが、ポジだと色ノリが悪くなる。
紫陽花を撮る時、「おまじない」として1/3アンダー目に撮っていました。
はたしてデジタルではどうか?出た目と1/3アンダーの2カット撮りました、
結果は、やはり「おまじない」は効いている、アンダー目のカットの方が印象どおりの色具合でした。
ちなみにこの紫陽花は今朝撮ったものです。

今朝は一人朝飯でした、朝定食の後自転車でお散歩。
歩きの散歩もいいですが、自転車もいいですよ、行動範囲が格段に広がります。
今朝は川口~西川口~蕨と3駅の間を一回りしていきました。
紫陽花はそろそろおしまい、草花は夏の主役が咲き始めていました。
DSCF2212.jpg

DSCF2241.jpg


http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/01(日) 09:22:06|
  2. 店主いち・撮って出し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。