店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーバーホール、する?しない?

晴れてきました!
このまま明日までいいお天気の予報です、三連休・雨三連発じゃあんまりですものね。いい連休後半戦にしてください。

IMG_4633.jpg



お客さまでもある後輩君に先日聞かれました、

「そろそろカメラのオーバーホールしたほうがいいですか?」 というもの。


自分、オーバーホールってやらないんですよ、なにか不都合出たら修理に出します。
また毎年一回必ずオーバーホール出す方も知っています。これ、それぞれの考え方だと思うんですよ。


ワタシがオーバーホールしない理由あります。
その昔…、某メーカーのプロ登録してました、このプロサービスは年会費で年2台までオーバーホールしてくれます。当然これでお願いしていたのですが、どうも仕上がってくるとフィーリングが違って戻ってくるんです。シャッターが落ちるまでのストロークやミラーアップの始動タイミング、ほんの些細な事なんですよ、数値では表せないようなことだと思います。 元のセッティングに戻ったことだとも思うのですが、自分が慣れ親しんだフィーリングと変わるのが凄くイヤだったんですよね。 車を点検に出して、サイドブレーキのかかり具合が変わるみたいな感じって言えばわかりやすいかな。

じゃぁ、現場でオーバーホールしないのが原因の故障とかはどうなんだい?とお思いでしょう、でもワタシが写真を仕事として携わるようになってから、そんな華奢なカメラってなかったです。

カメラでハズレを引いた事ないんですね、唯一あったのがフィルム時代、DXコード(感度・毎数をバーコードで読み取る装置)が暴走すること。これなんかもオーバーホールでは見つけられないと思うんです、だったら「こういう不都合が出ているから見てくれ、そしてその周辺を掃除点検してください」ってお願いした方が確実。


それとカメラ壊れないんですよ。中古で買ったのも含めてもない。確かに磨耗していくのは避けられないです、現に初代のデジタル一眼レフは磨耗を感じ買換えしています、基本使い潰しだと思っていますし。


年に一回はオーバーホール これも正しいと思います。むしろこっちが正解かもしれません。
でも!今のカメラって本当によく出来てると思います、それほど神経質にならなくても大丈夫なのかな?と思います。カメラの作りも変わったじゃないですか、昔はバネ・ビスなんかのタイミングで動いていた、だから調整必要だった。今はほとんど電子タイミング、調整よりもパーツ交換でしょうし。


もちろん。大事に使うことは大前提です、それは愛器への愛情ですって(笑)
車のトランクにカメラバックごと入れっぱなしで普段移動してる…なんてカメラにいいわけないんですからね。




カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。



テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/10(日) 13:52:12|
  2. 店主の独り言。
  3. | コメント:0
<<気持ちいい空 | ホーム | 雨の日はお片付け。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。