店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

異性のお仲間。

日曜と祝日の合間の月曜、いつもと違う空気感を感じています(笑)
10月出張撮影の後フォロー仕事をしつつの営業です、
集中力が命のお仕事、気が付いてふと外を見ると真っ暗、
日の入り時間ずいぶん早くなりましたね、
そりゃそうです、11月も残り一週間ちょっとですものね。



色々なご縁があって、ネット上でたくさんの友人がいらっしゃるんですね。
やはり写真つながり・鉄道つながり・鉄道写真つながりが多いのですが
最近本当に鉄道・鉄道写真で女性のお仲間が増えたんですよ。
R0010243.jpg
女性がお撮りになられる「鉄道写真」刺激的です。
基本、バリバリの「鉄写真」を撮られる方は少なくて
写真としてのモチーフに鉄道を選んでくれた、これが最高にステキ。

何が刺激的かというと…
土台になる視点・視線が違うと思うんです。
ワタシたちは鉄道誌のグラビア・巻頭写真なんかを見て
それを目指した、多くは鉄道写真家さんの作品。
当時、そんな鉄道誌は「編成写真」と呼ばれるものがまずありきでした
結果ワタシのような存在はそこを目指し、意識してシャッターを切り続けているのです。


IMG_5428.jpg

今日拝見した友人ブログ、
ご主人と紅葉狩りドライブに行かれた、
ご主人様はご当地お蕎麦を楽しみになされて
友人(奥様)はローカル線の撮影が楽しみ。

父が鉄道撮るために、奥様・家族に「○○を食べさせてる」なんてよく聞いた・常套手段なのですが、それが逆転していた…(笑)


でも鉄道って写真向きだと思うんですね。
鉄道を取り巻くもの、時間や空間全てひっくるめて
写真向きだと思うのです。
車両写真だけが鉄道写真じゃない。



楽しみなんです、女性鉄道写真ファン。
いっぱい刺激もらって、イッパイ真似させてもらおうと思っています。
ホント。我々では思いつかないアングルで撮られるですよ。





カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/22(月) 18:34:26|
  2. 店主の独り言。
  3. | コメント:2
<<のんびりと勤労を感謝。 | ホーム | 朝秋色探散歩>>

コメント

こんな私ですが...

せっかくの紅葉も上手く撮れない、遠出して撮った鉄道もイマイチ・ニ・サン。それでも思い切ってPCRに今日アップしたところでしたが、いち。さんのネタになっていたとは!お役に立てて光栄です!!
と言うか落ち込み気味でしたので元気付けられました。ありがとうございます。
また何枚かプリントして頂きたいなぁと思っているのですが、肝心の写真が揃わなくて(^_^;)
もう少し頑張ってから伺いたいと思っておりますのでよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2010/11/23(火) 00:24:23 |
  3. マユピー #-
  4. [ 編集]

マユピーさん

なんでもネタにしてしまいますので、ご注意ください(笑)

プリント、揃わないって考えないで、気になったものLサイズ(できれば2L)でいいから焼いて見ることを薦めます。モニターだけでジャッジすると、傑作見落としますよ。紙になったとき発見すること多いですから。これ本当です。写真屋が書くとイヤラシイんですけど(笑)
  1. URL |
  2. 2010/11/23(火) 09:31:25 |
  3. 店主 いち。 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。