店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬場のバッテリー

今日はいくぶん穏やかな気温に感じる埼玉県戸田市(西川口)周辺です。
厳しい寒さもあれですが、空気の乾燥も不快ですよね
最後に雨降ったのいつだろう?そろそろお湿り欲しいです。


この寒さも関係あると思います、
連日お客様からバッテリー・電池のご質問受けました。

「お外で使っていたら充電したばかりのバッテリーがすぐになくなった」

そうなんです、弱いんですよバッテリー、寒さに。
これはそういうものと思ってください。
防寒カバーも決してお買い求めやすい価格とは言いづらいですし、
一番確実なのが予備を持つこと、これしかないです。
そしてその予備バッテリーをズボンのポッケ(笑)に入れておく。

寒さに対しての前兆もわかりづらいのも事実です、
前コマまで普通に動いていたのに突然不動!が当たり前。

それと充電式バッテリーは消耗品、長く使っているとヘタってきます
携帯電話のバッテリーを思いだしていただければ誰しも経験あるかと。
「永遠」ではないものなのです。

R0010184.jpg

バッテリーに関して本当によく訪ねられることがあります。
一眼レフお使いの方が多い、

「純正」と「そうでないもの」ではどうなんだい?

絶対言えることはひとつ、純正なら間違いない ということ。
当たり前です、でも価格の差が大きいですよね、
お気持ちはよくわかります。


自己責任なんですよ、こればっかりは。
充電式の宿命みたいなものです
ワタシが見聞きした充電式バッテリーのトラブルは…

発熱、発火、破裂。

難しいところです。
「信頼置けるメーカー」とくくれない、純正と非純正。
だから自己責任なのです。

ワタシですか?
「そうでないもの」使っています、
自分で買ったこともありますし、
友人がカメラが変わったからといってくれたものもあります。
問題は今のところありません、ただ絶対じゃないですよね、
やっぱり自己責任なんです。




カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。




  1. 2011/01/18(火) 16:53:59|
  2. 店主の独り言。
  3. | コメント:2
<<「教える」というか「共に学ぶ」 | ホーム | 久々のポジプリント。>>

コメント

うちも買い足しました

私のじゃないんですけど嫁のコンデジのバッテリーが小さいので持ちが悪いと思ってたんです。
11月にUSJに行くということで非純正ですが買い足しました。
私のEOSは息子と2人分で5個の電池を持ち歩いて足りなさそうなときはバッテリーグリップ+単三電池でしのぐ装備も持ち歩いてます。いざという時ないと困ります、シャッターチャンスは待ってくれませんしね。
  1. URL |
  2. 2011/01/18(火) 18:21:47 |
  3. たけぞう #-
  4. [ 編集]

たけぞうさん

色々試した結果、予備を買うことが一番いいみたいです(笑)
単三等の緊急モノもなんかイマイチなんですよね〜、
ワタシも前機の時バッテリーグリップで緊急単三!って
やりましたが、大きさが不快ですぐ止めました(笑)
あれを買う分バッテリー買い足したほうが、コントロールしやすかったです。
でも新しい機種はバッテリーも進化してるようです、
2コ回しでなんとかなるようになりました。
  1. URL |
  2. 2011/01/19(水) 09:25:23 |
  3. 店主 いち。 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。