店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HDRを楽しむ。

ここ埼玉県戸田市(西川口)周辺は曇り空、
エアコン無しで過ごせそうだけど、
扇風機だけではかなり蒸し暑いような微妙な暑さです。
一雨くるのかな?やや黒い雲が増えてきました。



さて。先週から使い始めたRAW現像ソフト
「SILKYPIX Developer Studio Pro 5」http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/dsp5/
徐々に使い慣れてきました。

Pro5になって一番の売りが「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能。
HDR表現、詳しくは→http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/dsp5/function/hdr.html
何はともあれ使ってみました。

IMG_0836.jpg

IMG_0846_1.jpg
▲スカイツリースケッチを2点。展望台上のクレーンも1台になりましたね。
 やっぱり街歩きをしていてスカイツリーが見れるとテンション上がります(笑)
 自分、雨男とはいいませんが、決して晴れ男ではないと自覚しています、
 曇り空の下写真スケッチはよくあること、そうなるとこの手のスナップでは
 なかなか厳しい結果が待っています。露出をタワーに合わせれば当然
 街並みなどはアンダー、シャドーに合わせればタワーは消える。
 こんな時HDRを使えば両立することができます。
 大事なのは「塩梅」、使い過ぎるとまるで「CG」のよう、
 コツとしては使ったかどうかわからないくらいがいいのかと。



IMG_0831.jpg
▲個人的テーマとして日本で一番古い地下鉄である銀座線を撮っています。
 なかなかいい駅があるのですが、近年耐震補強等で駅の景色が変わりつつある、
 上野~浅草間の駅には開業当時からの飾り窓も残っていて楽しくスケッチできます。
 これもHDRをちょっぴり使用しています、階段部分と手摺がちょっとだけ見えることで
 奥行き・地下駅であることを見せる事ができるのかな?なんて思いです。
 





まだ作例が少ないですが使い道はたくさんあります、新たな表現方法を得れたと感じかな。
#4にも「覆い焼き」があったのですが、HDRはハイライトの表現が豊かになりました。
もちろんどれくらい使うかで変わりますが、ぎこちなさがなくなったかな、ハイライトに。


大事なのはさじ加減。
シャドーを全部見せるのではなく、どこまで見せるか?じゃないかと。

もちろんアート的に大「全開」というのもありでしょう、
この場合は見せる頻度も大事、決して連発しないこと、
それやるとすぐ飽きちゃいます(笑)



まだまだ進化した部分たくさんあるSILKPIX Pro5、また追々ご紹介できれば。
一度使っちゃうと手放せない現像ソフトです、お勧めします。

「SILKYPIX Developer Studio Pro 5」http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/dsp5/








silkypix120x60_b.gif



カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。



テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/24(日) 14:36:47|
  2. カメラ・気になること
  3. | コメント:0
<<あー、夏休み。 | ホーム | 燃え尽きた夏。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。