店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四ッ谷で芽吹く。

暖かい金曜日になりました、日差しが強く感じられます
天気予報だと明日またかなり冷え込むとのこと。
寒暖の差も徐々に春らしくなってきたのでしょうね。


我がお休みの昨日木曜は本降りの雨となりました
写真を撮りたい、歩きたい街もあったのですが
野暮用片付けたときにはもういい時間、雨脚も強くなったので
写真撮りはあきらめ写真展を見てきました。

山形鉄道での「元気の出る鉄道写真」でもご一緒し、
先日のCP+2012、SILKPIXブースでもご一緒した
日大芸術学部・遠藤君(http://rail-on-time.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-a38f.html)の
日本大学芸術学部写真学科卒業制作選抜展を拝見してきました。
四ッ谷・ポートレートギャラリー(http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html)です。
IMG_1180.jpg
日大芸術学部写真学科で選抜メンバーなんてすごいなぁ
自分が22歳の頃を思い出すと技術的にも感性的にもこんなレベルじゃなかった。



遠藤君以外のメンバーの方々の作品も楽しめましたよ。

当然、好き・嫌い はありますし、私達とは見ている写真の数も違います
どの世代も苦しむこと、「この作風は前にもあったよね」
ジャンルが狭まれば狭まるほど、圧し掛かってくること。

だから「ここから」であり「これから」なんだと思います。
撮りたい写真だけではご飯は食べれないものでしょうし。



聞けば。
もう平成生まれの方々なんですね
そうか、ウチの長男の方が年が近いんだ。

この時代に写真を生業にすること、
いいこともあり・つらいこともある。
記録媒体が違うこと、表現にパソコンが必要になってくること、
全てが自己責任なんですね、撮影からフィニッシュまで自己責任
逃げ道がないのが今の写真だと思っています。

若い写真作家を見守る・見続けることもいいでしょう、楽しみにしています。






行き帰りにモノクロ専用機に18-55mm一本で撮ってみました。
フト思ったのです、「写真って物悲しく撮るのは案外簡単なのかな」と
そうならないモノクロ写真、なかなか難しい。
やっぱり今年も「元気の出る」写真を目指したいな、
若き刺激をいただいたあと、そんなこと思っておりました。
IMG_1228.jpg



silkypix120x60_b.gif



カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/24(金) 14:06:46|
  2. 店主の独り言。
  3. | コメント:0
<<デジタルでクロスプロセスを体感す。 | ホーム | 店主・休日前・心境。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。