店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『甦れ!東北の鉄道』

地元・戸田市在住の鉄道写真家・米屋こうじさん(http://www.geocities.jp/yoneya231/)から
唐突にお電話を頂いたのは先月末だったでしょうか。
「色見本を作って欲しい」とのご依頼でした。
もちろんそれがワタシの得意とするところでもありますから快諾です
むしろ「やらしていただければ」「やらせてください」です。


珍しくお連れの方とご一緒に来店です、
鉄道写真家の川井聡さん(http://s-kawai.com/


ワタシが鉄道雑誌に一生懸命投稿していた頃
特集記事などの写真をお撮りになられたいた写真家さん
「やっぱり違うなー」なんて思ったもの。
まさかこうしてこの時代にお仕事をさせていただくなんてビックリです。


ご依頼は写真誌出版にあたっての色見本プリントを作ることでした。
川井さんもそうでした、指示の表現が独特…

「気持ちが落ち込まない色にしてください」
「この草木の緑が生命力感じる色に」

この指示を理解してYMC(RGB)や明るさに変換させるのです。





昨日、川井さんが再来店してくれました
あの日作った色見本が完成本となり、献本いただいたのです。
IMG_1278.jpg
「甦れ!東北の鉄道」
 トランスワールドジャパン株式会社・発行




色見本作成時にはプリントの中身はあまり見ないものです、
お二人のプロ鉄道写真家さんからの指示をプリントにすることに集中
カッコつけて言うならば「プロに徹して」「ハードボイルドな心で」プリント
でもこうして完成された本として見るとやはりズシっと来ます
でも目を背けてはならない。


鉄道は絶対必要だと強く思いました、
それを気づかせてくれたのは参加している鉄道写真家さんの写真
お名前を記しておきましょう、ページ順で

都築雅人さん
金森正樹さん
中井精也さん
杉崎行恭さん
米屋こうじさん
山崎友也さん
持田昭俊さん
川井聡さん
矢野直美さん


添えてある文章も染み入ります。

鉄道を愛する方が記録する写真、
報道写真であって、鉄道の写真であって。
鉄道写真家さんの心の葛藤も強く感じました。

でもね、本当に思います。
「プロ」の「鉄道写真家」さんってやっぱり違いますね。




もう一度、この本を見ながら考えようと思います、
ワタシは何をすればいいのか を。






テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/13(火) 11:31:11|
  2. 写真
  3. | コメント:2
<<お年頃の11個。 | ホーム | 今日の空。>>

コメント

来て見てくれるだけでいい

今日仕事帰りに車でラジオを聴いていたら
陸前高田の市長さんがインタビューに答えていました
『別にボランティアをしなくてもいいんです。とにかく被災地に来てそして見てください。そしてその現状を多くの人に話してくれるだけでいいんです』

近いうちに高田の友人を訪ねようと思いました
  1. URL |
  2. 2012/03/14(水) 22:36:37 |
  3. 団長 #RzxuB/2w
  4. [ 編集]

団長さん

そうなんですか、そう言っていただけると
なんだか気が楽というか、踏み出しやすいですよね。

ワタシなりのお手伝いをもますます考えようと思っています
  1. URL |
  2. 2012/03/16(金) 16:59:50 |
  3. 店主いち #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。