店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

湿気の恐怖。

今日は朝から湿気が多い埼玉県戸田市周辺、台風の影響と聞きました
大気の状態も不安定、にわか雨に見舞われています。
いやー、すごい湿気。べたー・もわー・なまとわりつき状態。


先週の出張撮影でもこの湿気が思わぬトラブルにつながりました。
保育園さんの夏イベント撮影でした、屋内と日が沈んでからの屋外花火遊び
どちらもストロボをフル活用する方法となります。


そう、屋内の場合昨今の高感度を利用してノンストロボ撮影も試みたのですが
どうしてもお顔がかげる、屋内の蛍光灯下でもちょっと陰るんです
そこを補正しようと露出かけ気味にすると背景が当然オーバー、情景が写らない。
結局、今のスタイルに落ち着きました。軽ーく表情&色出しにストロボを当ててあげる。


そんなストロボの寄りかかった撮影なのですが、
先日の撮影一発目でド・オーバーになりました。
即、もう1枚撮ったのですがそれもダメ、同じ結果。
もーう、いやーな汗が滲み出る状況ですって。
DSC_4441.jpg
ガイドナンバー55のストロボが2mの距離からフル発光してます
そりゃぁ露出オーバーになりますわな。
原因はなんだ?頭ん中フル回転、一個ずつチェックしていきましょう。

まずは外します。
電池を抜きます。
ストロボ側の接点を拭きます
カメラのアクセサリーシューも磨きます。
カメラの電源落として、ストロボ装着
両方共スイッチON。

これでちゃんと動きました
原因としてはストロボ接点とアクセサリーシューの汚れかと思われます。湿気に伴う油膜状の汚れ。
ズームレンズの焦点距離とストロボ発光角度が連動してませんでしたし
どうやらカメラとストロボでの情報交換ができていなかった。


プロとして。なんとも情けない話ですが…
出発前点検でこのアクセサリーシュー周辺の掃除見落としです
センサークリーニング、レンズ接点の清掃はしたのですが。



ある意味「待った!」が効く集合写真でよかったです
これがイベントの流れでの瞬間的写真だったらと思うとゾーっ
そう、デジタルでの恩恵もヒシヒシと感じました

その場でNGがわかること。


確かに使い慣れたストロボならチャージ時間の雰囲気で今のはオカシイとわかりますが
フィルム時代でそんなサインを見落としていたら…

父の時代、集合写真撮影は職人技だたんですよね、そう考えると。
だからこそ。今の職業撮影者はもっともっと完成度を高めないとなりません。







silkypix120x60_b.gif



カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。



テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/06(月) 12:41:09|
  2. カメラ・気になること
  3. | コメント:0
<<Mark-II? | ホーム | 19>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。