店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィルムの現代事情。

モノの値段が「オープンプライス」などというベールに包まれてから、モノの価格というものがよくわからなくなってきたような気がします。
新聞の経済欄の新商品発表などで「予想店頭販売価格」なんて言葉でおおよその価格は出てますが、それも上下で1万円くらい差があったりして・・。

我々の業界でもこのオープンプライスに翻弄されてる部分あります。
以前ならメーカー希望小売価格から20パーセント引きを目安に価格決定をしてました。
よく赤い札で「20%OFF!」なんて貼り付けたものです。
IMG_7320.jpg
▲また廃自販機です、本文とは関係・・ない、のかな?
 今回のは販売機そのものはそれほど枯れてないのですが、販売見本がいい枯れ具合。
 「つぶつぶオレンジ」が妙に懐かしかったです。



フィルム・レンズ付きフィルムの仕入れもなんだかオープンプライスっぽいところがあります。
現金問屋さんなどは昔からオープンプライスのようなもの、価格の変動が大きいのでこっちも注文出す時しっかり検討するのが常識です。

定価・メーカー希望小売価格というものがなくなってから、実に由々しき問題がジンワリ出てきています。
仕入れ価格の値上げ。表に出ないので皆さん気がつきづらい部分。
当然、お店での売価も値上げしなければならない。

現在、国内ではおおまか2社のフィルムしかありません。
ある意味独占商品に近い、ましてどんどんデジタルにシフトしてくれば当然値上げするのはお決まりのこと。
この数年でフィルムの価格は約100円近く上がっています、独占商品ですから競合しようもない。困ったものです。
IMG_7322.jpg



そんな中当店ではあるフィルムを見つけました。
フジカラー「スーパー400FT」という3本・5本パックの商品。
現行のメーカーメイン商品は「スーパービィーナス400」なのですが、
このFTという商品はメーカーが安売り店用に向けて出した、いわば戦略商品。
安いのです。1本あたりで100円近く差が出ます。
でもいいんですよ、このフィルムが。本当です。
ビィーナスと比べると気持ち地味目な発色なのですが、これがいいんです、というかビィーナスが派手すぎるきらいがある。
プリントがレーザー露光(デジタルプリント)主流になってきています。
このレーザー露光とのマッチングがベストなんですよ、ちょうどいい発色に落ち着くのです。

質感・粒状性はまったく同じ。値段も安い。いいフィルムと胸張ってお勧めしています。
もちろん仕上げのプリントまで含めて。


フィルムもだんだん選べなくなってきました、ポジフィルムでも。
でも写真プリントにするという事に関して言えば、フィルムが究極の道具です。
この先デジタルもフィルムからのプリントとまったく遜色なくなってくるでしょう。
でもフィルムの持つアドバンテージはまだまだあると感じています。
もう一度フィルムを検証してみよう・・と思っています。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/25(火) 09:49:29|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新リンク 太田薬局HP のご案内 | ホーム | 秋の光線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/187-edab235b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。