店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々のフィルム仕事

昨日のブログをアップして椅子から立ち上がろうとした時腰に筋肉痛を感じました。なんだか 「年寄りくさい」 話ですが・・・。
なんでだろう?と思い起こせば、日曜日に複写仕事をしたのを思い出しました。
IMG_8720.jpg
趣味としてフィルムに接していますが、仕事となるとかなり久しぶりです、本当に少なくなりました。
我々の仕事だと原則 「プリント」 での納品です、もしくは 「原版データ」
プリントで納品ですとプロセスは関係ありません、いいプリントであればなんでもいい。

では久々のフィルム仕事とはなにか? 工事写真の複写・ネガ作成です。
IMG_8721.jpg
▲あまりにも久しぶりだったのとプリンターの変更で、補正データが不明。
 とりあえず最初は 「カラーチャート」 を撮影です、結果は 「シアン・マイナス1」 



一部工事資料写真にネガ提出が残っています。
当店のお得意様でもほとんどが 「CD-R」 提出になりました。
でもこの一件だけが 「ネガ・カラーベタ添付」 提出なんだそうです、
でも実際の仕事現場ではほとんどデジカメで撮影、写真を撮るお仕事ではないのでフィルムカメラとの使い分けは不可能です。
結果、デジカメで撮ってプリントしてネガフィルムを作るという、なんだか順序が逆のような結果。

その数は121カットありました、まぁ一回露出・ピント設定してしまえば、写真を入れ替え時にフレーミング確認程度ですので難しい事はないのですが、この間ず~っと中腰です・・・
IMG_8723.jpg
▲複写に使っているカメラはアサヒペンタックスSPです。
 もう何年使ってるか?かもわかりません、機械シャッターですので電池は不要。
 今でもキッチリ、スローシャッターが出ているのは驚きです、
 このカメラの完成度が高かったということでしょうね。
 レンズは 「マクロタクマー50mmF4」 いいピントしています。



2日後に筋肉痛が出ると・・・ なんていいますよね、一応次の日でした(笑)
こんなこと言い張ってもしょうがないんですけどね。
久々のレリーズ使っての機械シャッターの感触は 「写真撮ってるぞ~」 な感触、気持ちよかったです。
この仕事、毎年年末と年度末に集中して出ます、筋肉が追いつくのはいつでしょうか・・・。

http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/20(火) 10:00:32|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ノートリミング承ります。 | ホーム | コンパクト機を失って・・・>>

コメント

いや〜〜すごい
こんな作業あるんですね〜
出来るんですね〜〜
初めて知りました
  1. URL |
  2. 2007/11/21(水) 10:18:00 |
  3. 初心者・なる #-
  4. [ 編集]

なるさん

これ面白いでしょう?
お客様がわも最初からフィルムカメラ使えば安く上がるんですけどね、
でもちょっと 「オイシイ」 お仕事なんですよ。
  1. URL |
  2. 2007/11/21(水) 10:48:31 |
  3. 店主 いち。 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/239-dd9de0cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。