店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「空気感」 を写したい・・・

今日はいくぶん暖かかった埼玉南部でした、
お客様も動きやすいのでしょう、たくさんのプリント注文いただきました。
寒さの底は脱したのかな?三寒四温の頃も近いのでしょうか・・・。


作品写真などの寸評でよく 「空気感」 って使われる言葉です。
ナニをもって 「空気感」 なのかはよくわからないのですが、
「この空気感まで写りこんでいるのがステキです」 なんて書いてあると
そうなのか・そうだね~、なんて思ってしまう、わかりやすい表現なのでしょうね。

そんな 「空気感」 なんですが、ず~っと思い続けているシーンがあります。
主に朝に多いのかな、湿度を含んだ空気が朝日に照らされ独特な存在感を出すとき。
霧じゃないんだけど、でも普通の空気とは違う・・・これを写真として写しこみたいのです。
IMG_0848.jpg


ただの 「低コントラスト写真?」 になりかねない、
紙一重の質感とでもいうのでしょうか・・、やさしい質感を撮りたいのです。
そんなシーンに会うたびに撮っていますが、なかなかイメージどおりにいきません。

最初、機材なのかな? なんて逃げ道を自分で作ったりしたものです。
でも何度か撮っていて機材で左右される部分は少ないんじゃないかと。
ものすごくデリケートな露出の決め方、そしてレンズにどう光線を導くか。
あえてフードを外してフレアーだらけにしたり、その面積を増やしてみたり・・・

R0011371.jpg
夕焼けシーンの緊張感も独特な 「空気感」 
これに関しては 足早な日の入りとの競争という撮り手側の緊張の 「空気感」 なのかな。
ピキっとした夕日のシーンを撮りたいとも思っています。

木曜日撮った写真を改めて見て・・・その半数以上が逆光写真でした(笑)
なんとなくそんなシーンを求めていたんでしょうね。



埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/19(火) 17:20:30|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガラス乾板 | ホーム | EOSフリーズ・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/324-c2f88915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。