店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

苦手な表現

昨日のブログで書いた、デジカメ現像時の色温度・ホワイトバランスの変更、
昨日の 「トイカメラ」 モードはちょっと違うのですが、
デジカメが主流になって、ホワイトバランスを非適合させて
色味を変えて表現している写真をよく見かけるようになりました。

晴れたライティングの時に、タングステンや曇空モードなどにして
強制的に青くしたり黄色くしたりするもの。
実際、写真家さんでこれらを駆使して演出というか表現している方もいらっしゃいます。
印象深い作品も多々拝見しています、当たり前ですけどすごくお上手。

自分、これができないんですよ。苦手なんです。
IMG_0553-1.jpg
モノクロという表現はフィルム時代から接していますので、
デジカメのモノクロモードはすんなり違和感なく入り込めました。
でもこの色温度を変えるというのはどうしてもできない、
絵が作れないというかイメージが浮かばないんです。

やるのは簡単です、現像時にホワイトバランスを変えてもいいし、撮影時に設定を変えてもいい。
でも・・・完璧に破綻しているのです、訳わからない系になってしまう。
R0011410.jpg



モノクロにすんなり入れたと書きましたが、「セピア」 だけはダメです。
まったく同じ、イメージが湧かないのです。
そもそも 「セピア」 というものがどういうものなのか?がわかっていません。
「古く見えるから・・・」というモノクロはやってはイケないとすら感じています。
ですから 「セピア」 ってなんだろう?今でも思っていること。


「写真家」 と 「写真屋」 、漢字一字しか違わないけど、仕事の内容はまったく違うもの。
むしろ 「写真屋」 としてはこのような表現は必要ないもの・・・極論を言えばそうだと思います。
でも趣味としての写真は、少しでも 「写真家」 さんに近づきたい。
それでも、この手の表現は 「否定」 はしないけど、好まない部分かもしれません。
自分の理想とする写真とは違う部分の表現なのかな。ちょっと思っています。



埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/05(水) 15:22:12|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミニ作品展のお知らせ | ホーム | ミゾタユキさんがやってきた!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/339-aef0a45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。