店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロフェッショナルのONとOFF

とても中身の濃い一日になりました。
おかげさまで 「銚子発!広田泉と歩く デジカメ撮影会 ~銚子電鉄編~」 昨日終了しました。
参加していただいた方には、ご理解・ご協力いただき心から感謝いたします。

また、お客様にはメール問い合わせの返信遅れたこと、深くお詫びいたします。


撮影会そのものは鉄道沿線ということもあり、終始警備に徹しました。
自分の写真は撮影会そのものではほんのチョッピリだけ、
これは予想していたことだったので、朝5:30に起床して早朝の銚子・川口周辺を散策です、
よろしければご笑覧ください。
IMG_0784.jpg


今回の撮影会では午後に広田泉さんの講習会がありました。
この時、後援をいただいた「SILKYPIX」の市川ソフトラボラトリーさん(http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/)にお手伝いをいただいたのです。
デジカメ撮影会でしたので、当日の参加者様の作品をモニターに写しだして個別添削していただくというもの、当然、皆様のデータをパソコンに読み込まなければならない、この部分を手伝っていただいたのです。
IMG_0791.jpg

YさんとIさん、お二人も来ていただきました。
彼らの仕事っぷりはまさに 「プロフェッショナル」
もしかしたら今回の撮影会で一番「ナーバス」で「絶対失敗」の許されない部分です。
なぜか?「世界に一つしかない、参加者様のメディア」 を扱うのです、もちろんバックアップをする間はありません。
「消去しちゃいました」 は絶対あってはならない、本当に厳しく難しい作業です
完璧にそつなくこなしてくれました、もちろん短時間で。

発売間もない新型一眼レフの参加者様もいらしたんですね、
当然シルキーピックスでもまだ対応されていない、一般販売されて1週間くらだったはずです。
「どうしよう?」 司会進行していた自分はオロオロ。
でも全然平気、「データ持ってきます」 で事もなくやってくれました。
R0011560.jpg

実はYさんとIさん、前夜に杯を酌み交わしたんです、食事がてら(笑)
最高に楽しい二人なんですよ、ボケとツッコミが交互に入替わる、
面白くて何度も腹かかえて爆笑の連続でした。最高のコンビ。
ちょっと食べたりなくて、屋台のラーメンで満たした時など
もうどんだけ笑わしてくれるんだよ、そんな2人。

それが講習会のセットアップが始まったとたん豹変。顔つきから変わった、プロの顔。
ONとOFFが完全に区別されているんです、素晴らしい事と思いました。

短期間で準備した今回の撮影会でした。
正直言えば、スタッフともいい意味でも悪い意味でも 「馴れ合った」
ONとOFFの区分が曖昧なシーンがあったことも否めない。必要なことでもあるのですが。
R0011559.jpg

で、シルキーピックスのYさん・Iさんを見ていて思いました。
「この会社のこのソフト、全ての面で信じていい」
これだけしっかりONとOFFができる社員方がいらっしゃる、ソフトを手がけている。間違いない。
ソフトだけでなく、写真のこともちゃんと理解している、当たり前なんでしょうけど、とっても重要だと思うことです。
「ソフト開発・プログラミングは出来るけど、写真は・・・」ではこのソフトって絶対完成しなかったと思います。

本当に感謝しています、感激もしています。
お二人がいなかったらこの撮影会は成り立たなかったとも思います。
これは広田泉さんも同じことおっしゃっていました。

すごく使いやすくて・大好きな・最高のソフトです 「SILKYPIX」
これって関わっている方々のプロフェッショナルな部分が大きいのでは?痛感した思いでした。


「SILKYPIX」市川ソフトラボラトリーさん http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/



埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/31(月) 16:19:05|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<進化する三脚。 | ホーム | 臨時休業のお知らせ>>

コメント

おつかれさまでした

1月の企画立ち上がりからあっと言う間の開催でしたが、当日は本当に
気の抜けない役割でしたね。他の参加者も鉄道撮影に慣れている人たちは
「初心者の人たちはどんどん線路に近づいちゃう」と言っていましたから
そのあたりとフラッシュ、それからこういうイベントごとでは一番問題になる
ごみ問題でしょう。その点では最後に星野さんが「530がきっかけで」広田泉さんと
知り合えたと紹介したことは意義があったと思います。今回のイベント、最初から
最後までお疲れさまでした。
  1. URL |
  2. 2008/03/31(月) 17:46:54 |
  3. DungeonLover #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました

はじめてお邪魔します。
撮影会に参加させていただいた者です。
今回は、素敵な企画を開催していただき、ありがとうございました。
スタッフの皆様のお気遣いのおかげで、気分良く撮影させていただきました。
今回を事をきっかけにして鉄道写真を始める方がいればいいな〜と思いました。
  1. URL |
  2. 2008/03/31(月) 23:36:52 |
  3. デハ5717 #PouFlNeE
  4. [ 編集]

DungeonLover さん

立場上、裏側は話すべきではない・・とは思っています。
でも今回のつながり・土台になったのは不思議な縁なんですよ。
広田さんとは鉄道ブログがきっかけでつながったんですね、
そこからサカモトさんとも知り合えて、星野さんともつながって、そこから向後さんともつながった・・・
本当に縁もゆかりもなかった人々だったのです。
誰が「立ち上げた」「やった」じゃないんです、自然と湧き出た。

改めましてありがとうございました。
本当に参加者の皆さんの協力で成り立ちました。
感謝しています。
  1. URL |
  2. 2008/04/01(火) 10:51:11 |
  3. いち。 #-
  4. [ 編集]

デハ5717 さん

コメントありがとうございます。
暖かいコメント、本当に嬉しいです。

やっぱり今でも不安があるんですね
「楽しんでもらえただろうか」 って。
皆さんのご協力に頼りきってしまいました。
心より感謝しています。

あの撮影会がきっかけでデハ5717 さんの写真ライフの引き出しがひとつ増えたらこんな嬉しいことはありません。
鉄道という被写体は奥深いと思っています。
捕らえ方で「マニアック」にもなれば「ヒューマン」にもなると感じています。
楽しみ方は何千通りもあると、広田さんもスタッフブログで書いてくれてますが「楽しんだものが勝ち」です。

ありがとうございました、
また銚子に遊びに行ってください。
  1. URL |
  2. 2008/04/01(火) 10:56:06 |
  3. いち。 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/363-43eca128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。