店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しゃしんのねだん。

今日は営業しています。していますが・・・、本降りの雨に翻弄されております。

IMG_0599.jpg

以前にも書きましたが、この半年くらいのスパンで私が趣味で撮った写真がよく呼ばれております。
街の写真屋として「写真の何でも屋」と思い撮影仕事もしてはいますが、これは「○○を撮りなさい」というオーダーがあって成り立つ部分。スタジオ撮影もそうだと思います。
これとは一線を引く、あくまでも「自分のためだけに」撮った写真が呼ばれるのです。

実はある出版社さんから写真を借りたいというお話をいただきました、もちろん趣味の鉄道写真です。あるローカル電鉄の特集で使いたいとのこと、もちろんこちらとしても異議はありません。うれしいことでもあります。ちゃんとギャランティーの提示もいただけました。まだ本決定ではないですが。

なんとなく不思議な気持ちになっています。本当に「誰のために」「何々のために」なんて部分まったくない・己のためだけに撮った写真に、そうしたことが発生することに。

いわゆる趣味誌・専門誌にこちらから応募・エントリーした事は昔ありました。これもある意味「己のため」なんですね、専門誌に自分の写真が名前入りで出る事の快感みたいな部分。
でも今回はちょっと違う、一般的書籍なのです。


sR0013342.jpg


私は常々「写真を使うならキッチリしたギャラを払いなさい」と言い続けています。プロなら当然ですが、アマチュアでもそうあるべきだと。この場合の「ギャラ」は「現金」でなくてもいいのです、掲載誌でもいいしそれ相当のモノでもなんでもいい。
なんだかセコイ考えかもしれませんが、とっても重要な事だと思うんですよ。どこか一線を絶対に引くべきだと。それができないのなら自分で撮ってこい!ということ。
今、WEB上ではおびただしい数の写真が「拾え」ます。もちろん法律的に拾った画像を勝手に使うことは禁じられてはいますが、マウスの操作ひとつでいくらでも得れるもの、自分のパソコンで見る限りは・・なんて言葉を添えて。
そんな時代だからこそ、「写真」の価値は大事にしないとならないと思っています。
と言いつつ、無節操に「私のブログだ!」なんて言いながら毎日垂れ流している自分なんですが・・・(笑)


この書籍の件、もし採用になりましたらお知らせしますね。先ほど仮レイアウト拝見したのですが、なかなか楽しい一冊でしたよ。食べもの情報満載でした(笑)





カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/28(木) 11:33:27|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<続・写真の値段。 | ホーム | FCC.jpフォト教室 <「今、鉄道のある風景を撮る」セミナー> 参加者募集のお知らせ>>

コメント

セコイことないですよ

趣味であれ商用目的だとそれなりの対価(もちろん現金でなくてもいいですね)が必要だと思います。
載せる側、使う側の一線は必ず必要だと思います、それでお金に変わるんですから。

趣味の写真が一般誌に”呼ばれる”って”認められている訳ですから光栄なことだと思います。
どういっていいのか・・・コンテストに出展とかよりある意味上のランク?
ランク付けすることじゃないんですがそういう感じのイメージがあります。
てっぱくの本でもあの枠の中に名前が載っているってカッコいいですよ!

本採用が決定しましたらぜひ拝見させていただこうと思ってます。
  1. URL |
  2. 2009/05/28(木) 20:12:00 |
  3. たけぞう #-
  4. [ 編集]

楽しみにしてます。

書籍、どんな感じなんだろう。食べ物も・・のあたりで、興味深々です。
「自分のためだけに」の写真が書籍を通して共有できる、ウレシイですね〜(^−^)
  1. URL |
  2. 2009/05/28(木) 23:24:00 |
  3. ユキさん #-
  4. [ 編集]

たけぞうさん

まぁ一般書籍といってもかなり鉄道よりですから(笑ガイドブックらしいです。

今、写真って機材の進歩で「あるレベル」までは誰しも得れるようになったじゃないですか。
特にデジタルメインになってから、それこそポスターサイズまでアマチュアでも原版が作れる時代です。
ものすごく手軽になったからこそ、版権とかって大事にしたいと思うんです。
「趣味で撮ったんだから・・・」ではなくて、「趣味で撮ったものだからこそ」になって欲しいなぁと思っています。
  1. URL |
  2. 2009/05/29(金) 09:06:37 |
  3. 店主 いち。 #.vjKhiP6
  4. [ 編集]

ユキさん

あの街です(笑)
ガイドブックなんですが、かなり鉄道によった部分が多いのかな?
なんか美味しいもの食べたいっすね(そこかよ)
  1. URL |
  2. 2009/05/29(金) 09:08:36 |
  3. 店主 いち。 #.vjKhiP6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/757-9cb2f13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。