店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改めて「SILKYPIX」

インフルエンザ関連のニュースが連日報道されていますが、風邪も流行っているんですね。
我が家では次男がのどの痛みを訴えて静養中です。医者に連れて行けば「インフルエンザの疑いは今のところないけど様子を見守ってください」とのこと。みなさんもお気をつけください。


~~~~~~~~~~~~~~

この前の水曜日にさいたま市で開催された「鉄道の日」イベントに参加してきました、といっても最後のパネルディスカッションだけだったのですが。いつも当店を気にかけてくれている鉄道写真家の広田泉さん(http://tetsudoshashin.com/)昨日もこのブログに登場してくれた銚子電鉄スーパー次長こと向後さん、「鉄子」の代表的存在矢野直美さん(http://www.yanonaomi.net/)が出演なさるとのことでカメラ片手に拝聴させていただきました。

カメラはペンタK10D、レンズは18~50mmとシグマ70~300mm。
舞台上とあってすごく難しいライティング。ホワイトバランス設定に大苦労・・・、蛍光灯・タングステン・などなど色々試してもどうもシックリこない。一番よかったのがAWB。それでもこんな感じ。
IMGP7174_2.jpg
舞台・ステージだとありがちですよね。
どうしたものか? 大丈夫!私には市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」(http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/)があります。この現像ソフト本当にスゴイんですよ。

ホワイトバランス調整にスポイトアイコンが2つあって、そのうち1つが「肌色指定ツール」これをクリックしてお顔のややハイライト部分で作業させれば一発で補正してくれる、これです。
IMGP7174_3.jpg
これは「肌色指定ツール」だけの作業、ここから微調すれば楽ちんですよね。もう少し明るくしてもいいし、赤みを戻してもいい。どちらもほんのわずかでいい。

私の撮影仕事でも何度も何度も助けてもらっています、「SILKYPIX」に。
もちろんカメラメーカーの専用ソフトでもできますが、「SILKYPIX」は直感的にできるんですね。そして微調整につぐ微調整が効くのがありがたい。優しく・丁寧に画像データをコントロールできる。


もうひとつ関心したのがこれ。
IMGP7240_2.jpg
ペンタックス18~50mmで最広角側の18mmで撮ったカット、画面四隅の解像度が落ちている、いわゆる「周辺光量の低下」というやつ。
APS-Cセンサー・デジタル一眼でフィルム用(フルサイズ)レンズを使った時見えなかった部分でしょう。デジタル専用モデルを使い久々に接しました。

最近の画像エンジンですとレンズ名登録で周辺光量低下が出そうなシーンで修正してくれるようになりました。それでも全レンズはカバーしてないですし、今はサードパーティ製レンズをラインアップに加えない手はないですしね。ひょっこり周辺光量問題に出くわすこともある。こんな時も「SILKYPIX」は強い味方になってくれます。
IMGP7240.jpg
「レンズ収差補正」の「シェーディング(周辺光量)」でこの通り。ただ「やりすぎ」は禁物。ほんの少し残るくらいがいいですね、これはチト過剰作業かもしれません。

周辺光量が落ちるレンズは「ダメレンズ」とジャッジされる最初の項目かもしれません。でもこれなんかも表現に使えると思うんですね。なにより出てはイケない時なんかは2つ絞ればほぼ消えましすし。
でも鉄道や飛行機など動態を撮りたい時、シャッター速度を上げる時どうしても絞り開放にせねばならない時あるじゃないですか。こんな時「SILKYPIX」はありがたい。

もちろん今までの画像ソフトでもある機能です。私も「切ったり」「貼ったり」「文字入れたり」なんて時は今でも使っています。でも・・・ちょっと難しいじゃないですか、必要ツールを引っ張り出すのがわかりづらい・そして数値入力だったりして。「SILKYPIX」のいいところはほとんどの作業がスライドバーで様子を見ながらできること。
そして色系の操作に関して全てが「微妙なあんばい」で動かせるのがいい。ホワイトバランス・彩度もちろん明るさ・コントラストも。画像ソフトってどうしてもここらのあんばい・効き具合のふり幅が大きいものが多い気がするんです。


写真表現がデジタル主流になってきているのはもう否定できません。
画像エンジンの進歩も私がデジカメを始めて持った時とは雲泥の差になっています。それでもまだまだ完璧ではない。そりゃそうです、表現したいものと光線具合は1つのシーンごと違う、それを完璧に画像エンジンが答えられるとは限らない。おおまかできるようになってきてますけど。
そうすると重要なのが後作業。フィニッシュさせる画像ソフトの存在は重要な部分になってきている。そんな要求にキッチリ答えてくれるのが「SILKYPIX」だと感じています。

久々に屋内撮影の難しい光線に接して、改めてこのソフトの偉大さを思い知らされました(笑)
本当にお勧め。機会ありましたら是非。
そうそう、スタッフブログも楽しいですよ。ヒント・答えがいっぱい書かれています→http://silkypix.exblog.jp/



市川ソフトラボラトリー「SILKYPIX」 → http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/

広田尚敬・広田泉 オフィシャルHP「鉄道写真.COM」 → http://tetsudoshashin.com/
※広田泉さん、勝手にモデルでの登場お許しください。イイオトコだったのでつい。



カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/17(土) 12:10:21|
  2. カメラ・気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<戸田・レンズ沼通信 | ホーム | スーパー次長と二重橋。>>

コメント

泉さんどんどん、いい顔つきになってきていますね。これからの鉄道写真を変えてぐいぐい引っ張ってくれそうなサムライに期待しています。SILKYPIKSも試してみたいと思います。
  1. URL |
  2. 2009/10/18(日) 12:19:21 |
  3. ファン #-
  4. [ 編集]

ファンさん

コメントありがとうございます。

男前ですよね、私が書くとナンだか変ですけど

機会ありましたらシルキーピックス使ってみてください。慣れると他のソフト使えなくなります。
  1. URL |
  2. 2009/10/18(日) 16:25:56 |
  3. 店主 いち。 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/888-a8ae7ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。