店主いちのデジカメ迷走記

http://ichinosephoto.com/の管理人「店主いち」のブログです。 写真の事・デジカメの事・プリントの事、まだまだ模索・奮闘中。 模索中に気が付いたことなど綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お休みをいただきます。

まずは営業のご案内を。

10月22日・木曜日は誠に勝手ながらお休み(定休)をいただきます。

メールお問い合わせ等、返信遅れますことお許しください。




IMGP7256.jpg


先ほど【ラジオ】から今シーズン初、松任谷由実さんの  ♪「サーフ天国、スキー天国 」 がかかっていました。なんだかもうそんな季節なんですね。我々世代だとこの曲=スキー。直結してます。


明日の休みはゆっくり写真が撮れそうです。
遠くへ行くことはしませんが、近県の気になるものをできる範囲で見てやろうか?なんて思っています。

IMGP7219.jpg

テストしたいレンズが溜まっています(笑)
テストといっても、自分の感覚とのすり合わせなんです。近年登場したAFレンズではピントとかはまったく心配いらない、色表現やAF合わせの速度など。何度か書いていますが、そのカメラの画像エンジンとの「食い合わせ」があるので、フィルム時代とはまったく違う項目も増えました。

Kマウント・シグマ70~300mmのテストもしたいのですが、明日はEOSのISレンズの「練習」をしたいと思っています。
いい感じに、もう手足のように扱えるのですが、やはり手ブレ補正が動いた時、気になる部分があるのです。それがなんなのか?がまだわからない。答えが出せるかわからないですが、少し数を撮ることでなにかヒントが掴めれば・・・そんな感じです。

そう!「オリンピックイヤーにはフラッグシップ機」ということで出ましたね「EOS-1D MARK IV」
斜め読みで機能・スペック読みましたが、プロユースに徹した印象。ド派手な変更部分がないのがカッコいいです。


若い頃、、、まぁドクシンの頃ですね(笑)、昔は何が何でも「フラッグシップ機」を使ったものです、ウデも伴わないのに(笑)。ただの物欲、その機能がなければ撮れない、なんて勘違いを努力も工夫もしないで買ったもの。それを使えば「いい写真」が撮れると思っていた。

今思えば、それで学べたこともあったのでこれはこれでいい経験だったのでしょう。
面白いもので写真でご飯を食べるようになってからは中級機を愛用するようになった。これはミニラボ店を経営するようになったことも大きく関係するのです、ほら!プリント納品100%ですから。利益をキープするには機械焼きで100%の商品にせねばならぬ。そうすると中級機の方が都合がよかったり。もちろん減価償却をかけなければならない立場にもなりましたしね。

フィルム代というコストがなくなったとはいえ、フラッグシップ機も高い価格設定になりましたよね。あの頃CONTAX・RTS-IIIをなっが~~~~~~~いローンで買ったのですが、それよりもプラスもう一台分ですものね。フィルム+現像代を3年間って考えれば同じ価格になるんでしょうね。



カラーのいちのせで [検索] 
埼玉県戸田市・写真の専門店
カラーのいちのせ http://ichinosephoto.com/ 店主 いち。




テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/21(水) 15:22:38|
  2. 店主の独り言。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご報告。 | ホーム | 痛車@「地獄少女」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/tb.php/892-1b16241a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店主いち

Author:店主いち
http://ichinosephoto.com/ 店主いち のブログです。
デジカメの事、写真の事、のんびり・ゆるめに展開しています。

d_2.gif
http://tetsudoshashin.com/530/index.html
こちらに賛同させていただいております。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。